144件中 91 - 100件表示
  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    同年8月にG1 CLIMAXに初出場。開幕前に「初出場・初優勝を狙う」と発言し注目を集める。初戦の川田利明戦は敗北するも、その後は白星を重ね見事決勝進出を果たし、17日の決勝戦では真壁刀義と対戦。G・B・Hメンバーの介入やイス攻撃などにより流血を負いながらも最後は昇天・改で勝利。2003年7月にデビューしてからわずか5年のキャリア、そして初出場ながら“夏男”の称号を獲得した。8月31日、IWGPベルトの奪還を目標に後藤が敵地のリングにおもむき全日本プロレスでは史上2度目となるIWGPヘビー級王座戦が行われ、王者武藤敬司に挑戦。しかしムーンサルトプレスで敗退しIWGPベルト新日本への奪還に失敗した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 両国国技館

    両国国技館から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    現在では大相撲の本場所、引退相撲、NHK福祉大相撲などで相撲協会自らが使用するほか、新日本プロレスのG1 CLIMAX決勝戦に使用され、1991年から毎年11月に高専ロボコンの全国大会、1992年からは毎年全日本ロボット相撲大会が開催されるほか、毎年2月には国技館5000人の第九コンサートが行なわれている。両国国技館 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年

    2000年から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 - 佐々木健介(2回目)2000年 フレッシュアイペディアより)

  • KUSHIDA

    KUSHIDAから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月14日G1 CLIMAX最終日のセミファイナルで行われたIWGPジュニアタッグ戦終了後、当時IWGPジュニア王者だったDDTプロレスリングの飯伏幸太にIWGPジュニアの挑戦を直訴し、飯伏がこれを承諾し対戦カードが決まる。しかし、飯伏が本拠地DDTの大阪大会で古傷の左肩を脱臼した為、ベルトを返上。急遽、前王者のプリンス・デヴィットとの次期王者決定戦となった。序盤デヴィットを圧倒するも徐々に追い込まれ、最後はブラディサンデーで敗れる。KUSHIDA フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2005年、新日本プロレスのG1クライマックスにエントリーされるも、直前で川田利明に変更された(新日サイド側より「川田の方が集客力があるから」と説明を受けたとしている)。同年11月23日、U-STYLE Axisで田村潔司と対戦、腕ひしぎ十字固めで一本負け。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ワールドプロレスリング

    ワールドプロレスリングから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    この放送時間の短縮は、「年6回の特番を放送するという新日本プロレスとの条件付き」とされた。しかし、2005年現在では東京ドーム大会などのビッグマッチでも特別編成での放送は全く行われていないのが現状である。かつてはゴールデンタイムでの特番や日曜夕方の生放送特番を年数回行っていたが、2002年5月の放送を最後にプライムタイムでの特番は放送されていない。またかつてはG1 CLIMAXの決勝戦を日曜夕方にて放送していたが、こちらも2003年が最後となっている。ワールドプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • 2002年

    2002年から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 - 蝶野正洋(4回目)2002年 フレッシュアイペディアより)

  • CHAOS (プロレス)

    CHAOS (プロレス)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    新日本におけるもう一つのヒール(外敵)ユニットである鈴木軍との関わりは少ないが、G1 CLIMAXやG1 TAG LEAGUEなどのビッグマッチでは、中邑と鈴木みのるが数回対戦。本格的な軍団抗争を見せ始めたのは鈴木軍結成からおよそ1年半後の2013年初頭からである。CHAOS (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2011年1月4日、レッスルキングダムVの舞台でTNAのロブ・ヴァン・ダムと対戦。この対戦以後、ロブ・ヴァン・ダムの両手の親指で自身を指差すポーズを剽窃し「ヤノ・トー・ルー」とアピールするようになる。これをキッカケに日を追うごとにヒールでありながらコミカルな面が顕著に見られるようになり、二面性を持つレスラーとして観衆から支持を得る。8月のG1 CLIMAXの棚橋弘至戦では観客から盛大な「矢野通」コールを受け、棚橋にはブーイングが起こるという「逆転現象」が巻き起こり、その声援を背に棚橋に完勝。結果的に決勝への進出を逃すものの、5勝4敗(勝ち点10点)という好成績をマークし、存在確立による「バイプレーヤー」脱却の期待を見せた。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年

    1994年から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 蝶野正洋(3回目)1994年 フレッシュアイペディアより)

144件中 91 - 100件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード