144件中 31 - 40件表示
  • 逆エビ固め

    逆エビ固めから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    日本では力道山時代から多くのレスラーによって使用されてきた非常にポピュラーな技であり、日本プロレスでは豊登、全日本プロレスではジャンボ鶴田、新日本プロレスでは、坂口征二や藤波辰爾等がよく使用していた。また、ジャイアント馬場も日本プロレス時代にはよく使用していた。藤原喜明はマットに頭を付け倒立し、身体を反転させて抱えられた脚をクロスした状態から相手を投げ飛ばすという返し技を開発して使っていた。平成以降では佐々木健介が2000年夏のG1 CLIMAX決勝においてフィニッシュとして使用、中西学を下して注目を集めた。逆エビ固め フレッシュアイペディアより)

  • エル・イホ・デル・リスマルク

    エル・イホ・デル・リスマルクから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2005年7月、メキシコ版G1 CLIMAXの『レジェンダ・デ・アズル』(Leyenda de Azul / 青い伝説)に優勝。同年8月と9月には新日本プロレスに来日している。エル・イホ・デル・リスマルク フレッシュアイペディアより)

  • ミラノコレクションA.T.

    ミラノコレクションA.T.から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2011年8月のG1 CLIMAXでも解説を行ったが、矢野通対ヒデオ・サイトー戦で、矢野が木槌(ゴングを打つ為の木槌)でヒデオを殴打しようとしてヒデオがゴングを盾にして防御し、ゴングの音が鳴るという珍場面で堪らず大爆笑した。ミラノコレクションA.T. フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・アンダーセン

    ジョン・アンダーセンから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2010年より新日本プロレスに参戦、ニュージャパン・カップ・G1 CLIMAX・G1 TAG LEAGUE(パートナーは中西学とのマッスルオーケストラ)にエントリー。同年のプロレス大賞で最優秀タッグチーム賞を中西学と受賞した。ジョン・アンダーセン フレッシュアイペディアより)

  • 座布団の舞

    座布団の舞から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX…同じく両国国技館で開催される新日本プロレスの夏季トーナメント大会。第一回大会で蝶野正洋が優勝した際、大量の座布団が投げ込まれた。以降の大会では座布団の使用が禁止された。座布団の舞 フレッシュアイペディアより)

  • 火祭り (ZERO1)

    火祭り (ZERO1)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX」(新日本プロレス主催)や「チャンピオン・カーニバル」(全日本プロレス主催)と並ぶシングルのリーグ戦の1つである。火祭り (ZERO1) フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ゴング

    週刊ゴングから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    その一方で、同年9月5日に大都社より『Gリング』が創刊されることが、8月10日から12日にかけて新日本プロレス「G1 CLIMAX」の試合会場で配布されたビラにより、告知された。こちらは週刊ゴング4代目編集長の金沢克彦が統括プロデューサーを担当し、ライターとして週刊ゴング5代目編集長の吉川義治、元『週刊プロレス』編集長のターザン山本、元『週刊ファイト』編集長の井上譲二が名前を連ね、最高顧問にはゴング初代編集長の竹内宏介が就任した。こちらにも『Gスピリッツ』同様、ゴングの最長連載企画だった評論家座談会「三者三様」が掲載された。また、イメージガールとしてAV女優の夏目ナナを起用している。なお8月15日の段階では、大都社のウェブサイト上での誌名は『メンズ・リング』とされていた。『Gリング』は不定期刊から2008年1月号より月刊に昇格したが、8月号を最後に休刊となった。週刊ゴング フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア

    ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    優勝賞金は当初300万円だったが現在は500万円(ちなみにG1 CLIMAXは1,000万円)。ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア フレッシュアイペディアより)

  • nWoジャパン

    nWoジャパンから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    新日本プロレスでは橋本真也、佐々木健介らが本隊の中心としてnWo軍と抗争することになる。G1 CLIMAXでは健介が、IWGP王座でも橋本がnWoメンバーの挑戦を退ける。蝶野とムタはWCW、新日本を行き来していたため、2人が抜けた時は圧倒的に不利な状況であった。さらにムタがメンバーとの仲間割れにより一時期離脱し、nWo解散の危機が生じるも、1997年9月に武藤としてnWoに加入することになる。10月にはnWoタイフーンなる新シリーズをも開催し、そこで蝶野・武藤のタッグでIWGPタッグ王座の奪取に成功した。また、年末のSGタッグリーグでも優勝を果たしている。IWGPヘビー級王座の奪取には失敗したものの、蝶野は1997年度のプロレス大賞MVPを獲得するなど勢いはnWoにあった。nWoジャパン フレッシュアイペディアより)

  • タイガー服部

    タイガー服部から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    「ケンカ最強」がまことしやかにささやかれた人物(一説にはレスラーをしのぐ、とも)。その面では腕に覚えあるマサ斎藤も一目置いており、G1クライマックスの優勝者予想を聞かれた斎藤が「服部さん、六本木で喧嘩したらしいよ。強かったらしいよ」と答えたことがある。タイガー服部 フレッシュアイペディアより)

144件中 31 - 40件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード