164件中 71 - 80件表示
  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た日産・フェアレディZ

    GT-Rは日産車として特別な存在であるということから、本来日産車は全車車名書体をNE-01に統一しているところを、フェアレディZなどと同様、専用書体としている。また、車名ロゴはそれまでのスカイラインGT-Rに用いられていたものと同様、赤文字の「R」が「GT」の下に来るようデザインされ、そのロゴは車両後部だけではなく、フロントグリル、ステアリング、インテリジェントキーなどにも用いられている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た日産・フェアレディZ Z34

    GT-Rは同社のフェアレディZのうち350Zや370Zと同様に全世界で販売されている。R33型、R34型スカイラインの時代に各100台の台数限定ながらイギリスでスカイラインGT-Rが販売されたという前例はあるが、左ハンドルを用意した世界規模での販売はR35型GT-Rが初めてとなる。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たスピードリミッター

    ナビゲーションシステムと連動させた日本車初のスピードリミッター解除機能(国土交通省承認済み)も持つ。日産が登録した日本国内のサーキットの特定エリアに入り、ナビゲーションを操作することにより、180km/hを超えるスピードを出すことが可能である。なお、リミッターに装着されたメモリには随時、車両の速度が記憶されるようになっており、不正な手段によるリミッターカットが整備時にチェックできるシステムが取り入れられている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム

    同車両は同年度のSUPER GTのGT300クラスにNDDPの一環で、またスーパー耐久のST-GT3クラスにKONDO Racingから参戦をはたしており、前者に関しては第4戦菅生で優勝、第5戦鈴鹿で2位入賞を遂げている。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たスパ・フランコルシャン24時間レース

    2009年より、FIA GT選手権のGT1クラスに参戦することが正式に発表された。しかし、テスト的な参戦であることと、2010年から適用される新車両規定に則ってマシンが製作されたため、賞典対象外車輌としてのエントリーとなる。マシンのメンテナンスはイギリスのギガウェーブ・モータースポーツが手掛け、ミハエル・クルム、ダレン・ターナーの2人によってドライブされる。開幕戦シルバーストーン・サーキットは予選11番手からスタートしたが、リアサスペンションにトラブルが発生し、完走は果たせなかった。第2戦はスキップし、第3戦オッシャースレーベンで総合14位、そしてその後の第4戦スパ・フランコルシャン24時間レースに出場して総合13位で完走した。そして最終戦となる第8戦はクラス8位で終えた。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たアメリカ合衆国

    2008年7月7日 - 2009年モデルとして米国での販売を開始。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たマルチリンク式サスペンション

    サスペンションには、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアにマルチリンク式サスペンションが採用される。また、ショックアブソーバーにはビルシュタインとの共同開発による電子制御式ショックアブソーバー「Bilstein Damptronic」が採用される。大入力を支えるサスペンションメンバーはヨロズ製で、パイプを主要骨格とし高剛性化を図り、高精度のサスペンションジオメトリーおよび軽量化に寄与している。ショックアブソーバー特性はセンターコンソールのセットアップスイッチで変更することができ、高速コーナー向けの「R」、「ノーマル」、乗り心地を優先した「コンフォート」の3種類の特性が用意される。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た十勝24時間レース

    NISMOから2008年、パーツやMOTULの特殊オイルの開発のためにスーパー耐久の一戦である十勝24時間レースに参戦し、総合21位で完走した。前述の通りSUPER GTにおいては駆動方式をFRに変更しているため、オリジナルの4WD機構を維持した形でのレース参戦はこれが初となる。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見た日産・VRH34

    2010年からはウェイトハンディによる性能引き下げ措置を避けるために車両規則に則った新開発の3.4L VRH34A型エンジンを搭載するマシンが投入される。なお、このVRH34型エンジンは市販車のものをベースとしている。また、参戦台数は、NISMO、TEAM IMPUL、KONDO Racing各1台の3台体制となる。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たクーペ

    日産・GT-R(にっさん ジーティーアール)は、2007年から日産自動車が製造・販売しているクーペ型乗用車である。生産は仕向地に関係なく、全数栃木工場が担当。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

164件中 71 - 80件表示

「GT-R」のニューストピックワード