144件中 121 - 130件表示
  • 秋山準

    秋山準から見たG1クライマックスG1 CLIMAX

    全日本時代とは異なり、他団体との交流戦にも積極的に出場。新日本プロレスの永田裕志と団体の垣根を越えた信頼関係を築き、2002年1月の新日本東京ドーム大会ではメインでGHCヘビー戦を行い、永田に勝利した。2003年には新日本のG1クライマックスに参戦し決勝戦に進出するも、天山広吉に敗れた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月6-15日に行われた新日本プロレスのG1 CLIMAXに初出場。4勝2敗1分けで9点を獲得し、Bブロック2位タイの成績をおさめた。同月22日、ノアの有明コロシアム大会にて、G1で30分時間切れ引き分けとなった新日本の中邑真輔と再戦、変形ゴー・フラッシャーで中邑に勝利した。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1週間前の10・11日には新日本プロレス「G1 CLIMAX」も両国2daysで開かれることが発表されている。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 蝶野正洋(5回目)2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年

    1996年から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝:長州力(初優勝)1996年 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年

    1993年から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 藤波辰爾(初優勝)1993年 フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ斎藤

    ヒロ斎藤から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2000年にG1 CLIMAXに初出場。予選リーグでは全試合で両者リングアウトを予告、実現させ、リーグ戦を荒らした(その中には優勝者の佐々木健介、当時の同士であった小島聡も含まれる)。これに影響を受けた望月成晃は闘龍門のリングにおいて両者リングアウト推進委員会を宣言する。ヒロ斎藤 フレッシュアイペディアより)

  • 石澤常光

    石澤常光から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2005年4月、長年に渡って犬猿の仲だった中西と電撃和解を果たし、永田と藤田和之も加えて「チーム・ジャパン(TJ)」を結成。さらにTJ内で中西とお揃いの迷彩コスチュームのタッグチーム「ワイルド・ソルジャーズ」も結成。これを機にヘビー級戦線にも本格参戦するようになり、同年夏のG1 CLIMAXに初出場を果たした。決勝トーナメント進出はならなかったが、予選リーグで川田利明に勝利を収めた。石澤常光 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 天山広吉(2回目)2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・マシューズ

    ダレン・マシューズから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1994年6月には新日本プロレスに初来日。同年8月24日にはWCWマットでアントニオ猪木ともシングルマッチを行った。1995年4月の再来日では橋本真也のIWGPヘビー級王座にも挑戦。橋本のフィニッシャーである垂直落下式DDTを返しており、日本でも高い評価を得た(2005年に橋本が死去したため、現在唯一この技を返したレスラーとなっている)。以降も新日本の常連外国人選手となり、1997年8月にはG1クライマックスに初出場している。ダレン・マシューズ フレッシュアイペディアより)

144件中 121 - 130件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード