164件中 91 - 100件表示
  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たスタッドレスタイヤ

    タイヤは、日産車としては初めてランフラットタイヤを標準装備としており、通常のタイヤに使用される空気ではなく窒素が充填される。この純正品以外の使用はメーカー保障対象外となる。2010年モデルまではブリヂストン社製とダンロップ社製のタイヤが選択でき、ブリヂストン社製は2009年モデルまでが「POTENZA RE070R」、2010年モデルは「POTENZA RE070R-R2」(メーカーオプション)、spec Vは「POTENZA RE070R-V1」が純正タイヤであり、ダンロップ社製は2010年モデルまで「SP SPORT 600 DSST CTT」が純正タイヤであった。2011年モデル以降はダンロップ社製の「SP SPORT MAXX GT 600 DSST CTT」が唯一の純正タイヤとなっており、このタイヤは、300km/h走行中にタイヤがバーストした後でも80km/hの速度でおよそ80kmの距離を自走可能なように作られている。なお、タイヤサイズは全車フロントが255/40R20、リアが285/35R20となる。また冬季用タイヤとして、ブリヂストン社製「ブリザックLM-25」をベースにランフラット化されたGT-R専用のスタッドレスタイヤが純正オプションとしてラインアップされる。ダンロップも専用のスタッドレスタイヤを用意している。ホイールは、レイズ社との共同開発となる鍛造20インチアルミホイールが採用されており、またタイヤのリムずれを防止するためのローレット加工が施されている。また安全上の理由から、日産自動車ではGT-R専用のホイール及びタイヤ以外の装着は認めておらず、タイヤの脱着もハイパフォーマンスセンターにて使用したタイヤを切断して新しいタイヤに装着する手順が必要となる。ホイールは前期型では8スポークのデザインであったが後期型(2011年モデル以降)では10スポークの新デザインとなり、軽量・高剛性化がなされている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た速度計

    メーターには左から340km/hまでのスピードメーターとタコメーター、ギア数表示が装備されている。また、このR35型でもR34型スカイラインGT-Rの特徴の1つとも言えるマルチファンクションディスプレイ(MFD)を引き続き搭載、R34型に搭載されているMFDよりも大型で多機能なものとなった。MFD画面のデザインは家庭用テレビゲームであるグランツーリスモシリーズを開発しているポリフォニー・デジタルが担当した。エンジンの始動・停止は、センターコンソールにあるイグニッションボタンで行う。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たロールケージ

    ASAにより車高・減衰力調節式の専用ショックアブソーバーが採用された専用サスペンション、フロントリップスポイラー・アンダーカバー、跳ね上げ式ステアリングホイール、ダンロップ製20インチスリックタイヤ、ロールケージなどが装着され、電子制御系統も独自のものとなっている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たV型8気筒

    2008年1月、日産自動車はSUPER GTのGT500クラスに2007年までのZ33型フェアレディZに代わり、2008年シーズンからGT-Rで参戦することを発表した 。車体は特認車両として2009年のレギュレーションを先取りし、大幅な改造がなされたが、エンジンは引き続きVK45DEをベースとした4.5L V8エンジンを使用し、ニスモ・ホシノレーシング・ハセミモータースポーツ・KONDO Racingに計5台を供給する。なお駆動方式は、旧スカイラインGT-Rで全日本GT選手権に出場していたときと同様、オリジナルの4WDからFRに変更されている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た蒔絵

    インテリアに使用される色に20種類の組み合わせが用意され、ドイツのミュルハイム・アン・デア・ルールで内装に使用される本革の縫製、貼り込みが行われるほか、ステアリングのGT-Rエンブレムには輪島蒔絵が採用される。また、専用ウーファーが採用され、購入者に合わせたセッティングがなされるBOSEプレシジョン・サウンドシステムが装備されるほか、リアスポイラー、ホイール、チタンエキゾーストシステムにはSpecVと同一のものが採用される。ハイパフォーマンスセンターのうち16店舗で販売が行われ、車両本体価格は1,500万円となる。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た最高執行責任者

    2000年にGT-Rの先行開発が開始され、その成果として2001年の第35回東京モーターショーに出展された「GT-Rコンセプト」が作られた。そして、その発表時には当時日産のCOOで後のCEOであるカルロス・ゴーンによりGT-Rの開発が発表された。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たフロントグリル

    GT-Rは日産車として特別な存在であるということから、本来日産車は全車車名書体をNE-01に統一しているところを、フェアレディZなどと同様、専用書体としている。また、車名ロゴはそれまでのスカイラインGT-Rに用いられていたものと同様、赤文字の「R」が「GT」の下に来るようデザインされ、そのロゴは車両後部だけではなく、フロントグリル、ステアリング、インテリジェントキーなどにも用いられている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たイタリア

    ギネス・ワールド・レコーズ 0-60mph加速最速4シーター車(イタリア日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た四輪駆動

    エンジンを車両前方に、クラッチ・トランスミッション・トランスファーを車両後方に配置する、世界初の独立型トランスアクスル レイアウトを採用した「プレミアムミッドシップパッケージ」がとられている。駆動方式はR32型以降のスカイラインGT-Rと同様に4WDとなり、四輪駆動システムにはR32型以降のGT-Rにも採用されているアテーサE-TSの改良版が採用された。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たVR38DETT

    エンジンは、VR38DETT型 3.8L V6 ツインターボエンジンを搭載する。初期のモデルは最高出力480PS、2008年12月の小改良以降のモデルは485PS、2010年11月発売の2011年モデルは530PS、2011年11月発売の2012年モデルは550PSを発生する。最大トルクはマイナーチェンジ前の前期モデルが60.0kgf?m、2011年モデルが62.5kgf?m、2012年モデルが64.5kgf?mである。後期型では吸排気抵抗の低減により燃費向上も図られ、同時にシフトチェンジの制御、駆動トルク最適化により燃費を向上させる「SAVE」モードが追加された。また、後期型からは高性能を表現するためにエンジンカバーが赤色に塗装される。2012年モデルでも燃費向上がなされ、2013年モデルでは改良が施され、中回転域のレスポンスおよび高回転域での加速の伸びが向上された。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

164件中 91 - 100件表示

「GT-R」のニューストピックワード