前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示
  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    U-30無差別級王座長期防衛の最中の2004年初め頃から、中邑真輔、柴田勝頼と共に「新・闘魂三銃士」の一人とされ、G1 CLIMAXでは、その全員が決勝トーナメント(ベスト6)へ進出する中、3人中最高の準優勝という成績を残す。12月11日、中邑とのコンビで再びIWGPタッグ王座を獲得。再改称されたIWGP・U-30無差別級王座と合わせて、IWGPの2冠王として君臨する。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2003年5月2日、新日本「アルティメット・クラッシュ」大会でヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキアと総合格闘技ルールで対戦し勝利。8月にはデビュー1年にも満たないキャリアでG1 CLIMAXへ初出場。安田、柴田勝頼から勝利を収める。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    そんな折、高山善廣とのタッグでプロレスリング・ノアの小橋建太、本田多聞が保持するGHCタッグ王座に挑戦。敗北を喫するも、奮闘を見せつけ自身の評価を上げる。その後は腰痛に苦しみ、なかなか結果を残せず。2004年8月、G1 CLIMAXに初出場を果たしたのを機にリングネームを真壁刀義に変更。10月に成瀬昌由と共に下剋上宣言を行い、トップ層との争いを目論むも頓挫。その後、成瀬がケガで欠場する間に蝶野正洋率いるブラック・ニュージャパンに加入。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2003年、これまで何度も優勝候補とさわがれながら優勝ができなかった天山は、一念発起して再びカルガリーの大剛の元で肉体改造を行い、帰国後コスチュームを変更し髪の色も黒髪に戻した(すぐに金髪に戻る)。そしてG1 CLIMAXに挑み、初戦こそ秋山準(プロレスリング・ノア)に敗れるも決勝で雪辱し優勝。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 小島聡

    小島聡から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2006年は、「チャレンジする王者」を目標に掲げていた。新日本のG1 CLIMAXへ5年ぶりに出場し準優勝。8月28日にはアパッチプロレス軍で「ストリートファイト有刺鉄線ボードデスマッチ」という試合形式のデスマッチにも挑戦した。同年の世界最強タッグ決定リーグ戦では天山とのタッグ「天コジ」を復活させ、優勝を果たした。小島聡 フレッシュアイペディアより)

  • 井上亘

    井上亘から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月にG1 CLIMAXへの初出場を果たし中西学、ジャイアント・バーナードのスーパーヘビー級相手に金星をあげ2勝4敗の結果に終わる。12月にはG・B・H所属の石井智宏と抗争劇を繰り広げた。以降、数回のシングルマッチが組まれ、2009年5月にフォールズカウント・エニウェアマッチで激突。場外に敷き詰められた椅子の山にオラシオンフレイムを叩きつける荒技を敢行。これにピンフォール勝ちを収め、抗争にピリオドを打つ。井上亘 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚高史

    飯塚高史から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2000年1月4日、橋本とのタッグで小川・村上組と対決。橋本を馬乗りパンチで攻める小川をドロップキックで駆逐するなど大活躍し、最後はスリーパーホールドで村上をKOした。この一戦がきっかけで一躍大ブレイクし、決め技となったスリーパーは前述のように彼の代名詞となった。4月7日にはシングルでも村上からスリーパーで勝利すると、7月20日に健介の持つIWGPヘビー級王座に挑戦。試合には敗れるものの、その後のG1 CLIMAXで永田裕志と大会中ベストバウトと呼ばれる試合を展開。G1タッグリーグ戦では永田と組んで初優勝と、飯塚にとって2000年は非常に実りの多い年であった。飯塚高史 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤哲也

    内藤哲也から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    同年のG1 CLIMAXにも初出場。G1終了後の10月11日に新日本エースの座を巡ってG1で引き分けに終わった棚橋と対戦するも、テキサスクローバーホールドで敗れる。内藤哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤 敬司

    武藤敬司から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    新日本プロレスにおける武藤の絶頂期は1995年と言える。この年は2月にスコット・ノートンに敗れてスランプ状態に陥ったものの、5月3日、福岡ドームで当時最多防衛記録を樹立していた橋本真也を破って第17代IWGPヘビー級王者となった。8月15日、同じく橋本真也を破り、IWGP王者としては初となるG1 CLIMAX優勝者となった。さらに、10月9日東京ドームでの新日本対UWFインターナショナルの対抗戦のメインイベントでの高田延彦戦は、敢えてこの決戦用にドラゴンスクリューからの足4の字固めという古典的な技を復活させて勝利を収めた。これらの活躍が評価されて、同年のプロレス大賞MVP。なお、G1で優勝した際の副賞としてガウンを贈呈されたのをきっかけに、以後のビッグマッチにおいてガウンを着用するようになる(普段はTシャツ姿で入場)。武藤敬司 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本真也

    橋本真也から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1993年(平成5年)、橋本は前年にグレート・ムタとしてIWGPヘビー級王座を獲得した武藤や、G1 CLIMAX2連覇を果たした蝶野と比べ、停滞気味であったが、WARの天龍源一郎と2度のシングルマッチを経て勢いを付け、9月20日、ムタを破り、第14代IWGPヘビー級王者となった。その後、藤波辰爾に敗れて王座を一度手放すものの、直後の5月1日福岡ドームのメインイベントで藤波を破って王者に返り咲き(1年後の1995年(平成7年)5月3日福岡ドームで武藤に敗れたものの、9度の当時連続防衛記録を達成)、その年の活躍が認められ、「プロレス大賞MVP」を獲得した。橋本真也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード