144件中 21 - 30件表示
  • 高山善廣

    高山善廣から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月8日、G1 CLIMAXリーグ戦・大阪府立体育会館での佐々木健介戦後、脳梗塞(当初の発表は脳血栓)で倒れ長期戦線離脱となった。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

  • 金本浩二

    金本浩二から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2003年11月3日の村上和成戦で負傷。2004年はG1 CLIMAXにも初出場した。金本浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2001年、「G1 CLIMAX」決勝戦で武藤敬司を破り「G1」初優勝。同年10月8日には秋山準(プロレスリング・ノア)とタッグを組み武藤敬司&馳浩組に勝利した。また、この試合をきっかけに新日本内でのスターダムを駆け上がっていくことになる。この年の12月31日、総合格闘技初参戦となったINOKI BOM-BA-YE 2001でミルコ・クロコップと対戦。1R21秒左ハイキックを受け、レフェリーストップによるTKO負け。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 藤波 辰爾

    藤波辰爾から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1993年8月7日、両国国技館で馳浩を破りG1 CLIMAX優勝。藤波辰爾 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、第1回G1 CLIMAX開催。優勝は蝶野正洋。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • TAJIRI

    TAJIRIから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2009年8月、G1クライマックスに出場。ジャイアント・バーナードと本間朋晃、棚橋に勝利しそれ以外はグリーンミストによる反則負けとなり予選リーグ敗退。この大会での本間戦では入場曲を利用して本間の背後から襲撃、グリーンミストからのバズソーキックで3秒殺に成功している。また、棚橋戦では持ち前の幻惑殺法で棚橋の額を流血させ、グリーンミストとバズソーキックで勝利。試合後に棚橋の「愛してまーす」をマイクで行い、直後にリングに上がって来た管林直樹新日本プロレス社長をグリーンミストで襲うなど、やりたい放題でTAJIRI流を貫いた。TAJIRI フレッシュアイペディアより)

  • 越中詩郎

    越中詩郎から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    獣神サンダー・ライガーらの台頭や自身のウェイトアップによりヘビー級に戦いの場を移す。ドラゴンボンバーズへ入るも誠心会館との抗争に関して新日本プロレス選手会と対立しヒールに転向。頭を剃り上げて反選手会同盟(のちの平成維震軍)を結成し、一躍中堅からトップ戦線へ踊り出る。この時期、1995年のG1 CLIMAX初戦でIWGP王者(当時)武藤敬司を破るという実績も挙げている。越中詩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田和之

    藤田和之から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2005年、G1 CLIMAXに出場し、準優勝。藤田和之 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス四天王

    プロレス四天王から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    元々2002年頃から棚橋、中邑、柴田勝頼の三人が「新・闘魂三銃士」として売り出されたがあまり定着しないまま柴田が退団し、後に天山広吉追放後のG・B・Hリーダーとして新日本の内外で暴れ回る真壁、2008年のG1 CLIMAXで初出場・初優勝を果たし注目を集めた後藤を加えた四人が「四天王」と呼ばれるようになり、徐々に定着している。プロレス四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 安田拡了

    安田拡了から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2006年、「G1 CLIMAX」の開催前にスポーツニュースウェブサイトにて、「棚橋弘至と永田裕志の2人は9分9厘 決勝リーグに勝ち上がってくるだろう」と述べたものの、2人とも予選リーグで敗退した。安田拡了 フレッシュアイペディアより)

144件中 21 - 30件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード