150件中 111 - 120件表示
  • 熱血!!タイガース党

    熱血!!タイガース党から見たGReeeeNGReeeeN

    GOOD LUCKY!!!!!(GReeeeN×ベッキー♪♯) - 2012年度の放送で、CM前のジングルに採用。阪神タイガースでも、藤井彰人が同年から甲子園球場・京セラドームでのバッティングテーマ曲に使っている。熱血!!タイガース党 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田将生

    岡田将生から見たGReeeeNGReeeeN

    GReeeeN『恋文〜ラブレター〜』(映画『アントキノイノチ』主題歌)岡田将生 フレッシュアイペディアより)

  • 祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces

    祈り 〜涙の軌道/End of the day/piecesから見たGReeeeNGReeeeN

    発売に先駆けて3月17日から着うたフルで先行配信されており、RIAJ有料音楽配信チャートで4週連続1位を獲得したのは「遥か」(GReeeeN)以来通算2曲目となる。祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces フレッシュアイペディアより)

  • レコチョク

    レコチョクから見たGReeeeNGReeeeN

    2009年度 GReeeeN「遥か」 ※この年は、レコチョクアワード最優秀賞として、非フル配信の着うた表彰も行っており、JUJU with JAY'ED「明日がくるなら」が併せて表彰された。レコチョク フレッシュアイペディアより)

  • Agitato

    Agitatoから見たGReeeeNGReeeeN

    2004年地元中学が同じだったSHINGO、KSK、他(地元の友人)とAgitatoを結成。結成当初は、自分達の好きなバンドをコピーし練習したりと、いわゆる”コピーバンド”であった。オリジナル曲を1曲作り始めた事をきっかけに、プロミュージシャンへの道を目指し始める。ライブハウスなど何も知らないSHINGOとKSKは、当時日本のヘヴィーロック界の新生であったGUNDOGに弟子入りをし、沢山の事を学ぶ。SHINGOが今でも一番尊敬するヴォーカリストは、ex.GUNDOG 現.Pay money To my PainのKである。そのKから紹介されたのが、High Speed BoyzのヴォーカルやGReeeeNのプロデューサーでもあるJINである。今でもメンバーの相談相手やアドバイスをくれる兄貴的存在である。2004年から2006年まで幾度もメンバーチャンジや音楽のジャンルを変え、2005年にBACK-ONのKENJI03の紹介でTOMY、2006年にRYOが加入する。2006年に現メンバーで制作した、NEW STARTING ROADをきっかけに現在の音楽ジャンルとなる。メンバーや音楽ジャンルが変わっても、Agitatoと言うバンドネームを変えなかったのは、「一生懸命考えた名前だから、もっと沢山の人に知ってもらいたい」と言う思いから。「変えたら全てから逃げ出してしまうから」と言う説もある。サポートキーボードで参加してたYUCCIが3月22日に正式メンバーとして発表された。2012年10月27日ギターのRYOが脱退。理由は方向性の違いから。2013年2月新メンバーコーヘー、KOSUKEが加入。6人編成となる。Agitato フレッシュアイペディアより)

  • 中山絵梨奈

    中山絵梨奈から見たGReeeeNGReeeeN

    GReeeeN「雪の音」(2012年12月19日)中山絵梨奈 フレッシュアイペディアより)

  • 開運音楽堂

    開運音楽堂から見たGReeeeNGReeeeN

    「先取りに関しては自信があり、いつも数年先を見ている。『今後ブレイク必至』の人材を紹介するのがコンセプト、だから『開運』。」(2008年8月2日放送での駒田談)。実際、番組で取り上げられてから数年後にメジャーデビューするケースがあり、スキマスイッチ、大塚愛、GReeeeN、秋元順子、加藤ミリヤなど多数のアーティストをブレイク以前にPV紹介している。特に秋元順子は、ほとんど知名度がなかった2007年2月に取り上げていた。しかしすでにメジャーなアーティストの紹介も多く、すべてがこのコンセプトに基づいて選曲されているわけではない。特に演歌・歌謡曲のコーナーはほとんどがメジャー歌手である。またグランプリ獲得間もないミスマガジンを起用しているのもこのコンセプトの一環との事。開運音楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 日刊スポーツ

    日刊スポーツから見たGReeeeNGReeeeN

    2009年11月5日付で4人組ボーカルグループ「GReeeeN」が解散すると報じたが、メンバーや所属事務所がこれを否定した。しかし、翌日付で報道はあくまで事実であるとし、訂正や謝罪はしなかった。日刊スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅之

    小林雅之から見たGReeeeNGReeeeN

    GReeeeNのシングル「花唄」(2011年)小林雅之 フレッシュアイペディアより)

  • ハ長調

    ハ長調から見たGReeeeNGReeeeN

    GReeeeNの「キセキ」(ただし選抜高校野球の入場行進曲や運動会バージョンは変ロ長調)ハ長調 フレッシュアイペディアより)

150件中 111 - 120件表示

「GReeeeN」のニューストピックワード

  • グッドデザイン・ベスト100

  • CEATEC JAPAN 2017

  • ステンレス・クリーン 白くまくん プレミアム Xシリーズ