196件中 131 - 140件表示
  • 星野一義

    星野一義から見た日産・GT-R日産・GT-R

    引退後は全日本GT(現・SUPER GT)とフォーミュラ・ニッポンに参戦する自身のチーム「チームインパル」の監督を務める。また、ニスモフェスティバルなどの自動車のイベントでのデモラン走行や日産の新型車(主にフェアレディZやスカイライン、GT-Rなど)のテストドライブなどで雑誌やメディアに姿を見せることも少なくない。星野一義 フレッシュアイペディアより)

  • クールスーツ

    クールスーツから見た日産・GT-R日産・GT-R

    四輪(自動車)レース用の車両においては、車両性能を極限まで追求するという目的から、一般の自動車に搭載されるようなエアコンは車両重量の増加要因となる上にエンジン出力の一部を消費することから、レースで求められる走行性能を低下させるとして通常搭載されない(ただし2009年のSUPER GTでは、日産・GT-Rがエアコンを搭載するなど、いくつか例外はある)。また車両設計上の要因から、エンジンがコックピット内部に露出しエンジンの発熱がコックピットに入ったり、ラジエター・インタークーラー等を通り熱を帯びた空気がコックピット内に滞留するような車両は決して珍しいものではない。クールスーツ フレッシュアイペディアより)

  • ポリフォニー・デジタル

    ポリフォニー・デジタルから見た日産・GT-R日産・GT-R

    その後もグランツーリスモシリーズを中心としたゲームソフトの開発を行っているほか、2007年には日産・GT-Rのマルチファンクションディスプレイの開発にも携わっている。ポリフォニー・デジタル フレッシュアイペディアより)

  • ベストカー

    ベストカーから見た日産・GT-R日産・GT-R

    「一般ユーザーがクルマという高額商品を買うのに際しては決断と出費が必要であることから、ある程度先の情報を伝えておく必要がある」という編集方針がある。このため、2010年10月25日発売号では、日産自動車から、新型GT-Rの取材をめぐって対立した結果、新型GT-R発表会への出入り禁止(取材拒否)を受けたことを明らかにした。ベストカー フレッシュアイペディアより)

  • 日産・プリメーラ

    日産・プリメーラから見た日産・GT-R日産・GT-R

    1990年2月 日欧両市場に投入。ボディタイプは日本国内では4ドアセダンのみ、欧州や台湾市場には5ドアハッチバックも存在し、一部は日本にも輸入されている (2.0eGT/2.0SLX) 。日本仕様は1.8L/2.0LのSR型エンジンに5速MT、または4速ATの組み合わせである。フロント・リヤのエンブレムに日産のCIを取り入れた最初の車種でもある。欧州市場へ投入することからスタイリング、動的性能、実用性、パッケージングなど全ての面で欧州車を強く意識して開発されパサートのノックダウン生産で得たノウハウも生かされた。901運動から生まれたフロントマルチリンクサスペンションによるハンドリングの評価は特に高く、発表当時には「(乗り心地を度外視すれば)欧州車を超えた」とすら評された。「プリメーラパッケージ」と称したその室内は当時日本国内で流行した目先の高級感よりも使い勝手や居住空間を最優先して作られており、コンパクトな車体ながら室内は当時のクラス最大級の広さを誇るものでスタイリングも居住性と空力性能をバランスよく両立させただけでなく機能的に洗練されたものであり、トランクには当時の国産車では数少ないアームがトランクルームに入り込まないパンタグラフ式の金具を採用するなど使い勝手への配慮が数多くみられる。低全高で居住性に劣る4ドアハードトップが主流であった1990年代初頭当時の日本市場では異色の存在であった。尚、車両パッケージングの開発には後に日産・GT-Rの開発責任者となる水野和敏が参画していた。日本市場ではバブル崩壊に伴うユーザーのベーシック志向への回帰と相まって、高級感や煌びやかさを追わず高い基本性能と実用本位のパッケージングを持ったプリメーラは1995年秋のモデル末期まで堅調な販売実績を誇った。一方で、当時の日本のミドルクラスのファミリーセダンとしては足回りが固く乗り心地に違和感を覚えるユーザーもいたが(特に初期型)、欧州車の足回りに近いと好意的に解釈されることも多かった。また、欧州車と対等に渡り合える初の日本車として、欧州車から乗り換えるユーザーも見られた。欧州市場でも、欧州カー・オブ・ザ・イヤーで日本車初の2位を獲得するなど、その評価は日本車としては異例なほど高かった。北米市場にもインフィニティチャンネルからインフィニティ・G20として投入された。日産・プリメーラ フレッシュアイペディアより)

  • トランスアクスル

    トランスアクスルから見た日産・GT-R日産・GT-R

    GT-R   ※四輪駆動トランスアクスル フレッシュアイペディアより)

  • 柳田真孝

    柳田真孝から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2008年は、それまでの成績不振が響きフォーミュラ・ニッポンのシートを失ったが、GTでは再度NISMOに移籍し、2005年と同じミハエル・クルムとコンビを組み参戦した。なお使用車両はGT-Rに変更となった。開幕戦の鈴鹿でピットアウト直後にGT300のマシンが絡んだ際に接触し、本山哲の先行を許し、新型GT-Rのデビューウィンを自らが飾ることは成らなかった。この後第4戦のセパンでARTA NSXの伊沢拓也に接触を受け、伊沢のペナルティによって首位に立つも、柳田がステアリングのスイッチを押し間違え、ピットロード用のリミッターを作動させるミスを犯し(セパン戦直前にドリンク吸引用のスイッチとリミッターのスイッチが入れ替わっていたのだが、柳田が失念していた)、KONDO Racingの荒聖治にパスされ、ここでも優勝を逃した。最終戦までチャンピオンの権利を有していた物の、この年は同じNISMOの本山、トレルイエ組が王座を獲得し、シリーズ7位に終わった。柳田真孝 フレッシュアイペディアより)

  • トミーカイラ

    トミーカイラから見た日産・GT-R日産・GT-R

    Tommykaira R Concept (R35GT-Rトミーカイラ フレッシュアイペディアより)

  • 仙台ハイランド

    仙台ハイランドから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2007年以降ではスーパー耐久レース以外には大きなイベントがないため、コースレベルの割りには年間を通してスケジュールに余裕があることや宿泊施設が整っているため、走り込みたい個人以外にもモータースポーツライセンスの講習会や小規模のイベントが開催しやすい利点ができた。また日産が日産・GT-Rの国内テストコースとするなど(カルロス・ゴーンも視察に来たことがある)、メーカーもテスト車両やタイヤの開発に利用している。仙台ハイランド フレッシュアイペディアより)

  • ランフラットタイヤ

    ランフラットタイヤから見た日産・GT-R日産・GT-R

    日本車では1999年市販の日産・ハイパーミニでTPMSと会わせて標準装備され、2001年、トヨタ・ソアラにオプションで設定された。その後、レクサス、日産・GT-Rなど高価格の乗用車を中心に装備が進められている。BMWでは2003年のBMW・5シリーズからMモデルを除く全車にランフラットタイヤを標準装備化した。米国のみ2012年モデルからは通常タイヤとランフラットタイヤの併売に切り替えている。初期、第二世代のランフラットタイヤから第三世代に進化しており、ユーザーから不満の多かった乗り心地についても改善されつつある。ランフラットタイヤ フレッシュアイペディアより)

196件中 131 - 140件表示

「GT-R」のニューストピックワード