175件中 21 - 30件表示
  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たカリフォルニア州

    F-22のEMD試験機9機(製造番号4001~4009)は1991年度予算で発注され、1997年9月7日に1号機が初飛行を成功させる。以降、2号機(1998年6月29日進空)、3号機(2000年3月6日)、4号機(同年11月15日)、5号機(2001年1月5日)、6号機(同年2月5日)、7号機(同年10月25日)、8号機(2002年2月14日)、9号機(同年4月15日)と、約5年(発注から約11年)を掛けて整備試験用として納入された。1号機はカリフォルニア州エドワーズ空軍基地空軍飛行試験センター第412試験航空団(AFFTC/412TW)のF-22合同試験部隊(CTF)に配備され、1998年5月17日から本格的な試験飛行を開始した。以降のEMD試験機全機がCTFに配備された。EMD試験機の完成時期は約5年と間があるため製造時期により仕様が異なり、1,2号機をBlock 1、3号機をBlock 2、4号機から9号機までをBlock 10と呼んでいる。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た那覇空港

    来日後、3月16日から19日まで航空自衛隊戦闘機部隊との2度目の日米共同訓練が実施され、航空自衛隊から那覇基地と小松基地のF-15、2機?4機とアメリカ空軍からF-22、2機?4機が訓練に参加した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たブランコ

    下面ウェポンベイ内には「トラピーズ」(Trapeze:空中ブランコの意)と呼ばれるアームが備わっており、兵装はウェポンベイ内で切り離して自由落下させるのではなく、このアームが伸びることによってウェポンベイ内から機外へと放出される機構となっている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た

    キャノピーは厚さ9.5mmのポリカーボネートを2枚重ね合わせて成形されており、F-117と同じようにを蒸着コーティングすることでコックピット内部へのレーダー波の進入を防いでいる。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たアメリカ合衆国議会

    しかし軍事機密の塊となったF-22の技術漏洩が懸念され、1998年会計年度のアメリカ防衛予算法に「オビー修正条項」が明記された。「オビー修正条項」は機密漏洩の対策が確立するまで、F-22の輸出を禁止するものである。2007年には輸出に向けて条項撤廃の動きがあったものの、アメリカ合衆国下院歳出委員会は輸出禁止条項を継続させる決議を採択している。アメリカ合衆国議会も2006年9月27日に、F-22の輸出を2015年まで禁止する条項を国防歳出法に明示している。しかし、2009年4月の北朝鮮によるミサイル発射実験、2ヵ月後の地下核実験の強行、2010年の韓国海軍哨戒艦沈没事件・延坪島砲撃事件の発生、F-35の開発の遅れなど情勢の変化に伴い、その都度日本への輸出解禁の動きや生産継続の議論が行われるなど、流動的であった。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たイージス艦

    ネットワーク機能の充実も大きな特徴である。飛行中のF-22は互いに編隊内データ・リンク(IFDL:In Flight Data Link)により戦術情報を交換し、連携して戦闘行動を取ることができる。また、索敵範囲を超える敵機及び友軍機の情報を受信用統合戦術情報伝達システム(JTIDS)を用いることで、他のF-22飛行隊や早期警戒管制機、レーダーサイト、イージス艦、陸上の小隊の端末、司令部やアメリカ国防総省など、広域データリンク網によってあらゆる情報を受信できる。自ら発するレーダー波に頼らずに外部からの情報で位置確認や索敵を行う能力は、ステルス性を発揮する上では必須といえる。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た小松飛行場

    来日後、3月16日から19日まで航空自衛隊戦闘機部隊との2度目の日米共同訓練が実施され、航空自衛隊から那覇基地と小松基地のF-15、2機?4機とアメリカ空軍からF-22、2機?4機が訓練に参加した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た愛称

    F-22はロッキード・マーティン社とボーイング社が共同開発した、レーダーや赤外線探知装置等からの隠密性が極めて高いステルス戦闘機。愛称は猛禽類の意味のラプター(Raptor)。また、開発元のロッキード・マーティン社は航空支配戦闘機というキャッチフレーズを用いている。複数の用途での運用が可能なマルチロール機である。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たアメリカ海軍

    アメリカ海軍向けの艦上戦闘機。元々はNATF(Naval Advanced Tactical Fighter)計画として開発が進められたが、後にATFと計画を一本化した。F-22と機体部品を共通させ、可変翼を有するとされた。546機の受注が見込まれていたが、1991年に計画を中止。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た横田飛行場

    8月21日嘉手納基地より横田基地に2機が飛来。これが日本本土初飛来となった。この2機は翌8月22日から8月23日の2日間に渡って開催された『横田基地友好祭2009』に展示され、一般に公開された。なお友好祭終了後、翌日には嘉手納基地へ戻る予定であったが、機体にトラブルが発生して離陸出来ず、修理完了まで11日間に渡って横田基地に足止めを余儀なくされるという事態が発生した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

175件中 21 - 30件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード