175件中 61 - 70件表示
  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たドッグファイト

    また、F-22のエンジンにはF-15 S/MTDの実験で開発された、上下方向に20度まで推力軸を傾けることができる推力偏向(TV)ノズルを採用している。これにより遷音速域でF-15を上回る旋回性能を持ち格闘戦性能も高い。また、約1000mという短距離での離陸を可能としている。しかし常用高度4万フィートでスーパークルーズを行うF-22にとって、TVノズルの一番の採用理由は、方向舵や昇降舵など空気力学的機体制御の効果の低い超音速域や、大気密度の低い高高度飛行時において、運動性を発揮できる点である。TVノズルを低速度・低高度域でも積極的に使用して機動性向上を目指しているロシア製戦闘機とは、開発の主眼や運用思想が根本的に異なっている。そのため複雑な作動をするロシア製TVノズルに対し、F-22のTVノズルの作動は非常にシンプルなものとなっている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た冷戦

    冷戦下に開発が行われ、アメリカ空軍の試算では1996年からの調達で最終的には750機の配備を予定していた。しかし、開発の遅れや冷戦の終結に伴って、機種転換訓練向けに2003年から配備が開始され、実戦部隊が運用を開始したのは2005年12月だった。最終的な装備機数は187機(EMD試験機1機を含めた量産準備試験機以降の装備機数。試作機YF-22も含めた総製造数は197機)で、開発費の高騰や生産数の縮小により、一機当たりのコストは約1億5,000万ドルに達している。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た航空自衛隊

    輸出に関しては、アメリカ空軍への配備以前よりロッキード社は検討を行っていた。対象となったのは、F-15の導入実績のあった日本の航空自衛隊やイスラエルのイスラエル航空宇宙軍だった。当時の軍事雑誌などにはロッキード社の作成した日本仕様のF-22とイスラエル仕様のF-22のイラストが掲載されたりもした。2001年にはクリントン大統領(当時)がイスラエルへF-22を優先的に輸出するとの書簡を送っている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たポリカーボネート

    キャノピーは厚さ9.5mmのポリカーボネートを2枚重ね合わせて成形されており、F-117と同じように金を蒸着コーティングすることでコックピット内部へのレーダー波の進入を防いでいる。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たロシア

    また、F-22のエンジンにはF-15 S/MTDの実験で開発された、上下方向に20度まで推力軸を傾けることができる推力偏向(TV)ノズルを採用している。これにより遷音速域でF-15を上回る旋回性能を持ち格闘戦性能も高い。また、約1000mという短距離での離陸を可能としている。しかし常用高度4万フィートでスーパークルーズを行うF-22にとって、TVノズルの一番の採用理由は、方向舵や昇降舵など空気力学的機体制御の効果の低い超音速域や、大気密度の低い高高度飛行時において、運動性を発揮できる点である。TVノズルを低速度・低高度域でも積極的に使用して機動性向上を目指しているロシア製戦闘機とは、開発の主眼や運用思想が根本的に異なっている。そのため複雑な作動をするロシア製TVノズルに対し、F-22のTVノズルの作動は非常にシンプルなものとなっている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たエルメンドルフ空軍基地

    2番目の配備先はアラスカ州のエルメンドルフ空軍基地第3航空団(3d WG)であり、F-15Eを運用していた第90戦闘飛行隊(90th FS)に対して2007年から配備が開始されている。同年10月には同戦闘航空団に第525戦闘飛行隊(525th FS)が再編され2008年から配備が開始された。3番目の配備先となったのはニューメキシコ州ホロマン空軍基地の第49戦闘航空団(49th FW)で、それまで運用していたF-117Aに代わり配備が行われ、まず第7戦闘飛行隊(7th FS)、翌2009年からは第8戦闘飛行隊(8th FS)へ配備された。(その後、2010年7月29日にアメリカ空軍はF-22配備計画の見直しを発表、ホロマン空軍基地へのF-22配備を中止することを決定した。翌2011年5月に第8戦闘飛行隊が解散、残る第7戦闘飛行隊はティンダル基地へ移動する予定。)F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た攻撃機

    F-22ではF-117やB-2などの攻撃機や爆撃機(戦略爆撃機)と比較して、より高度なオール・アスペクト(全方位)のステルス設計となっている。レーダー探知を可能な限り避けるため、レーダー波を吸収するレーダー波吸収素材(RAM)を使用するだけではなく、吸収しきれなかったレーダー波を内部反射と減衰を繰り返して吸収するレーダー波吸収構造(RAS)も採用した。機体表面にはレーダー波吸収素材を含んだ塗料が用いられ、レーダー波は熱へと変換され、これもレーダー反射断面積を低減させる。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たグアム

    2003年にフロリダ州ティンダル空軍基地第325戦闘航空団が初めてF-22を受領し機種転換訓練を開始し、2005年12月15日にバージニア州ラングレー空軍基地にある第1戦闘航空団第27戦闘飛行隊が最初の実戦配備完了を発表した。以降、アラスカ州やグアムに展開する部隊への配備を進めている。2007年には、日本の沖縄県嘉手納空軍基地に初のアメリカ国外配備を暫定的ながら実施し、2009年には沖縄への再配備に加え、グアム島のアンダーセン米空軍基地への配備を行っている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たモックアップ

    1994年3月には実物大模型(モックアップ)による試験でレーダー反射断面積(RCS:Radar Cross Section)の目標超過(未達成)が判明し、原因となったパネルの形状を変更した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たEA-18G (航空機)

    一方で、アメリカ空軍で行われた戦闘機を使った模擬空中戦で、電子戦術機EA-18Gに対空ミサイルAIM-120で撃墜されたと判定され、負けている事実がある他、有視界飛行での模擬格闘戦では、T-38に「撃墜」されたことがあり、F/A-18Fに機関砲で撃墜された可能性もある。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

175件中 61 - 70件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード