前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • Gmail

    Gmailから見たウィルコム

    ほとんどのWebメールサービスは携帯電話からの絵文字に対応していないが、Gmailにおいては主要携帯会社の絵文字に対応している。(2008年7月22日現在、au、NTTドコモ、Softbankからの絵文字に対応。またモバイルGmailにおいてはau、NTTドコモ、Softbank、ウィルコムに絵文字を送信できる)Gmail フレッシュアイペディアより)

  • Gmail

    Gmailから見たマイクロソフト

    Gmail(ジーメール)は、Google社によるフリーメールサービスである。2004年4月1日より提供を開始している。フリーメールでありながら1GBというサービス開始当時としては大容量である点で話題を呼んだ。WebメールとPOP3・SMTP、IMAPに対応し、自動転送も可能である。商標権の問題からイギリスやドイツではGoogle Mailに名称が変更されている。競合サービスにはマイクロソフトのWindows Live HotmailやYahoo!のYahoo!メールなどがある。Gmail フレッシュアイペディアより)

  • Gmail

    Gmailから見たYahoo!

    Gmail(ジーメール)は、Google社によるフリーメールサービスである。2004年4月1日より提供を開始している。フリーメールでありながら1GBというサービス開始当時としては大容量である点で話題を呼んだ。WebメールとPOP3・SMTP、IMAPに対応し、自動転送も可能である。商標権の問題からイギリスやドイツではGoogle Mailに名称が変更されている。競合サービスにはマイクロソフトのWindows Live HotmailやYahoo!のYahoo!メールなどがある。Gmail フレッシュアイペディアより)

  • Gmail

    Gmailから見たソフトバンクモバイル

    ほとんどのWebメールサービスは携帯電話からの絵文字に対応していないが、Gmailにおいては主要携帯会社の絵文字に対応している。(2008年7月22日現在、au、NTTドコモ、Softbankからの絵文字に対応。またモバイルGmailにおいてはau、NTTドコモ、Softbank、ウィルコムに絵文字を送信できる)Gmail フレッシュアイペディアより)

  • Gmail

    Gmailから見たSkype

    Googleアカウント同士でSkypeのような通話を行ったり、Google Voiceへの発信を行ったりすることができる。2010年8月現在、米国とカナダだけで対応している。Gmail フレッシュアイペディアより)

  • Gmail

    Gmailから見た商標権

    Gmail(ジーメール)は、Google社によるフリーメールサービスである。2004年4月1日より提供を開始している。フリーメールでありながら1GBというサービス開始当時としては大容量である点で話題を呼んだ。WebメールとPOP3・SMTP、IMAPに対応し、自動転送も可能である。商標権の問題からイギリスやドイツではGoogle Mailに名称が変更されている。競合サービスにはマイクロソフトのWindows Live HotmailやYahoo!のYahoo!メールなどがある。Gmail フレッシュアイペディアより)

  • Gmail

    Gmailから見たMicrosoft Word

    2010年6月25日にはMicrosoft Wordの文書ファイルにも対応した。ビューア画面からはGoogle Docsフォーマットでオンライン上での編集やGoogle ドキュメントへの保存が可能。Gmail フレッシュアイペディアより)

  • Gmail

    Gmailから見たau (携帯電話)

    ほとんどのWebメールサービスは携帯電話からの絵文字に対応していないが、Gmailにおいては主要携帯会社の絵文字に対応している。(2008年7月22日現在、au、NTTドコモ、Softbankからの絵文字に対応。またモバイルGmailにおいてはau、NTTドコモ、Softbank、ウィルコムに絵文字を送信できる)Gmail フレッシュアイペディアより)

  • Gmail

    Gmailから見たAjax

    Gmailは、Ajax(JavaScriptによるデータ処理と画面操作)を活用しており、それ以前のウェブメールとは大きく異なった操作性を提供している。Gmail フレッシュアイペディアより)

  • Gmail

    Gmailから見たメールマガジン

    例えば aaaa@gmail.com のアドレス所有者は、末尾に任意の文字列を付加したアドレス( aaaa+任意の文字列(数種類の記号も可)@gmail.com ) も受信用アドレスとして使用できる。たとえばメールマガジン専用の配信アドレスとして aaaa+mailmagazine@gmail.com をフィルタでメールマガジンのラベルに設定すれば、このアドレスに配信されたメールマガジンは自動的にメールマガジンのラベルがつけられる。ただし"+"の記号はメールアドレスに用いられることが少ないため、無効と判断される場合がある。受信時ではドットの有無を認識しないため、 a.a....a.a@gmail.com や、他にも aaaa@googlemail.com も受信できる。大文字を区別しないため、 AaaA@googlemail.com も受信できる( @googlemail.com に関しては、商標問題を参照)。Gmail フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「Gmail」のニューストピックワード