175件中 91 - 100件表示
  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たAN/APG-77

    アクティブ・フェーズド・アレイ(APA)方式のAN/APG-77レーダーを火器管制用レーダーとして機首に搭載している。レーダー自体はステルス性とは相容れないものであるが、APA方式は電波の横漏れ(サイドロープ)が少なく従来の機械走査式レーダーに比べて自己の位置を暴露しにくい。また、周波数拡散技術により特定周波数での出力が低く抑えられ、LPI(低被探知)レーダーとなっており、また、約250km先の目標を探知出来る能力と多様なモードとの組み合わせにより優秀な索敵能力・信頼性を発揮し、「ファーストルック・ファーストショット(先に見つけて、先に撃つ)」の最重要要素となっている。また、相手の発するレーダーや通信電波を逆探知して方向を解析するESM(Electronic Support Measures)を備えている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たターボファンエンジン

    エンジンはプラット・アンド・ホイットニー社のF119-PW-100を2基搭載する。ミリタリー出力でのスーパークルーズ能力を実現するため、従来の低バイパスターボファンエンジンよりも更にバイパス比を小さくしているとされる。アフターバーナー使用時の最大推力は35,000lb(155.7kN)とされるが、不使用時の最大推力は未公開である。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たモンキーモデル

    輸出型F-22。原案は、2006年2月にロッキード社がF-22の対日輸出に関してアメリカ空軍高官との協議を持った際に作成された。海外輸出禁止政策への対抗を考慮し、性能・装備のスペックダウンを行ったダウングレード型(モンキーモデル)。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た心神 (航空機)

    ATD-X 心神 - 日本が開発中のステルス性能を持つ先進技術実証機F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たF-15J (航空機)

    嘉手納に展開したF-22Aは、「日米の戦術技量と共同対処能力の向上」を目的として、4月26日・27日に航空自衛隊のF-15J・F-4EJ改戦闘機(各2〜4機)、E-767早期警戒管制機(1機)と共同訓練を行った。訓練にはアメリカ空軍のF-15(2〜4機)とE-3早期警戒管制機(1機)も参加した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たレーダーサイト

    ネットワーク機能の充実も大きな特徴である。飛行中のF-22は互いに編隊内データ・リンク(IFDL:In Flight Data Link)により戦術情報を交換し、連携して戦闘行動を取ることができる。また、索敵範囲を超える敵機及び友軍機の情報を受信用統合戦術情報伝達システム(JTIDS)を用いることで、他のF-22飛行隊や早期警戒管制機、レーダーサイト、イージス艦、陸上の小隊の端末、司令部やアメリカ国防総省など、広域データリンク網によってあらゆる情報を受信できる。自ら発するレーダー波に頼らずに外部からの情報で位置確認や索敵を行う能力は、ステルス性を発揮する上では必須といえる。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た爆撃機

    F-22ではF-117やB-2などの攻撃機や爆撃機(戦略爆撃機)と比較して、より高度なオール・アスペクト(全方位)のステルス設計となっている。レーダー探知を可能な限り避けるため、レーダー波を吸収するレーダー波吸収素材(RAM)を使用するだけではなく、吸収しきれなかったレーダー波を内部反射と減衰を繰り返して吸収するレーダー波吸収構造(RAS)も採用した。機体表面にはレーダー波吸収素材を含んだ塗料が用いられ、レーダー波は熱へと変換され、これもレーダー反射断面積を低減させる。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た空中給油

    1992年6月に終了した単座・複座量産型の設計作業ではエアブレーキの廃止や空中給油口の追加、各部の寸法変更を行った。基本レイアウトの変更はないものの主翼後退角を48°から42°へ減らし、合わせて水平尾翼の後退角も42°とし、垂直安定板は外側に28°傾け、各翼の面積や形状も変更している。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た早期警戒管制機

    ネットワーク機能の充実も大きな特徴である。飛行中のF-22は互いに編隊内データ・リンク(IFDL:In Flight Data Link)により戦術情報を交換し、連携して戦闘行動を取ることができる。また、索敵範囲を超える敵機及び友軍機の情報を受信用統合戦術情報伝達システム(JTIDS)を用いることで、他のF-22飛行隊や早期警戒管制機、レーダーサイト、イージス艦、陸上の小隊の端末、司令部やアメリカ国防総省など、広域データリンク網によってあらゆる情報を受信できる。自ら発するレーダー波に頼らずに外部からの情報で位置確認や索敵を行う能力は、ステルス性を発揮する上では必須といえる。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たPAK FA (航空機)

    T-50 - ロシアが開発中のステルス戦闘機F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

175件中 91 - 100件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード