177件中 111 - 120件表示
  • KUSHIDA

    KUSHIDAから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    4月3日、NEW DIMENSIONにて真壁刀義とタッグを組み、小島聡 & TAKAみちのく組を相手に新日本所属デビュー戦を行ったが、TAKAのみちのくドライバーIIに敗れた。8月14日、G1 CLIMAX最終日のセミファイナルで行われたIWGPジュニアタッグ戦終了後、IWGPジュニアヘビー級王者である飯伏幸太に同王座への挑戦を直訴し、飯伏がこれを承諾し対戦カードが決まる。しかし、飯伏が古傷の左肩を脱臼したために王座を返上。急遽、IWGPジュニア王座決定戦として、9月19日に前王者のデヴィットと対戦。序盤デヴィットを圧倒するも徐々に追い込まれ、最後はブラディサンデーに敗れた。11月12日のPOWER STRUGGLEでは、タイガーマスクと共にIWGPジュニアタッグ王座を保持するノー・リモーズ・コープス(デイビー・リチャーズ & ロッキー・ロメロ)と対戦したがコントラクトキラーに敗れた。KUSHIDA フレッシュアイペディアより)

  • 田中将斗

    田中将斗から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2009年、中邑真輔率いるヒールユニット「CHAOS」に加入。またFMW時代の盟友である邪道、外道と3人で「コンプリート・プレーヤーズ」を再始動させる。新日本プロレス「G1 CLIMAX」にも出場した。田中将斗 フレッシュアイペディアより)

  • 我闘雲舞

    我闘雲舞から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月15日と19日、「Gatoh-meet8」にて初のトーナメント戦「ガトヌンクライマックス(「ヌン」はタイ語で「1」。直前まで開催された新日本プロレスの大会「G1 CLIMAX」の捩り)」を開催。我闘雲舞 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    ノア入団後の2016年1月よりGHCヘビー級王者の杉浦貴への挑戦を狙うつもりでいた。しかし、王者・杉浦への挑戦の条件として鈴木軍から鈴木みのるとのシングル戦の勝利(敗北の場合は鈴木軍加入)が提示された。2月24日後楽園ホール大会のメインイベントで鈴木とシングル戦を行い、垂直落下式ブレーンバスター(この後、「ヴァーティカル・スパイク」と命名)で鈴木を撃破し、3月19日の後楽園ホール大会で杉浦への挑戦が決定したが敗北した。7月、新日本プロレスのG1 CLIMAXにも初参戦。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 新甲虫王者ムシキング

    新甲虫王者ムシキングから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    新日本プロレス『G1 CLIMAX 26』とのコラボレーションで、2016年8月12日から8月14日まで開催された両国国技館大会において、新日本プロレス所属4選手(オカダ・カズチカ、内藤哲也、棚橋弘至、中西学)の写真が入ったデザインのムシカードが配布された。新甲虫王者ムシキング フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本

    1996年の日本から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝:長州力(初優勝)1996年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・アンダーセン

    ジョン・アンダーセンから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2010年より新日本プロレスに参戦、ニュージャパン・カップ・G1 CLIMAX・G1 TAG LEAGUE(パートナーは中西学とのマッスルオーケストラ)にエントリー。同年のプロレス大賞で最優秀タッグチーム賞を中西学と受賞した。ジョン・アンダーセン フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たG1クライマックスG1 CLIMAX

    全日本時代とは異なり、他団体との交流戦にも積極的に出場。新日本プロレスの永田裕志と団体の垣根を越えた信頼関係を築き、2002年1月の新日本東京ドーム大会ではメインでGHCヘビー戦を行い、永田に勝利した。2003年には新日本のG1クライマックスに参戦し決勝戦に進出するも、天山広吉に敗れた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • アクトシティ浜松

    アクトシティ浜松から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    展示イベントホールはプロレス興行で使用される例が多く、新日本プロレスが2013年8月1日に『2013 G1 CLIMAX』開幕戦を開催している。アクトシティ浜松 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    それ以後定期的に新日本のリングに上がるようになり、7月には棚橋弘至の保持するIWGPヘビー級王座にNOAH勢で初めて挑戦するも敗退。8月にはG1 CLIMAXにも出場した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

177件中 111 - 120件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード