177件中 21 - 30件表示
  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    今回の大会で数えること20回目を迎えた新春恒例東京ドーム大会。前年のG1 CLIMAXにおいて新日本に復帰した小島聡が、史上初となる新日本所属外選手として優勝を果たし、立て続けにIWGPヘビー級王座を奪取。新日本所属選手が負け尽くす中、“新日本プロレスのエース”として棚橋弘至 が名乗りを上げ、2年振りに東京ドーム大会のメインイベントに抜擢される。セミファイナルでは、昨年11月の試合でテーブルブレーンバスターを喰らい、頚椎に負傷を負った真壁刀義が、原因の根源ともいえるZERO1の田中将斗とリベンジマッチを敢行。さらに、DDTプロレスリングから飯伏幸太が初参戦し、プリンス・デヴィットが保持するIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • ファーガル・デヴィット

    ファーガル・デヴィットから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    6月19日、IWGPジュニアヘビー級選手権試合で丸藤を破り初めてJr.ヘビー王者を獲得した。8月、G1 CLIMAXに初めて出場した。ファーガル・デヴィット フレッシュアイペディアより)

  • 武藤 敬司

    武藤敬司から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1995年2月にスコット・ノートンに敗れてスランプ状態に陥ったものの、5月3日、福岡ドームで当時最多防衛記録を樹立していた橋本真也を破って第17代IWGPヘビー級王者となった。8月15日、同じく橋本真也を破り、IWGP王者としては初となるG1 CLIMAX優勝者となった。さらに、10月9日東京ドームでの「激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争」のメインイベントでの高田延彦戦は、敢えてこの決戦用にドラゴンスクリューからの足4の字固めという古典的な技を復活させて勝利を収めた。これらの活躍が評価されて、同年のプロレス大賞MVP。なお、G1で優勝した際の副賞としてガウンを贈呈されたのをきっかけに、以後のビッグマッチにおいてガウンを着用するようになる(普段はTシャツ姿で入場)。武藤敬司 フレッシュアイペディアより)

  • カール・アンダーソン (プロレスラー)

    カール・アンダーソン (プロレスラー)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、G1 CLIMAXの最終戦で棚橋弘至を下し、外国人選手としては第2回のリック・ルード以来となる決勝進出を果たす。決勝戦でオカダ・カズチカと対峙するも、準優勝に終わる。それから程なくしてIWGPヘビー級王座挑戦権利証を賭けた試合でオカダとのリターンマッチが組まれるも、ここでも敗北を喫する。カール・アンダーソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 渕正信

    渕正信から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    同年8月の新日本プロレスG1 CLIMAX大会において、渕はスーツ姿でリングに上がり「30年の長い間、全日本プロレスと新日本プロレスとの間には、厚い壁がありました。今日、その壁をぶち破りに来ました。全日本プロレスは選手2人しかいませんが、看板の大きさとプライドは新日本に負けてはいない!」と歴史に残るマイクアピールを行い、新日本プロレス現場責任者(当時)の長州力と固い握手を交わした。またこのとき現れた蝶野正洋が「ここはテメェの上がるリングじゃねぇんだオラ! とっとと降りろ!」と激怒して被っていた帽子を投げつけたが渕は余裕綽々の態度を崩さず、蝶野の帰り際には「蝶野、忘れ物だ」と帽子を放り返し、格負けしない振る舞いを見せ付けた。最後には「我々は逃げも隠れもしない! 蝶野、来るなら来い!」「新日本プロレスのファンの皆様、どうも大変お騒がせしました」としめくくったことから、会場からは異例の大「フッチー」コールが沸き起こった。渕正信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺高章

    渡辺高章から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    5月3日、レスリングどんたく2016にて後藤と対戦、EVILも序盤から場外戦になると鉄柵への攻撃を何度も繰り返して怯ませると椅子を首に掛けてもうひとつの椅子で殴打してダメージを負わせる。しかし、リングに入ると後藤は復活し打撃戦へと展開するが、EVILも後藤の攻撃を受け止めるとカウンターのラリアット、ローリングエルボーへと繋げるとダークネスフォールズで追撃。そして最後にEVILを決めて完勝した。G1 CLIMAXにも初出場したが、4勝5敗で終わった。渡辺高章 フレッシュアイペディアより)

  • ファレ・シミタイトコ

    ファレ・シミタイトコから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    6月22日、DOMINION6.21のメインイベントに登場する。ファレ自身、初となるタイトルマッチに臨み中邑の保持するIC王座に初挑戦し、バッドラックフォールで中邑からピンフォール勝ちを収め第9代王者に戴冠した。7月、G1 CLIMAXにIC王者として初出場を果たすも8月8日の公式リーグ最終戦にて中邑に敗戦し、予選落ちに終わった。9月21日、DESTRUCTION in KOBEにて、IC王座の初防衛戦として中邑と対戦したが敗戦し、王座から陥落した。ファレ・シミタイトコ フレッシュアイペディアより)

  • アレン・ジョーンズ

    アレン・ジョーンズから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    7月より開催されたG1 CLIMAX 24にBブロックにエントリー。勝ち点16で同ブロックのオカダと並ぶが直接対決で敗戦しているためにオカダが予選通過となり、決勝へ進む事ができなかった。11月、WORLD TAG LEAGUE 2014に高橋裕二郎と組んでAブロックにエントリー。勝ち点8で予選落ちとなった。11月15日、ニュージャージー州を拠点とするJAPW(Jersey All Pro Wrestling)のJAPW 18th Anniversary Showにてマット・サイダルと対戦。最後にスタイルズクラッシュを決めて勝利。12月19日、ニューヨーク州を拠点とするHOG(House Of Glory)のPhenomenal ShowdownにてHOGヘビー級王座を保持するリコシェに挑戦。飛び技で観客を魅了するが20分の時間切れで引き分けという結果に終わった。アレン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 橋本真也

    橋本真也から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1993年(平成5年)、橋本は前年にグレート・ムタとしてIWGPヘビー級王座を獲得した武藤やG1 CLIMAX2連覇を果たした蝶野と比べ、停滞気味であったがWARの天龍源一郎と2度のシングルマッチを経て勢いを付け、9月20日、ムタを破り第14代IWGPヘビー級王者となった。その後、藤波に敗れて王座を一度手放すものの、直後の5月1日福岡ドームのメインイベントで藤波を破って王者に返り咲き(1年後の1995年(平成7年)5月3日福岡ドームで武藤に敗れたものの、9度の当時連続防衛記録を達成)、その年の活躍が認められ「プロレス大賞MVP」を獲得した。橋本真也 フレッシュアイペディアより)

  • 中西学

    中西学から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1996年9月に凱旋帰国し、1997年に小島聡とのタッグ、ブル・パワーズとしてIWGPタッグ王座を獲得するなど小細工なしの直線的なパワーファイトでタッグ戦線を中心に活躍する。一方でG1 CLIMAXに1回戦敗退で終えるなど、シングルでの戦績は不振に陥っていたが、1999年のG1では公式リーグ戦をトップで通過して決勝トーナメントに進出。準決勝戦で橋本真也を下し、決勝戦で武藤敬司からアルゼンチン・バックブリーカーで勝利を収め初優勝を果たし、第三世代として初の栄冠を手にした。その後、同世代の永田裕志と共にIWGPタッグ王座に2度目の戴冠を果たすと、同じく同世代のテンコジ(天山広吉 & 小島聡)と抗争に明け暮れ、幾度となくタイトルマッチで対戦していった。中西学 フレッシュアイペディアより)

177件中 21 - 30件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード