196件中 41 - 50件表示
  • インフィニティ・Q50 Eau Rouge

    インフィニティ・Q50 Eau Rougeから見たGT-R日産・GT-R

    搭載されるエンジンは、R35型GT-RのVR38DETT(最高出力560PS/最大トルク61.2kgm)を搭載し、駆動方式もR35同様に4WDを採用する事になった。インフィニティの発表では、0-60mph(約96?/h)は、4秒以下で、更に最高速度は、180mph(約290?/h)を超える。インフィニティ・Q50 Eau Rouge フレッシュアイペディアより)

  • ティーザー広告

    ティーザー広告から見た日産・GT-R日産・GT-R

    最も典型的なティーザー広告は「商品の姿を全て見せない広告手法」であり、シルエットや遠景などを用いて広告をし、後日の発表日に商品の全てを目にすることができる手法が一般的である。スタイリングやデザインを重視する商品に用いられる例が多い。一例として、日産・GT-Rやななつ星in九州は、報道発表がなされるまで車体を黒ラッピングで覆った。ティーザー広告 フレッシュアイペディアより)

  • Qステア

    Qステアから見た日産・GT-R日産・GT-R

    QSH06 ニッサンGT-R(R35) (A/B) スピンタイヤユニット付属Qステア フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・バンコム

    アレックス・バンコムから見た日産・GT-R日産・GT-R

    バンコムは2014年のバサースト12時間レースで、ニスモグローバルドライバーエクスチェンジプログラムの一環として、千代勝正、リック・ケリー、ヴォルフガング・ライプらと一緒に日産・GT-R NISMO GT3に搭乗して参戦した。千代がレースの早い段階でクラッシュに巻き込まれ、58周目にしてチームはリタイアの憂き目に遭った。バンコムは翌年のレースに参戦する予定であったが、彼の初めての子供の出産が間近に迫っていた為、出走を取り止めざるを得なくなった。アレックス・バンコム フレッシュアイペディアより)

  • 日産横浜自動車大学校

    日産横浜自動車大学校から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2012年よりKONDO Racing・スリーボンドと共同で、スーパー耐久・ST-GT3クラスに日産・GT-Rで参戦を開始。本校内にレース車両用のガレージを設置しプロメカニックを常駐させるほか、優秀な学生をメカニックに起用して実際にレースの現場に送り込むといった活動も予定されているが、まだ実現には至っていない。日産横浜自動車大学校 フレッシュアイペディアより)

  • ニューデリーオートエクスポ

    ニューデリーオートエクスポから見た日産・GT-R日産・GT-R

    日産・GT-R GT500レースカー(インド初公開)ニューデリーオートエクスポ フレッシュアイペディアより)

  • 日産プリンス茨城販売

    日産プリンス茨城販売から見た日産・GT-R日産・GT-R

    ニスモショップを水戸市と牛久市に開設し、スポーツカーの販売やチューニングに力を入れており、GT-Rやスカイライン(V36型)の発売時には筑波サーキットを借り切って試乗会を開催した。また、スポーツカーオーナーがアクセルを全開にできる場を提供するために、ツインリンクもてぎや筑波サーキットで走行会を実施している。日産プリンス茨城販売 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・VRH34

    日産・VRH34から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2009年当時、日産がSUPER GTでGT-Rに搭載していたVK45DEエンジンは、2009年から新たに発効されたJAF-GT500のエンジン規定「V型8気筒で排気量3,400cc」に準拠しておらず(VK45DEエンジンは、V型8気筒で排気量4,494cc)、当時参戦していたレクサス・SC430、ホンダ・NSXと比較してスペック面で有利とされ、他メーカーの合意を得られず、かなり厳しい値の特別性能調整を受けていた。このままでは対等に戦えないと判断した日産陣営が規定に合致した競技専用エンジンとして2010年から投入したのがVRH34Aエンジンである。投入決定からシェイクダウンまでの期間はわずか半年程度で、充分な開発期間を経られなかったため、当初開発の遅れが指摘された。日産・VRH34 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・VR38DETT

    日産・VR38DETTから見た日産・GT-R日産・GT-R

    VR38DETT型エンジンは、日産自動車のV型6気筒ガソリンエンジンである。排気量は3,799cc、バルブ数は24バルブで、2基のターボチャージャーで過給される(ツインターボ)。R35型日産・GT-R専用に開発・製造され、基本的には同車種のみに搭載される。日産・VR38DETT フレッシュアイペディアより)

  • 日産・PMプラットフォーム

    日産・PMプラットフォームから見た日産・GT-R日産・GT-R

    PMプラットフォームとは、日産自動車の日産・GT-R専用のプラットフォームの名称である。PMパッケージが採用されているためこの名称となったが、PMとはプレミアム・ミッドシップ (Premium Mid-ship) の略である。2012年12月時点ではGT-R専用のプラットフォームであるが、将来のカーエンジニアリングの指標となるべくあらかじめ汎用的に設計されており、セダンやSUVへの転用、およびハイブリッドシステムの搭載も可能である。日産・PMプラットフォーム フレッシュアイペディアより)

196件中 41 - 50件表示

「GT-R」のニューストピックワード