135件中 51 - 60件表示
  • ツインターボ

    ツインターボから見た日産・GT-R日産・GT-R

    日本車のガソリンエンジンにおいては、トヨタの1G-GTEU、日産のRB26DETTなどの直列6気筒エンジンや、日産のVG30DETTや三菱の6G72、6A12、6A13などのV6エンジンに採用されていたが、2002年の排出ガス規制強化でガソリンターボエンジンが激減した際にツインターボ搭載機種は消滅した。その後、2007年に発売された日産・GT-R用のV6エンジンVR38DETTにてツインターボエンジンが復活した。ツインターボ フレッシュアイペディアより)

  • 水野和敏

    水野和敏から見た日産・GT-R日産・GT-R

    この頃の日産社内にはGT-Rを開発する方針があったが、社内では既存のFR-Lプラットフォームの延長でGT-Rを開発する意見が大勢を占めていたため、水野は「それでは日産のフラッグシップたり得ない」と開発責任者の就任を固辞していた。しかし2003年12月に社長のカルロス・ゴーンから「ミスターGT-R」としてGT-Rの開発と販売における全権が委任され、GT-Rのチーフ・ビークル・エンジニア(CVE、車両開発主管)兼チーフ・プロダクト・スペシャリスト(CPS、商品企画立案責任者)兼プログラム・ダイレクター(PD、収益・販売目標達成責任者)に任命された。GT-Rの開発と販売においてはゴーン就任以降に定着した従来の1車種3トップ制ではなく、例外的に水野に権限が集約する1トップ制が採られ、社長の直轄プロジェクトとしてゴーンと水野が直接繋がる異例の人事体制となった。そしてGT-Rには以前から水野が構想していたPMプラットフォームを採用することにした。GT-Rはイヤーモデル制を採っており、毎年新モデルが販売されるたびにニュルブルクリンクでのタイムアタックを行ってラップタイムを更新しており、テストドライバーには水野がNISMO在籍時代に知り合った鈴木利男を起用している。水野和敏 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・フーガ

    日産・フーガから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2009年11月に2代目にモデルチェンジされた際には、初代モデルの値崩れ防止のため、日産としてはGT-Rに次いで2例目となる認定中古車制度が開始されている。日産・フーガ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・VR38DETT

    日産・VR38DETTから見た日産・GT-R日産・GT-R

    VR38DETT型エンジンは、日産自動車のV型6気筒ガソリンエンジンである。排気量は3.8L、バルブ数は24バルブで、2基のターボチャージャーで過給される(ツインターボ)。R35型日産・GT-R専用に開発・製造され、基本的には同車種のみに搭載される。日産・VR38DETT フレッシュアイペディアより)

  • 横溝直輝

    横溝直輝から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2008年は再びGT500に復活し、2年ぶりにハセミモータースポーツからGT-Rで参戦し、ツインリンクもてぎで行われた第7戦では優勝を飾った。横溝直輝 フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車横浜工場

    日産自動車横浜工場から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2007年 - GT-R専用となるVR38DETT生産開始。ゲストホールの建物と収蔵物が経済産業省より近代化産業遺産の認定を受ける。日産自動車横浜工場 フレッシュアイペディアより)

  • ランフラットタイヤ

    ランフラットタイヤから見た日産・GT-R日産・GT-R

    ランフラットタイヤ (Run flat tire) とは、パンクして空気が抜けた後でもそのまま100 km程度の距離を走ることができるタイヤのこと。2001年、トヨタ・ソアラにオプションで設定された。その後、BMWの新車、レクサス、日産・GT-Rに装備されるなど少しずつではあるが普及が進められている。ランフラットタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車栃木工場

    日産自動車栃木工場から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2007年 - GT-R、インフィニティ・EX生産開始。日産自動車栃木工場 フレッシュアイペディアより)

  • あぶない刑事の劇用車

    あぶない刑事の劇用車から見た日産・GT-R日産・GT-R

    余談だが、ドラマ「相棒」に登場する日産・GT-Rの下4ケタは吉井・田中のものと同じである。(「練馬331 に 37-10」)あぶない刑事の劇用車 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・スカイラインセダン V35

    日産・スカイラインセダン V35から見た日産・GT-R日産・GT-R

    なお、それまでスカイラインの派生車であった「GT-R」はV35型では設定されず、2002年8月のR34型スカイラインGT-R生産終了後、次期モデルのV36型の登場より後の2007年12月に日産・GT-Rが発売されるまで、約5年間のブランクができた。日産・スカイラインセダン V35 フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「GT-R」のニューストピックワード