175件中 81 - 90件表示
  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たニューメキシコ州

    2番目の配備先はアラスカ州のエルメンドルフ空軍基地第3航空団(3d WG)であり、F-15Eを運用していた第90戦闘飛行隊(90th FS)に対して2007年から配備が開始されている。同年10月には同戦闘航空団に第525戦闘飛行隊(525th FS)が再編され2008年から配備が開始された。3番目の配備先となったのはニューメキシコ州ホロマン空軍基地の第49戦闘航空団(49th FW)で、それまで運用していたF-117Aに代わり配備が行われ、まず第7戦闘飛行隊(7th FS)、翌2009年からは第8戦闘飛行隊(8th FS)へ配備された。(その後、2010年7月29日にアメリカ空軍はF-22配備計画の見直しを発表、ホロマン空軍基地へのF-22配備を中止することを決定した。翌2011年5月に第8戦闘飛行隊が解散、残る第7戦闘飛行隊はティンダル基地へ移動する予定。)F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た戦略爆撃機

    F-22ではF-117やB-2などの攻撃機や爆撃機(戦略爆撃機)と比較して、より高度なオール・アスペクト(全方位)のステルス設計となっている。レーダー探知を可能な限り避けるため、レーダー波を吸収するレーダー波吸収素材(RAM)を使用するだけではなく、吸収しきれなかったレーダー波を内部反射と減衰を繰り返して吸収するレーダー波吸収構造(RAS)も採用した。機体表面にはレーダー波吸収素材を含んだ塗料が用いられ、レーダー波は熱へと変換され、これもレーダー反射断面積を低減させる。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た中華人民共和国

    J-20 - 中国次世代ステルス戦闘機試作型F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たアメリカ合衆国国防長官

    F-22と同様にステルス性を有し、より安価で大量採用により更なる価格低下も見込まれているF-35の開発もあって、F-22の購入を検討している国は少ないが、2006年にオーストラリア空軍がF-22の導入を検討しているとされた。2008年2月には国防長官のロバート・ゲーツがオーストラリアへのF-22を輸出を容認する発言をしているが、やはり輸出禁止措置により現実とはならず、最終的にオーストラリアはJSFへの参加を決定した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た戦闘爆撃機

    同空軍が運用するF-15E戦闘爆撃機と同じく多用途戦術戦闘機に分類されるが、対地兵装の搭載能力は限定的であり、ステルス特性を生かして効果的に対空装備を無力化したり、より空戦能力側に振った能力を生かすことにより、航空優勢(制空権)を確保するための機体と言える。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たロッキード

    アメリカ空軍は1985年10月にアメリカ国内の航空機メーカー7社に対して要求したATF(先進戦術戦闘機)のコンセプトデザインから1986年7月にロッキード社とノースロップ社の2案を選定の上で実機開発を5社2チームへ発注し、ロッキードのチームはYF-22、ノースロップのチームはYF-23をそれぞれ2機ずつ製造した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たアメリカ空軍

    アメリカ空軍のF-15C/D制空戦闘機の後継機として、ロッキード・マーティン社が先進戦術戦闘機計画に基づいて開発した、第5世代ジェット戦闘機に分類される世界初のステルス戦闘機。ミサイルや爆弾の胴体内搭載などによるステルス特性や、ミリタリー推力での音速巡航(スーパークルーズ)能力を特徴とする。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た第4世代ジェット戦闘機

    アメリカ空軍は現在のF-15とF-16での「Hi Lo Mix」運用を、F-22と現在開発中のF-35が引き継ぐ予定である。ロッキード・マーティン側も、空対空任務を得意とするF-22と、それを補佐し、さらに空対地任務も担うF-35による2機種混合装備するほうが、1機種で戦力を構築するよりも効率的としている。アメリカ空軍が保有する第4世代ジェット戦闘機と比較しても、同じ作戦能力を確保するのに必要な機数も減少する。合わせて全体のライフサイクルコストも低くなる。第4世代ジェット戦闘機440機を必要とする防衛能力を確保する場合、第5世代ジェット戦闘機であればF-22約50機とF-35を約200機で充当可能であるため、30年間の全体のライフサイクルコストは49%低減されるとしている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たライフサイクルコスト

    アメリカ空軍は現在のF-15とF-16での「Hi Lo Mix」運用を、F-22と現在開発中のF-35が引き継ぐ予定である。ロッキード・マーティン側も、空対空任務を得意とするF-22と、それを補佐し、さらに空対地任務も担うF-35による2機種混合装備するほうが、1機種で戦力を構築するよりも効率的としている。アメリカ空軍が保有する第4世代ジェット戦闘機と比較しても、同じ作戦能力を確保するのに必要な機数も減少する。合わせて全体のライフサイクルコストも低くなる。第4世代ジェット戦闘機440機を必要とする防衛能力を確保する場合、第5世代ジェット戦闘機であればF-22約50機とF-35を約200機で充当可能であるため、30年間の全体のライフサイクルコストは49%低減されるとしている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たオーストラリア

    F-22と同様にステルス性を有し、より安価で大量採用により更なる価格低下も見込まれているF-35の開発もあって、F-22の購入を検討している国は少ないが、2006年にオーストラリア空軍がF-22の導入を検討しているとされた。2008年2月には国防長官のロバート・ゲーツがオーストラリアへのF-22を輸出を容認する発言をしているが、やはり輸出禁止措置により現実とはならず、最終的にオーストラリアはJSFへの参加を決定した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

175件中 81 - 90件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード