164件中 41 - 50件表示
  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たホシノインパル

    2008年1月、日産自動車はSUPER GTのGT500クラスに2007年までのZ33型フェアレディZに代わり、2008年シーズンからGT-Rで参戦することを発表した 。車体は特認車両として2009年のレギュレーションを先取りし、大幅な改造がなされたが、エンジンは引き続きVK45DEをベースとした4.5L V8エンジンを使用し、ニスモ・ホシノレーシング・ハセミモータースポーツ・KONDO Racingに計5台を供給する。なお駆動方式は、旧スカイラインGT-Rで全日本GT選手権に出場していたときと同様、オリジナルの4WDからFRに変更されている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た三栄書房

    モーターファン別冊 ニューモデル速報 第404弾『日産GT-Rのすべて』三栄書房、2008年1月 ISBN 978-4-7796-0335-8日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たボーズ (企業)

    ベースグレードは「GT-R」(後期では「Pure edition(ピュア・エディション)」に変更)となり、日本仕様では加えて、専用の内装色とレザーシートが選べる「Black edition(ブラック・エディション)」、BOSEプレミアムサウンドシステムや盗難防止装置を標準装備する「Premium edition(プレミアム・エディション)」が用意される。なお、日本での車両本体価格は発売当時777万円からとなったが、2008年12月の一部改良でベースグレードが861万円に大幅値上げされ、2010年のマイナーチェンジでは869万円に値上げされた。また、マイナーチェンジ後のモデルはベースグレードの「Pure Edition」のみ10kg軽量化がなされ、1,730kgとなる。2013年モデルではベースグレードが876万円となった。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たレイズ

    タイヤは、日産車としては初めてランフラットタイヤを標準装備としており、通常のタイヤに使用される空気ではなく窒素が充填される。この純正品以外の使用はメーカー保障対象外となる。2010年モデルまではブリヂストン社製とダンロップ社製のタイヤが選択でき、ブリヂストン社製は2009年モデルまでが「POTENZA RE070R」、2010年モデルは「POTENZA RE070R-R2」(メーカーオプション)、spec Vは「POTENZA RE070R-V1」が純正タイヤであり、ダンロップ社製は2010年モデルまで「SP SPORT 600 DSST CTT」が純正タイヤであった。2011年モデル以降はダンロップ社製の「SP SPORT MAXX GT 600 DSST CTT」が唯一の純正タイヤとなっており、このタイヤは、300km/h走行中にタイヤがバーストした後でも80km/hの速度でおよそ80kmの距離を自走可能なように作られている。なお、タイヤサイズは全車フロントが255/40R20、リアが285/35R20となる。また冬季用タイヤとして、ブリヂストン社製「ブリザックLM-25」をベースにランフラット化されたGT-R専用のスタッドレスタイヤが純正オプションとしてラインアップされる。ダンロップも専用のスタッドレスタイヤを用意している。ホイールは、レイズ社との共同開発となる鍛造20インチアルミホイールが採用されており、またタイヤのリムずれを防止するためのローレット加工が施されている。また安全上の理由から、日産自動車ではGT-R専用のホイール及びタイヤ以外の装着は認めておらず、タイヤの脱着もハイパフォーマンスセンターにて使用したタイヤを切断して新しいタイヤに装着する手順が必要となる。ホイールは前期型では8スポークのデザインであったが後期型(2011年モデル以降)では10スポークの新デザインとなり、軽量・高剛性化がなされている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たスポーツニッポン

    スポーツニッポン「キング・オブ・カー」(日本)日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たハセミモータースポーツ

    2008年1月、日産自動車はSUPER GTのGT500クラスに2007年までのZ33型フェアレディZに代わり、2008年シーズンからGT-Rで参戦することを発表した 。車体は特認車両として2009年のレギュレーションを先取りし、大幅な改造がなされたが、エンジンは引き続きVK45DEをベースとした4.5L V8エンジンを使用し、ニスモ・ホシノレーシング・ハセミモータースポーツ・KONDO Racingに計5台を供給する。なお駆動方式は、旧スカイラインGT-Rで全日本GT選手権に出場していたときと同様、オリジナルの4WDからFRに変更されている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たヨロズ

    サスペンションには、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアにマルチリンク式サスペンションが採用される。また、ショックアブソーバーにはビルシュタインとの共同開発による電子制御式ショックアブソーバー「Bilstein Damptronic」が採用される。大入力を支えるサスペンションメンバーはヨロズ製で、パイプを主要骨格とし高剛性化を図り、高精度のサスペンションジオメトリーおよび軽量化に寄与している。ショックアブソーバー特性はセンターコンソールのセットアップスイッチで変更することができ、高速コーナー向けの「R」、「ノーマル」、乗り心地を優先した「コンフォート」の3種類の特性が用意される。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たポルシェ

    このタイムに関してポルシェから疑惑の声が上がり、ポルシェがアメリカで購入した車両でのテストを行った結果、タイムは7分54秒となった。また同時に計測された911ターボのタイムは7分38秒、911GT2のタイムは7分34秒であった。しかし、両車はさまざまなメディアにおいて比較されており、動力性能はほぼ互角であることが明白であるため、GT-Rと911にこれほどの差がつくのは不自然である。また、北米仕様車と鈴木がタイムを更新した日本仕様車は装着するタイヤやトルクなどに違いがあるが、北米日産のニール・リーヴはそれでも25秒の差が生じるのは考えにくいと語っている。このポルシェの異議に対し、日産側はタイム計測に用いた車両が市販車であると公式に反論し日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たノバエンジニアリング

    専用部品が装着されたサーキット走行専用モデルで、NISMO大森ファクトリー、ノバエンジニアリング、ノルドリンクの3社で構成される「GT-R特約サービス工場協会」 (Authorised Servicefactory Association: ASA) で販売が行われる。車両本体価格は1,048万円で、購入にはASAにより設立された入会金100万円、年会費200万円の「The Prestige Club of GT-R」への入会が必須条件となる。2010年7月30日から同年9月20日まで受注受付が行われ、同年11月末から翌2011年3月上旬頃に生産が、3月下旬に購入者への車両の引き渡しが予定されている。サーキット専用車両のため品質保証適用外であり、専用部品部位の復元をしない限りナンバー登録はできない。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たポリフォニー・デジタル

    メーターには左から340km/hまでのスピードメーターとタコメーター、ギア数表示が装備されている。また、このR35型でもR34型スカイラインGT-Rの特徴の1つとも言えるマルチファンクションディスプレイ(MFD)を引き続き搭載、R34型に搭載されているMFDよりも大型で多機能なものとなった。MFD画面のデザインは家庭用テレビゲームであるグランツーリスモシリーズを開発しているポリフォニー・デジタルが担当した。エンジンの始動・停止は、センターコンソールにあるイグニッションボタンで行う。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

164件中 41 - 50件表示

「GT-R」のニューストピックワード