前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
196件中 1 - 10件表示
  • グランツーリスモ5

    グランツーリスモ5から見た日産・GT-R日産・GT-R

    ゲームソフトに加え、308ページのブックレット「Apex」と、ゲーム開始時から使えるプレゼントカー5車種のダウンロードコード(アウディ・R10 TDI 、ホンダ・NSX GT500、メルセデス・ベンツ・SLS AMG、マクラーレン・F1、日産・GT-R GT500。それぞれ特別仕様のステルスモデル。)が付属する。価格は通常版と同じ7,980円。グランツーリスモ5 フレッシュアイペディアより)

  • SUPER GT

    SUPER GTから見た日産・GT-R日産・GT-R

    File:Motul Autech GT-R 2011 Super GT Fuji 250km.jpg|日産・GT-R(2011年)SUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル

    ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルから見た日産・GT-R日産・GT-R

    主にGT500クラス(旧・GT1クラス)に参戦。2003年まではR32?R34型スカイラインGT-Rで参戦していたが、GT-Rの販売終了に伴い、2004年よりベース車両をZ33型フェアレディZに変更している。2007年から日産勢は伝統のツインターボエンジンに別れを告げ、あらたに同社のフーガに搭載されているVK45DEエンジンを使用している。2008年からはGT-Rの復活に合わせて、再度GT-Rでの参戦を開始した。1ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 頭文字D ARCADE STAGE

    頭文字D ARCADE STAGEから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2011年3月3日に稼動。「AA」は「ダブルエース」と読む。使用基板がRINGEDGEに変更され、新たにタッグマッチ機能も搭載される。2010年8月27日、『頭文字D Arcade Stage 5』公式ホームページにてロケテスト実施を発表した。追加車種は初期はホンダ・NSX、日産・フェアレディZ Z33、三菱・ランサーエボリューションXの三台。さらに5月16日からトヨタ・FT-86 G Sports Conceptが、8月10日には日産・GT-Rが追加された。さらに2012年8月9日にプリウスS"TOURING selection"(ZVW30)が追加された。この3台については隠し車両であるため、それぞれある条件を果たせば使用可能となる。条件については公式サイトを参照。新コースに「碓氷」、「椿ライン」が追加された。そして6月20日からArcade Stage Ver.3に登場した「秋名・雪」が復活。さらに12月15日から「定峰」が登場。2013年8月30日の18:00をもってオンラインサービスが終了した。頭文字D ARCADE STAGE フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のSUPER GT

    2014年のSUPER GTから見た日産・GT-R日産・GT-R

    ワークス3メーカーのうち唯一車種を変更せず、引き続きGT-Rをベースに新レギュレーションに合わせた車両で参戦。2014年のSUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモシリーズ

    グランツーリスモシリーズから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2002年1月1日発売。グランツーリスモ3 A-specのシステムで、2001年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカーや2001年当時の最新車などを収録。パッケージの車はGT-R concept(後の日産・GT-Rの原型)のリアビュー。グランツーリスモシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 本山哲

    本山哲から見た日産・GT-R日産・GT-R

    愛車 : 日産・GT-R/日産・シーマ/日産・フェアレディZ ロードスター/メルセデス・ベンツ/ポルシェ・911ターボ(加藤大治郎が生前に所有していた車)/フーガ(Y50/Y51)本山哲 フレッシュアイペディアより)

  • デュアルクラッチトランスミッション

    デュアルクラッチトランスミッションから見た日産・GT-R日産・GT-R

    クラッチディスクは滑りを制御するために多板式となり、湿式多板と乾式多板がある。湿式多板クラッチは基本的に無交換で長寿命とされていたが、渋滞など走行条件によっては短時間で摩耗する場合がみられる。多くは摩耗によるストロークやクリアランスの増加は自動調整されるか、あるいは制御装置が再学習機能を持つ(日産・GT-Rは定期調整が指定されている)。湿式多板クラッチは大トルクに対応しながら滑りを制御しやすいため、大きな車種に用いられる。乾式多板クラッチは対応トルクと滑り時間が制限されるが、構造がシンプルで部品数や油量が湿式に比べ少ないため運用コストに優れる。また乾式の伝達効率は湿式に比べ高いため、省燃費性が求められる小型車種に向いている。デュアルクラッチトランスミッション フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸最速バトル<スカイライン伝説>

    湾岸最速バトル<スカイライン伝説>から見た日産・GT-R日産・GT-R

    昔の仲間たちがNew GT-R(R35)などの最新マシンで湾岸を走るのを横目で見ていたトオルは、妻の死をきっかけに自分が本当にやりたかったことに気付く。彼は20年前に自分が乗っていた"鉄仮面”こと、スカイラインDR30を究極のチューニングで甦らせ、現代のモンスターマシンに立ち向かおうというのだ。何度もチューンナップし、ドライビングの試行錯誤を重ね仕上がりつつあった鉄仮面に、黒い悪魔・ポルシェ996の魔の手が忍び寄る……湾岸最速バトル<スカイライン伝説> フレッシュアイペディアより)

  • 水野和敏

    水野和敏から見た日産・GT-R日産・GT-R

    水野 和敏(みずの かずとし、1952年1月 - )は日本の自動車エンジニア、ジャーナリスト。日産自動車の元エンジニア。GT-Rの開発で知られる。水野和敏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
196件中 1 - 10件表示

「GT-R」のニューストピックワード