196件中 81 - 90件表示
  • TAシリーズ

    TAシリーズから見た日産・GT-R日産・GT-R

    組み立てキット採用例:「SUMO POWER GT NISSAN GT-R」「トヨタ 86」「スバル BRZ R&Dスポーツ」「PETRONAS SYNTIUM メルセデス・ベンツ SLS AMG GT3」「フェラーリ458 チャレンジ」TAシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ツインターボ

    ツインターボから見た日産・GT-R日産・GT-R

    日本車のガソリンエンジンにおいては、トヨタの1G-GTEU、日産のRB26DETTなどの直列6気筒エンジンや、日産のVG30DETTや三菱の6G72、6A12、6A13などのV6エンジンに採用されていたが、2002年の排出ガス規制強化でガソリンターボエンジンが激減した際にツインターボ搭載機種は消滅した。その後、2007年に発売された日産・GT-R用のV6エンジンVR38DETTにてツインターボエンジンが復活した。日本車のディーゼルエンジンにおいては、主に商用車の内、三菱ふそうと旧日産ディーゼルと日野においては重量物運搬用トレーラーヘッドや観光バス、ダンプカーや除雪トラック等の特に高負荷な領域を集中的に使用する車型において設定が行われていた。また、トヨタでは、ランドクルーザー70と200の輸出仕様車でツインターボの1VD-FTVを採用している。ツインターボ フレッシュアイペディアより)

  • キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎

    キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎から見た日産・GT-R日産・GT-R

    本作では他社ネタを持ってきたり、解答を求められてネタが滑ったり、司令官とは思えないギャップを晒すことが多く、汗代わりにオイルが漏れる。口癖は、「私にいい考えがある」。第1期第11話では日産・GT-RをスキャンしてGTRオプティマスプライムに、第1期第13話では突然現れたメガトロンへの対抗策としてG1コンボイになった。第1期第13話でメガトロンが「コンボイの謎の新しいタイトルを考える」という提案から、「謎ボイのコンにしよう」というセリフを発し、第2期第1話で早々に言い放った。キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎 フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車横浜工場

    日産自動車横浜工場から見た日産・GT-R日産・GT-R

    2007年 - GT-R専用となるVR38DETT生産開始。ゲストホールの建物と収蔵物が経済産業省より近代化産業遺産の認定を受ける。日産自動車横浜工場 フレッシュアイペディアより)

  • 速度計

    速度計から見た日産・GT-R日産・GT-R

    ただし、日産・GT-Rや三菱・ランサーエボリューションなど、市販状態でサーキット走行や競技に対応する車種に関しては180km/h以上の表示があり、これら以外でもチューニングカーなどではユーザーの必要に応じ、200km/hやそれ以上の表示のある速度計が取り付けられることもある。なお輸入車はメーカーによって様々であるので、表示に関しては一概には言えない。速度計 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ハッセルホフ

    デビッド・ハッセルホフから見たGT-R日産・GT-R

    2014年6月に開催された車好きのお金持ちや映画・テレビスターがドレスアップした愛車で、世界をお祭り騒ぎしながら走り回るラリーイベント「GumBall 3000(ガムボール3000)」に、ナイトライダー仕様にカスタムした日産GT-Rで参加。スピード違反で違反キップを切られた。デビッド・ハッセルホフ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カルボーン

    ファビオ・カルボーンから見た日産・GT-R日産・GT-R

    2008年 - SUPER GT・GT500クラス<Rd.6鈴鹿1000kmのみ>(NISMO #23 XANAVI NISMO GT-R/GT-R R35 VK45DE)(決勝8位)ファビオ・カルボーン フレッシュアイペディアより)

  • 日産・スカイラインセダン V35

    日産・スカイラインセダン V35から見た日産・GT-R日産・GT-R

    なお、それまでスカイラインの派生車であった「GT-R」はV35型では設定されず、2002年8月のR34型スカイラインGT-R生産終了後、次期モデルのV36型の登場より後の2007年12月に日産・GT-Rが発売されるまで、約5年間のブランクができた。日産・スカイラインセダン V35 フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車のモータースポーツ

    日産自動車のモータースポーツから見た日産・GT-R日産・GT-R

    現在は1993年から継続参戦している全日本GT選手権→SUPER GTへの参戦がメインとなっており、上位クラスのGT500クラスに2003年まではスカイラインGT-Rで、2004年?2007年まではフェアレディZで参戦していた。2008年からは前年にデビューした日産・GT-Rを投入する。また下位クラスのGT300クラスや、類似カテゴリーのスーパー耐久にも主にプライベーターがフェアレディZなどで参戦している。日産自動車のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • グレーマーケット

    グレーマーケットから見た日産・GT-R日産・GT-R

    コスト問題以外にも、グレーマーケットの車は公式に発売されたことのないモデルを消費者が入手できるようにする。1987年以前は、レンジ・ローバーとランボルギーニ・カウンタックは両車とも画期的なデザインであり、米国ではグレーの輸入車だった。グレーマーケットは、米国がこれらの自動車に対する大きな需要を有していたことをこれらの製造メーカーに明確に示し、現在の米国モデルの後継車は依然として人気がある。 何年も後、日産も古いスカイラインを何人も輸入していたのを見て同様に北米でGT-Rを販売することにした。メルセデス・ベンツはグレーマーケットが提供した米国の消費者需要へのシグナルの受益者でもあったが、ワシントンでのロビー活動により1988年に米国でのグレーマーケットを事実上終了させることに成功したグレーマーケット フレッシュアイペディアより)

196件中 81 - 90件表示

「GT-R」のニューストピックワード