164件中 61 - 70件表示
  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たデュアルクラッチトランスミッション

    トランスミッションは非プラネタリーギア式のGR6Z30A型(通称GR6型)6速デュアルクラッチトランスミッションが搭載され、スカイライン時代とは異なり3ペダル方式のMTは海外仕様も含めて用意されない。ボルグワーナーの6プレートデュアルクラッチシステムを採用し、1速、3速、5速用と2速、4速、6速用として2つの湿式多板クラッチを備え、最速0.2秒での自動変速が可能である。なお、デュアルクラッチはボルグワーナー製のものが採用されているが、トランスミッション内部は愛知機械工業などの日産グループの企業が製造しており、組み立ては2007年10月より名古屋市の愛知機械工業永徳工場で行われる。また、センターコンソールに配されるセットアップスイッチではトランスミッションのセッティングを変更でき、素早い変速が可能な「R」モード、「ノーマル」モード、滑りやすい路面に合わせた「スノー」モードの3つが選択できる。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たイギリス

    GT-Rは同社のフェアレディZのうち350Zや370Zと同様に全世界で販売されている。R33型、R34型スカイラインの時代に各100台の台数限定ながらイギリスでスカイラインGT-Rが販売されたという前例はあるが、左ハンドルを用意した世界規模での販売はR35型GT-Rが初めてとなる。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たニュルブルクリンク

    開発はドイツのニュルブルクリンクを拠点に開発され、日本国内においては仙台ハイランドもテストコースとして利用された。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たモチュール

    GTデビューとなった2008年3月16日に鈴鹿サーキットで行われた開幕戦では圧倒的な速さを見せ、デビューウィンをXANAVI NISMO GT-R、MOTUL AUTECH GT-Rの1‐2フィニッシュで飾った(ちなみに3月15日の予選ではカルソニックインパル GT-Rが3位に入り1-3位グリッドを独占したが、同車は本戦でクラッシュしている)。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たダッジ・バイパー

    なお、ニュルブルクリンクでの市販車最速タイム記録は、後に2008年6月27日にシボレー・コルベットZR1による7分26秒04、2008年8月18日ダッジ・バイパーSRT-10による2010年現在、コース長20,832 mでの最速記録である7分22秒01に更新された。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たシボレー・コルベット

    なお、ニュルブルクリンクでの市販車最速タイム記録は、後に2008年6月27日にシボレー・コルベットZR1による7分26秒04、2008年8月18日ダッジ・バイパーSRT-10による2010年現在、コース長20,832 mでの最速記録である7分22秒01に更新された。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た乗用車

    日産・GT-R(にっさん ジーティーアール)は、2007年から日産自動車が製造・販売しているクーペ型乗用車である。生産は仕向地に関係なく、全数栃木工場が担当。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たチューニングカー

    GT-Rの整備や点検は、独自の研修を受けた認定メカニックおよび専用整備ツールが存在する「ハイパフォーマンスセンター」「GT-R特約サービス工場協会加盟店」に限られる。というのも、かつてのスカイラインGT-Rがライトチューン程度でもノーマルの2倍以上もの高出力に、ショップ級になると1000馬力超のマシンに改造されてきた実例を踏まえて、これらを防止する目的で純正のタイヤやエンジンオイルの交換まで、細部まで徹底してハイパフォーマンス・センターで行えるようにハード・ソフト共に整えられていることが特徴である。そのため、駆動部位を筆頭に指定部位の純正以外の部品を他店もしくは独自に装着した場合は保証の対象外となる。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たレクサス・LSハイブリッド

    サーキット走行を熟知したメカニックと専用の設備が必要になるため、日本国内ではハイパフォーマンスセンターの中でも7店舗のみでの販売となる。車両本体価格は1575万円で、レクサス・LS600hLを抜いて量産仕様の日本車としての最高額を更新するも、のちにレクサス・LFAが3,750万円で最高額を更新した。また、日本国外では2010年4月には欧州で40台限定でデリバリーが開始され、中東においても発売が予定されている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たレクサス・LFA

    サーキット走行を熟知したメカニックと専用の設備が必要になるため、日本国内ではハイパフォーマンスセンターの中でも7店舗のみでの販売となる。車両本体価格は1575万円で、レクサス・LS600hLを抜いて量産仕様の日本車としての最高額を更新するも、のちにレクサス・LFAが3,750万円で最高額を更新した。また、日本国外では2010年4月には欧州で40台限定でデリバリーが開始され、中東においても発売が予定されている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

164件中 61 - 70件表示

「GT-R」のニューストピックワード