135件中 91 - 100件表示
  • 柳田真孝

    柳田真孝から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2008年は、それまでの成績不振が響きフォーミュラ・ニッポンのシートを失ってしまったが、GTでは再度NISMOに移籍し、2005年と同じミハエル・クルムとコンビを組み参戦した。なお使用車両はGT-Rに変更となった。開幕戦の鈴鹿でピットアウト直後にGT300のマシンが絡んだ際に接触し、本山哲の先行を許し、新型GT-Rのデビューウィンを自らが飾ることは成らなかった。この後第4戦のセパンでARTA NSXの伊沢拓也に接触を受け、伊沢のペナルティによって首位に立つも、柳田がステアリングのスイッチを押し間違え、ピットロード用のリミッターを作動させるミスを犯し(セパン戦直前にドリンク吸引用のスイッチとリミッターのスイッチが入れ替わっていたのだが、柳田が失念していた)、KONDO Racingの荒聖治にパスされ、ここでも優勝を逃した。最終戦までチャンピオンの権利を有していた物の、この年は同じNISMOの本山、トレルイエ組が王座を獲得し、シリーズ7位に終わった。柳田真孝 フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモ5プロローグ

    グランツーリスモ5プロローグから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2007年、PSNで体験版が無料配布された。体験版には正式発表前の日産・GT-Rが収録されており、2007年10月20日?10月24日の間、車体には覆面が施されていた。グランツーリスモ5プロローグ フレッシュアイペディアより)

  • ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ

    ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラから見た日産・GT-R日産・GT-R

    SUPER GT・GT500クラス(KONDO RACING #24 WOODONE ADVAN Clarion GT-R/GT-R R35 VK45DE)(シリーズ14位・1勝)ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ フレッシュアイペディアより)

  • 自主規制

    自主規制から見た日産・GT-R日産・GT-R

    これにより、この年以降、280PS超の車が続々登場した。さらに、ミニバンなども280PSに到達している(エスティマ3.5や、アルファード350シリーズなど)。また、日産・GT-Rでは、国産車(市販の状態)では最強の480PSを記録(その後のマイナーチェンジで530馬力に引き上げられた)。400ccの自主規制53psの国産バイクと比較しても静止状態からでも上回る加速力に達している。このように、280PSの到達は各自動車会社もこぞって達成している。さらに、この280PSは自動車好きの間の1つのスポーツカーの基準になっているため、自動車会社がスポーツカーを開発するときはこの280PSが目標にされることが多い。自主規制 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た日産・GT-R日産・GT-R

    経営陣のトップであるが自らハンドルを握って運転する事を好む。彼が立場を越えてルノーや日産自動車の車種に限定されず各社の枠を越え、自動車の運転に好意的な事例を示した過去の報道からも明らかである。この事は、ゴーン体制下の日産自動車が、2002年の排ガス規制で生産終了が決定していたスカイラインGT-Rの後継車種である日産・GT-Rや、フェアレディZを復活させた大きな要因である(両車ともゴーン自らゴーサインを出し、自ら発表している)。『日経スペシャル カンブリア宮殿』に出演した際に、「ハンドルを握って5分も運転すれば、どんな嫌なことも吹き飛ぶ。車以外にこんな製品がありますか?」と言っている。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • クラック・ハウンド

    クラック・ハウンドから見たGT-R日産・GT-R

    コミックスオリジナルキャラクター。かつての圭吾の戦友で、GT-RのYOSHIの異名を持つ。幼少期のトラウマとバトルに負けたことがきっかけでセイントに手を出してしまう。圭吾を見つけた際に香里をレイプしようとたくらむが、凛が障害物になってくれたおかげで、阻止された。その後、黒衣の未亡人によってセイントの過剰摂取により、完全な怪物車となってしまう。圭吾がわざと負けたことで蟠りが取れ、歯止めを失った殺人マシーンと化し圭吾を殺害を企むが、北斗の能力でつかまってしまうも、ザ・フライ2 二世誕生の最後(エンディング前)に登場する怪物に姿を変え、圭吾を執拗に追うが、凛の能力で体内に潜り込まれた挙げ句、北斗が全身を柔らかくした後に、克美が大量の手榴弾の爆発によって、文字通り「廃車」となってしまった。クラック・ハウンド フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ車

    アメリカ車から見た日産・GT-R日産・GT-R

    1950年代以降は、米国車のエンジンと言えばV8、V8と言えば米国車というくらいV8エンジン(V型8気筒エンジン)搭載車がポピュラーで、日欧の自動車メーカーの中・上級ラインナップでは6気筒エンジン(直列6気筒エンジン)が普通でよほどのプレミアムカーの上級モデルでなければV8エンジンが載らなかった時代に、安価な大衆モデルにさえオプションで選択可能なV8エンジンを用意していた。6気筒エンジンも売れなかったわけではないが、V8エンジンをオプション選択する割合がやがて圧倒的に高くなり、逆に6気筒エンジンがオプション選択になってしまった大衆車も少なくなかった。なお、日本においては排気量=車格と考えている購買者がほとんどで、高級車には搭載されても大衆車に大排気量エンジンが搭載されることはありえず、この影響もあって日本では同排気量のアメリカ製大衆車と日本製高級車を比較してしまうケースが珍しくない。事情をよく知っている自動車雑誌さえも、このような単純比較を行ってしまうケースが多い(シボレー・カマロ対日産・GT-R、フォード・トーラス対トヨタ・クラウンなど)。アメリカ車 フレッシュアイペディアより)

  • スーパー耐久

    スーパー耐久から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2010年に富士スピードウェイで開催された第4戦では、NISMOによるテスト参戦ながら日産・GT-Rが初参戦を果たし注目を集めた。NISMOによれば「2011年シーズン以降での、プライベーターチームへの供給に向けたテスト参戦」との事である。その後、岡山国際サーキットで開催された第5戦では、早くもダイシンモータースポーツがGT-Rで10年ぶりの復帰を果たした。決勝ではマシントラブルによるタイヤのパンクに見舞われたものの、クラス6位完走を達成した。スーパー耐久 フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェントキーシステム

    インテリジェントキーシステムから見た日産・GT-R日産・GT-R

    楕円型 - 現行の形(ただし、ラフェスタハイウェイスターやモコ等のOEM車両については同じ楕円形でも各ベース車両の形状を踏襲)。ちなみにGT-Rのものには日産マークが付いている部分に「GT-R」ロゴが、一部改良後のZ34型フェアレディZのものには「Z」のロゴが付いているほか、日産の高級車ブランドインフィニティブランド車用のものにはインフィニティエンブレムが付けられている。インテリジェントキーシステム フレッシュアイペディアより)

  • マニュアルトランスミッション

    マニュアルトランスミッションから見た日産・GT-R日産・GT-R

    かつてはスポーツカーには必ずと言っていいほどMTが搭載されていたが、性能を追求した結果、日産・GT-Rがスカイライン時代と異なりDCTのみになったり、スポーツカーの代名詞的存在のフェラーリやランボルギーニもMTを廃止する意向である。特に前述した高性能なスポーツカーほどそれが顕著である。またF1をはじめとしたレース車両でも、MTの変速操作を自動化したセミATが主流になっている。マニュアルトランスミッション フレッシュアイペディアより)

135件中 91 - 100件表示

「GT-R」のニューストピックワード