177件中 11 - 20件表示
  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    そんな折、高山善廣とのタッグでプロレスリング・ノアの小橋建太、本田多聞が保持するGHCタッグ王座に挑戦。敗北を喫するも、奮闘を見せつけ自身の評価を上げる。2004年8月、G1 CLIMAXに初出場を果たしたのを機に、リングネームを真壁刀義に変更。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • BULLET CLUB

    BULLET CLUBから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、デヴィット、アンダーソンがG1 CLIMAXに出場するも、両者共に予選落ちに終わった。BULLET CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、第1回「G1 CLIMAX」を開催。優勝は蝶野正洋。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、G1 CLIMAX(以降G1)に初出場。開幕前に「初出場・初優勝を狙います」と発言し注目を集めた。初戦の川田利明戦は敗北するも、その後は白星を重ね見事決勝進出を果たし、17日の決勝戦では真壁刀義と対戦。後藤も真壁らG・B・Hメンバーの介入やイス攻撃などにより流血を負いながらも、最後は昇天・改で勝利した。なお、後藤は史上最短キャリアでのG1優勝という新記録を打ち立てた。8月31日、IWGPベルトの奪還を目標に敵地のリングにおもむき、全日本プロレスでは史上2度目となるIWGPヘビー級王座戦が行われ、王者・武藤敬司に挑戦した。しかし、武藤のムーンサルトプレスで敗退し、奪還に失敗した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2003年5月2日、新日本「ULTIMATE CRUSH」大会でヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキアと総合格闘技ルールで対戦し勝利。8月にはデビュー1年にも満たないキャリアでG1 CLIMAXへ初出場。安田、柴田勝頼から勝利を収める。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1989年10月に新日本に戻ってからは、1990年2月10日に新日本プロレス2度目の東京ドーム興行のメインイベントにおいて、橋本真也とのタッグでアントニオ猪木・坂口征二組と対戦し、4月27日に武藤敬司とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得、12月26日に師匠であるルー・テーズを破った(この試合がテーズの最後の試合となった)。翌1991年、新日本プロレスの夏期興行G1 CLIMAXの第1回大会において素晴しいパフォーマンスを見せた蝶野はメインイベンターとしての地位を確立した(決勝では武藤を破り優勝)。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • テンコジ

    テンコジから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2005年、天山はIWGPヘビー級チャンピオンとして、小島は三冠ヘビー級チャンピオンとして史上初の四冠統一戦のリングで向かい合った。試合は59分45秒で天山が脱水症状を起こしKO負け、小島が初の四冠王に輝いた(その後IWGP王座はリターンマッチが行われ天山が王座奪回)。2006年にはG1 CLIMAXに小島が出場。大会前に「眼中に無い」と言われ発奮した天山と決勝を戦い天山が優勝。この決勝での激闘を通じて二人は互いに歩み寄るようになりその年の世界最強タッグ決定リーグ戦にテンコジとして出場し見事優勝を果たした。テンコジ フレッシュアイペディアより)

  • アルヴィン・バーク・ジュニア

    アルヴィン・バーク・ジュニアから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、G1 CLIMAXに初出場。中邑真輔、後藤洋央紀に勝利する快挙を遂げるも、最終戦のカール・アンダーソンに敗れ、予選落ち。6勝3敗(勝ち点12点)という好成績をマークした。アルヴィン・バーク・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1994年11月23日に、茜ちよみの『ひたむきに ひたすらに・・・そして愛』のカップリング曲『縁は異なもの味なもの』で、茜ちよみとのデュエットでシングルCD・カセットをリリースしている。12月からは再び素顔の佐々木健介としての活動がメインとなり、1997年には第30代IWGPタッグ王座を奪取(パートナーは長州力)。また、8月にはG1クライマックス初優勝、第32代IWGPタッグ王座奪取(パートナーは山崎一夫)、さらに橋本真也を倒し第20代IWGPヘビー級王座に就き、史上初の新日本プロレスタイトル3冠制覇を達成した。2000年には1月4日の東京ドーム大会で2度目となるIWGPヘビー級王座を天龍源一郎から奪取、また同年のG1クライマックスにも2度目の優勝を果たしたが、これは1995年大会の武藤敬司以来2人目となる、IWGPヘビー級王者としてのG1制覇であった。同年10月には全日本プロレス代表として乗り込んできた川田利明と新日本プロレスの代表として対戦するも敗北し、IWGP王座を返上した。翌2001年1月4日の東京ドーム大会では前年に健介自身が返上し空位となっていたIWGPヘビー級王座の新王者決定トーナメントが開催され、決勝戦で川田と対戦して勝利し、前年10月の雪辱を果たすとともに3度目のIWGPヘビー級王座獲得を果たした。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋裕二郎

    高橋裕二郎から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    その後、内藤と抗争を展開し6月18日、DOMINION6.18の舞台で内藤とシングルマッチで対戦し、東京ピンプスで快勝を収める。8月のG1 CLIMAXでは公式戦で再び内藤と対戦し勝利を収めたが、9月19日神戸大会で敗北。対内藤戦における戦績で初の黒星を喫した。高橋裕二郎 フレッシュアイペディアより)

177件中 11 - 20件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード