前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示
  • グランツーリスモ5

    グランツーリスモ5から見た日産・GT-R日産・GT-R

    ゲームソフトに加え、308ページのブックレット「Apex」と、ゲーム開始時から使えるプレゼントカー5車種のダウンロードコード(アウディ・R10 TDI 、ホンダ・NSX GT500、メルセデス・ベンツ SLS AMG、マクラーレン・F1、日産・GT-R GT500。それぞれ特別仕様のステルスモデル。)が付属する。価格は通常版と同じ7,980円。グランツーリスモ5 フレッシュアイペディアより)

  • 本山哲

    本山哲から見た日産・GT-R日産・GT-R

    愛車 : 日産・GT-R/日産・シーマ/日産・フェアレディZ ロードスター/メルセデス・ベンツ/ポルシェ・911ターボ(加藤大治郎が生前に所有していた車)/フーガ(Y50/Y51)本山哲 フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモシリーズ

    グランツーリスモシリーズから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2002年1月1日発売。グランツーリスモ3 A-specのシステムで、2001年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカーや2001年当時の最新車などを収録。パッケージの車はGT-R concept(後の日産・GT-Rの原型)のリアビュー。グランツーリスモシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 荒聖治

    荒聖治から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2010年はFIA GT1選手権に日産・GT-Rで参戦している。荒聖治 フレッシュアイペディアより)

  • 超速変形ジャイロゼッター

    超速変形ジャイロゼッターから見た日産・GT-R日産・GT-R

    GT-R ピュアエディション(R35) - 大剣を構える甲冑騎士風のジャイロゼッター。コミカライズとTVシリーズではシュンスケが搭乗。超速変形ジャイロゼッター フレッシュアイペディアより)

  • 山内一典

    山内一典から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2011年現在までの愛車は、ホンダ・S2000、日産・フェアレディZ、ポルシェ・911 GT3、メルセデス・ベンツSL55AMG、フォード・GT、日産・GT-Rなど。この内S2000はグランツーリスモ2、フォードGTはグランツーリスモ4、GT-Rはグランツーリスモ5プロローグのパッケージやオープニングにそれぞれ登場している。現在はグランツーリスモTVの取材で新型のフェラーリに試乗したり、GTアカデミー等の企画、モーターショーなどに出向いてのアピールやコラボレーション企画を展開している。山内一典 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・ハイパフォーマンスセンター

    日産・ハイパフォーマンスセンターから見た日産・GT-R日産・GT-R

    日産ハイパフォーマンスセンター(にっさんハイパフォーマンスセンター、NISSAN HIGH PERFORMANCE CENTER; NHPC)は、日産・GT-Rの販売・サービス体制の充実を目的として160か所に設置された日産自動車販売店である。日産・ハイパフォーマンスセンター フレッシュアイペディアより)

  • スーパーカー

    スーパーカーから見た日産・GT-R日産・GT-R

    また、時代によってもその概念が変化し、機構や装備、動力性能などは、ある時点では「スーパー」であっても、技術革新により、後の世代では「スーパー」ではなくなる場合もある。スーパーカーと非スーパーカーの区別が明確にある訳ではなく、また、メーカー自身がスーパーカーを自称する事も稀である。日産・GT-Rの車両紹介には「スーパーカー」の記述があるが、全天候下で安全で速い(そして、快適で楽しい)ことをうたっていることから、華やかだが御しがたい「エキゾチックカー」に対するアンチテーゼ、つまり一種の皮肉として用いられている節がある。「スーパーカー」という言葉はもっぱら消費者側の視点に立った呼称であり、したがって、印象と存在感が極めて大きい車を好意的に指していると解するのが妥当だろう。その点、「エキゾチックカー」という呼称は、数字では表せない、時間がたっても色褪せない、独自の「オーラ」を持つ車両の表現に適している。スーパーカー フレッシュアイペディアより)

  • トップ・ギア

    トップ・ギアから見た日産・GT-R日産・GT-R

    しかし「単純にアジアのメーカーだから叩いている」というわけではなく、日本車に対しては、日産・GT-Rを手放しで絶賛し、マツダ・ロードスターは「フェラーリ430スパイダー」と同じ楽しみが安い値段で味わえると高評価を与えられている他、上記のように企画内で欧米メーカーの車と同等、もしくはそれ以上に扱われていることが多い。しかしトヨタ車(レクサス含む)は幾度となくこき下ろされている。例としてレクサス・SC(Z40)に対して「最も醜いデザイン」と言われた上、走りに関してもヒュンダイ・クーペ(GK)との比較インプレでヒュンダイが上とも取れる発言をされてしまった。IS-Fは「糊バケツ」と酷評している。上記LFAのインプレでも炸裂している他、ブランドに対してもかなりきつくこき下ろされている。世界戦略車のカローラも没個性なスタイリングを理由に過激な表現の餌食となった。さらにプリウスには事あるごとにボロボロに貶しており、「忌々しいエコボックス」と言ったり、玄米や肝油に例えて「つまらない」と言ったりするなどと手厳しい。初代型は50口径機関銃で文字通り蜂の巣にしてしまい、2代目は(プリウス側がかなり不利な条件とは言え)BMW M3との燃費対決で負かして酷評している。ただし前述のハイラックス2.4-Dの耐久性を絶賛されたり、トヨタ・86については「スペックは大したことなく、見た目も内装もあまり良くない」としながらも「近年乗った車の中では最高に楽しい一台」「初代MX-5以来の興味深い車」と主に乗り心地の面で高評価を与えられており、単にトヨタ車だからという理由で酷評しているわけではなく、気にいったポイントはきちんと評価している。トップ・ギア フレッシュアイペディアより)

  • ロニー・クインタレッリ

    ロニー・クインタレッリから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2008年はチームの所属を日産自動車系のHASEMI MOTOR SPORTとし、新規投入されたGT-Rをドライブし、2年振りのフル参戦を果たした。ロニー・クインタレッリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示

「GT-R」のニューストピックワード