177件中 91 - 100件表示
  • nWoジャパン

    nWoジャパンから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    新日本プロレスでは橋本真也、佐々木健介らが本隊の中心としてnWo軍と抗争することになる。G1 CLIMAXでは健介が、IWGP王座でも橋本がnWoメンバーの挑戦を退ける。蝶野とムタはWCW、新日本を行き来していたため、2人が抜けた時は圧倒的に不利な状況であった。さらにムタがメンバーとの仲間割れにより一時期離脱し、nWo解散の危機が生じるも、1997年9月に武藤としてnWoに加入することになる。10月にはnWoタイフーンなる新シリーズをも開催し、そこで蝶野・武藤のタッグでIWGPタッグ王座の奪取に成功した。また、年末のSGタッグリーグでも優勝を果たしている。IWGPヘビー級王座の奪取には失敗したものの、蝶野は1997年度のプロレス大賞MVPを獲得するなど勢いはnWoにあった。nWoジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2002年、プロレスリング・ノアに一日トレードの形で出場し、志賀賢太郎と対戦。2003年にはノアの秋山準とG1 CLIMAXで対戦し勝利している。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • イノキ・ゲノム・フェデレーション

    イノキ・ゲノム・フェデレーションから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    因みにIGF WORLD GPを「IWGP」、GENOME-1を「G-1」と略しているが、新日本プロレスのそれとは無関係である。イノキ・ゲノム・フェデレーション フレッシュアイペディアより)

  • リコシェ (プロレスラー)

    リコシェ (プロレスラー)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2015年6月21日、DRAGON GATE神戸ワールド記念ホール大会に向けての参戦3選手「X・Y・Z」の「X」としてCIMA、ドン・フジイに呼び込まれる形で登場。ユニットとしてはMONSTER EXPRESSのままでありつつ、CIMAら無所属ともタッグを組む。7月3日、新日本プロレス後楽園ホール大会に突如現れ、IWGPジュニアヘビー級王座戦を控えたケニー・オメガとKUSHIDAに対し、次期挑戦者として名乗りを上げた。8月16日、G1 CLIMAX 25にてIWGPジュニアヘビー級王座を保持するKUSHIDAに挑戦。空中殺法で追い込むがKUSHIDAのグラウンドテクニックで体力を消耗させられると最後にホバーボードロックを極められギブアップした。10月、SUPER Jr. TAG TOURNAMENTにマット・サイダルと組んで出場。1回戦でタイム・スプリッターズ(KUSHIDA & アレックス・シェリー)、準決勝でヤング・バックス(マット・ジャクソン & ニック・ジャクソン)を破り、11月7日のPOWER STRUGGLEにて決勝をロッポンギ・バイス(ロッキー・ロメロ & バレッタ)と対戦。最後にバレッタにエア・サイダルを決めて勝利し、優勝を飾った。リコシェ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • プロレス中継

    プロレス中継から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    WPWは全国のネット局で放送枠がバラバラであったものの、ドーム大会になるとゴールデン枠で、真夏の祭典「G1 CLIMAX」決勝戦は日曜夕方(高校野球優先のABCテレビだけは時差放送)で、それぞれ特番を放送していた。しかし他局が「K-1」や「PRIDE」など他の格闘技番組を次々と放送するようになったことや、いわゆるビッグマッチでのプロレス中継における度重なる乱闘劇やノーコンテスト判定、および昨今のバラエティ番組によく見られるテイストをゴールデンでの中継に導入したことから、次第にファンや俗に言う「一見さん」がプロレス中継から離れていくこととなり、テレビ朝日は2002年5月のドーム大会以降ゴールデン枠での特番から撤退。G1決勝戦特番も2003年を最後に全国ネットから外れてしまった。2004年4月からは放送時間が1時間から30分に短縮されてしまう。プロレス中継 フレッシュアイペディアより)

  • 平澤光秀

    平澤光秀から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、G1 CLIMAXに初出場、矢野通戦では試合開始後にリングの真ん中に寝転がった。その矢野との場外戦ではハンマーで矢野がヒデオの頭を攻撃したとき、ヒデオがゴングで防ぎ「カーン」と鳴って観客の失笑を誘い、内藤哲也戦ではスーパー・ストロング・マシンのコスチュームとマスクで現れ、高山善廣戦では虫取り少年のようなコスチューム(麦わら帽子・ランニンシャツ・短パン・虫取り網・虫篭)で登場した。虫とり網を高山の頭に被せるなど、奇行に拍車が掛かる。同ブロックの殆どの選手に負け「楽な試合」「リーグ戦の中休み」など言われたが、最終日の永田戦は入場直前の控え室で永田を襲撃し、腕固めを切り返してのカリビアン・デス・グリップで大会中唯一の勝利を収めると共に永田の決勝戦進出を阻んだ。平澤光秀 フレッシュアイペディアより)

  • スティング (プロレスラー)

    スティング (プロレスラー)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    9月、新日本プロレスに参戦。G1 CLIMAX Specialにて行われたJapan USオールスタートーナメントに出場するが準決勝で越中詩郎と対戦して敗戦した。スティング (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ROH

    ROHから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    近年では新日本と深い友好関係にあり、互いの所属選手をPPV等の大型興行に参戦させる関係となっている。特にROHからの参戦は頻繁で、G1 CLIMAXやBEST OF THE SUPER Jr.等の長期シリーズに参加するROH所属選手も多い。ROH フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ斎藤

    ヒロ斎藤から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2000年にG1 CLIMAXに初出場。予選リーグでは全試合で両者リングアウトを予告、実現させ、リーグ戦を荒らした(その中には優勝者の佐々木健介、当時の同士であった小島聡も含まれる)。これに影響を受けた望月成晃は闘龍門のリングにおいて「両者リングアウト推進委員会」を宣言する。ヒロ斎藤 フレッシュアイペディアより)

  • 座布団の舞

    座布団の舞から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX…同じく両国国技館で開催される新日本プロレスの夏季トーナメント大会。第一回大会で蝶野正洋が優勝した際、大量の座布団が投げ込まれた。以降の大会では座布団の使用が禁止された。座布団の舞 フレッシュアイペディアより)

177件中 91 - 100件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード