144件中 11 - 20件表示
  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1989年10月に新日本に戻ってからは、1990年2月10日に新日本プロレス2度目の東京ドーム興行のメインイベントにおいて、橋本真也とのタッグでアントニオ猪木・坂口征二組と対戦し、4月27日に武藤敬司とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得、12月26日に師匠であるルー・テーズを破った(この試合がテーズの最後の試合となった)。翌1991年、新日本プロレスの夏期興行G1 CLIMAXの第1回大会において素晴しいパフォーマンスを見せた蝶野はメインイベンターとしての地位を確立した(決勝では武藤を破り優勝)。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • オカダ・カズチカ

    オカダ・カズチカから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月15日、G1 CLIMAXにおいて、グリーンミストで反則負けを繰り返すTAJIRIに対し「G1をなめている」と対戦を要求。翌8月16日に対戦カードが組まれたが、グリーンミストを使われること無く惨敗。オカダ・カズチカ フレッシュアイペディアより)

  • アルヴィン・バーク・ジュニア

    アルヴィン・バーク・ジュニアから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、G1 CLIMAXに初出場。中邑真輔、後藤洋央紀に勝利するという快挙を見せるも、最終戦のカール・アンダーソンに敗れ、決勝進出は実現しなかったが、6勝3敗(勝ち点12点)という好成績をマークした。アルヴィン・バーク・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオン・カーニバル (プロレス)

    チャンピオン・カーニバル (プロレス)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    チャンピオン・カーニバルとG1 CLIMAX2冠制覇 - 武藤敬司(2002年、2004年、2007年。G1は1995年)、佐々木健介(2005年。G1は1997年と2000年)、小島聡(2003年。G1は2010年)、永田裕志(2011年。G1は2001年)チャンピオン・カーニバル (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 渕正信

    渕正信から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    同年8月の新日本プロレスG1 CLIMAX大会において、スーツ姿でリングに上がり「30年の長い間、全日本プロレスと新日本プロレスとの間には、厚い壁がありました。今日、その壁をぶち破りに来ました。全日本プロレスは選手2人しかいませんが、看板の大きさとプライドは新日本に負けてはいない!」と歴史に残るマイクアピールを行い、新日本プロレス現場責任者(当時)の長州力と固い握手を交わした。またこのとき現れた蝶野正洋が「ここはテメェの上がるリングじゃねぇんだオラ! とっとと降りろ!」と激怒して帽子を投げつけたが渕は余裕綽々の態度を崩さず、蝶野の帰り際には「蝶野、忘れ物だ」と帽子を放り返し、格負けしない振る舞いを見せ付けた。最後には「我々は逃げも隠れもしない! 蝶野、来るなら来い!」「新日本プロレスのファンの皆様、どうも大変お騒がせしました」としめくくったことから、会場からは異例の大フッチーコールが沸き起こった。渕正信 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1994年11月23日に、茜ちよみの『ひたむきに ひたすらに・・・そして愛』のカップリング曲『縁は異なもの味なもの』で、茜ちよみとのデュエットでシングルCD・カセットをリリースしている。12月からは再び素顔の佐々木健介としての活動がメインとなり、1997年には第30代IWGPタッグ王座を奪取(パートナーは長州力)。また、8月にはG1クライマックス初優勝、第32代IWGPタッグ王座奪取(パートナーは山崎一夫)、さらに橋本真也を倒し第20代IWGPヘビー級王座に就き、史上初の新日本プロレスタイトル3冠制覇を達成した。2000年には1月4日の東京ドーム大会で2度目となるIWGPヘビー級王座を天龍源一郎から奪取、また同年のG1クライマックスにも2度目の優勝を果たしたが、これは1995年大会の武藤敬司以来2人目となる、IWGPヘビー級王者としてのG1制覇であった。同年10月には全日本プロレス代表として乗り込んできた川田利明と新日本プロレスの代表として対戦するも敗北し、IWGP王座を返上した。翌2001年年1月4日の東京ドーム大会では前年に佐々木自身が返上し空位となっていたIWGPヘビー級王座の新王者決定トーナメントが開催され、決勝戦で川田と対戦して勝利し、前年10月の雪辱を果たすとともに3度目のIWGPヘビー級王座獲得を果たした。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • 天コジ

    天コジから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2005年、天山はIWGPヘビー級チャピオンとして、小島は三冠ヘビー級チャンピオンとして史上初の四冠統一戦のリングで向かい合った。試合は59分45秒で天山が脱水症状を起こしKO負け、小島が初の四冠王に輝いた(その後IWGP王座はリターンマッチが行われ天山が王座奪回)。2006年にはG1 CLIMAXに小島が出場。大会前に「眼中に無い」と言われ発奮した天山と決勝を戦い天山が優勝。この決勝での激闘を通じて二人は互いに歩み寄るようになりその年の世界最強タッグ決定リーグ戦に天コジとして出場し見事優勝を果たした。天コジ フレッシュアイペディアより)

  • ムーンサルトプレス

    ムーンサルトプレスから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    獣神サンダー・ライガーが金本浩二戦で一度だけ披露した技。当初は名称だけが先に伝わり、技の全貌が明らかでない時期があったため「幻の必殺技」とも呼ばれた。リング外を向いたまま後ろ向きにジャンプし、体を左方向180度捻った後、270度前方回転し更に180度左方向に錐揉み回転させてプレスする。元々ライガーが『獣神ライガー』を名乗る前にすでにスターダスト・プレスを完成させていたが、プロレス誌の記者一人に新日本の道場内でしか見せた事が無かった。しかしライガーが披露するより前に、他団体のハヤブサが同形の技を披露してしまったため、また違った形のスターダスト・プレスを編み出したという経緯がある。金本との試合後にライガーは「僕の(スターダスト・プレス)はこれでいいです」と語り、ハヤブサのフェニックス・スプラッシュと区別を付けた。2004年のG1 CLIMAXで佐々木健介がこの大会のみで使用した事がある。ライガーが使用して以来長らく使い手が現れなかったが、同じ新日本の後輩にあたる内藤哲也が会得しここ一番の大技として使用する。ムーンサルトプレス フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2005年(平成17年)には新日本プロレスの提案により、全日本の三冠ヘビー級王座と新日本のIWGPヘビー級王座それぞれのベルトを賭けた、史上初のWタイトルマッチが両国国技館で行われ、小島聡が天山広吉を破り四冠統一王者になったが、5月に天山に敗れてIWGPヘビー級王座から転落。翌年には新日本プロレスG1 CLIMAX 2006に、5年ぶり7度目の出場をしたが、決勝で天山に敗れて準優勝に終わった。その後、小島と天山は共闘することになり、年末の世界最強タッグ決定リーグ戦では、2003年1月4日以来の「天コジタッグ」を復活させて優勝を果たした。全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • TUBE

    TUBEから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    新日本プロレスのG1 CLIMAX2004で金本浩二選手の入場曲にTUBEの涙を虹にが使用された。TUBE フレッシュアイペディアより)

144件中 11 - 20件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード