135件中 11 - 20件表示
  • ウサイン・ボルト

    ウサイン・ボルトから見た日産・GT-R日産・GT-R

    家庭用ゲーム機が大好きで、陸上の大会などで海外遠征する度にソフトを購入していて「ほとんど全種類持っている」とのこと。また、ボルトと同じジャマイカの陸上競技短距離選手、アサファ・パウエルと同じく車が好きである。好きな自動車はBMW社のBMW・M3で、北京オリンピックの活躍後スポンサーのプーマから、本人の身長に合わせて改造された特別仕様車をプレゼントされた。しかし、後にこの車は前述の事故を起こして廃車になった。その後は日産・GT-Rを所有している。BBCの自動車バラエティ番組「トップ・ギア」にゲストとして招かれた際、TopGearテストトラックをスズキ・リアナで走り、1分46秒の好タイムを出したことがある。ウサイン・ボルト フレッシュアイペディアより)

  • 日産・フェアレディZ Z33

    日産・フェアレディZ Z33から見た日産・GT-R日産・GT-R

    「FAIRLADY Z」の車名書体のうち、「FAIRLADY」の部分は日産自動車の統一車名書体のNE-01を斜体にして使用しており、「Z」エンブレムは専用のデザインがとられている。そしてこの「Z」エンブレムは、ルノー・日産アライアンス後の車種としては後に発売されるGT-Rを除いて唯一、ハンドルに日産エンブレムの代わりに装着されている。日産・フェアレディZ Z33 フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・クルム

    ミハエル・クルムから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2009年から2011年にかけてNISMOのドライバーとしてFIA GT選手権に日産・GT-Rで参戦。2009年8月22日、23日に開催されたSUPER GT第6戦鈴鹿にブノワ・トレルイエのピンチヒッターとして参戦。スポット参戦ではあるものの、6年ぶりに本山とコンビを組んだ。FIA GT選手権を引き継いだFIA GT1世界選手権にも引き続き参戦し、2011年にはルーカス・ルーアと組んでJRモータースポーツからエントリー、参戦3年目にしてシリーズチャンピオンを獲得したミハエル・クルム フレッシュアイペディアより)

  • 頭文字D ARCADE STAGE

    頭文字D ARCADE STAGEから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2011年3月3日に稼動。「AA」は「ダブルエース」と読む。使用基板がRINGEDGEに変更され、新たにタッグマッチ機能も搭載される。2010年8月27日、『頭文字D ARCADE STAGE 5』公式ホームページにてロケテスト実施を発表した。追加車種は初期はホンダ・NSX、日産・フェアレディZ Z33、三菱・ランサーエボリューションXの三台。さらに5月16日からトヨタ・FT-86 G Sports Conceptが、8月10日には日産・GT-Rが追加された。さらに2012年8月9日にプリウスS"TOURING selection"(ZVW30)が追加された。この3台については隠し車両であるため、それぞれある条件を果たせば使用可能となる。条件については公式サイトを参照すること。頭文字D ARCADE STAGE フレッシュアイペディアより)

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー

    日本カー・オブ・ザ・イヤーから見た日産・GT-R日産・GT-R

    Most Advanced Technology賞:GT-R(日産)日本カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE

    湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNEから見た日産・GT-R日産・GT-R

    新車種にNISSAN GT-R(R35)、NISSAN SKYLINE GT-R(KPGC10)、新コースに福岡都市高速、分身対戦モードでは新たなドレスアップパーツが追加、そして新しいBGMが4曲追加された。湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のSUPER GT

    2013年のSUPER GTから見た日産・GT-R日産・GT-R

    日産も従来どおり日産・GT-Rで4台参戦する。前年までブリヂストン製タイヤを履いていたニスモが、後述の柳田・クインタレッリ組の移籍に合わせる形でミシュラン製タイヤに変更する。2013年のSUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • クールスーツ

    クールスーツから見た日産・GT-R日産・GT-R

    四輪(自動車)レース用の車両においては、車両性能を極限まで追求するという目的から、一般の自動車に搭載されるようなエアコンは車両重量の増加要因となる上にエンジン出力の一部を消費することから、レースで求められる走行性能を低下させるとして通常搭載されない(ただし2009年のSUPER GTでは、日産・GT-Rがエアコンを搭載するなど、いくつか例外はある)。また車両設計上の要因から、エンジンがコックピット内部に露出しエンジンの発熱がコックピットに入ったり、ラジエター・インタークーラー等を通り熱を帯びた空気がコックピット内に滞留するような車両は決して珍しいものではない。クールスーツ フレッシュアイペディアより)

  • トランスフォーマー バイナルテック

    トランスフォーマー バイナルテックから見た日産・GT-R日産・GT-R

    A-01 NISSAN GTR/コンボイ バイブラントレッドトランスフォーマー バイナルテック フレッシュアイペディアより)

  • ドライサンプ

    ドライサンプから見た日産・GT-R日産・GT-R

    オイルパン部分にタンクを設置し、自由落下によるオイル回収とスカベンジポンプによる強制オイル回収を併存させたセミ・ドライサンプと呼ばれる方式もあり、水冷化以降のポルシェ911/ボクスター/ケイマン、日産GT-R、レクサスIS-Fなどに採用されている。ドライサンプ フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示

「GT-R」のニューストピックワード