177件中 31 - 40件表示
  • 越中詩郎

    越中詩郎から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    獣神サンダー・ライガーらの台頭や自身のウェイトアップによりヘビー級に戦いの場を移す。1990年9月7日、大阪府立体育会館にてグレート・ムタの日本での初対戦相手を務めた。なお、そのさいにメキシコ修行時代のリングネーム『サムライ・シロー』を名乗り対戦している。ムタ戦の直後にドラゴンボンバーズへ入るも機能せず、うやむやな形で消滅し、誠心会館との抗争に関して小林邦昭と共に新日本プロレス選手会と対立しヒールに転向。1992年7月31日、頭を剃り上げて反選手会同盟(のちの平成維震軍)を結成し、一躍中堅からトップ戦線へ踊り出る。1994年11月13日、東京ベイNKホールで平成維震軍旗揚げ戦を行い、タイガー・ジェット・シンと対決した。この時期、1995年のG1 CLIMAX初戦でIWGP王者(当時)武藤敬司を破るという実績も挙げている。越中詩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田和之

    藤田和之から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2005年、G1 CLIMAXに出場し、準優勝。藤田和之 フレッシュアイペディアより)

  • CHAOS (プロレス)

    CHAOS (プロレス)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2012年には海外遠征から凱旋帰国したオカダ・カズチカが加入し、IWGPヘビー級王座の戴冠やG1 CLIMAXの優勝といった実績を残す。これによりオカダは中邑と共にCHAOSの2枚看板として頭角を現すようになった。CHAOS (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 飯伏幸太

    飯伏幸太から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    7月5日、新日本後楽園ホール大会にて、8月1日から開催される「G1 CLIMAX 23」への初出場が発表。リーグ通算4勝5敗と負け越しながら、中邑真輔との試合は東スポプロレス大賞にて年間ベストバウトを獲得。飯伏幸太 フレッシュアイペディアより)

  • TAJIRI

    TAJIRIから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2009年8月、G1クライマックスに出場。ジャイアント・バーナードと本間朋晃、棚橋に勝利しそれ以外はグリーンミストによる反則負けとなり予選リーグ敗退。この大会での本間戦では入場曲を利用して本間の背後から襲撃、グリーンミストからのバズソーキックで3秒殺に成功している。また、棚橋戦では持ち前の幻惑殺法で棚橋の額を流血させ、グリーンミストとバズソーキックで勝利。試合後に棚橋の「愛してまーす」をマイクで行い、直後にリングに上がって来た菅林直樹新日本プロレス社長をグリーンミストで襲うなど、やりたい放題でTAJIRI流を貫いた。TAJIRI フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2001年、「G1 CLIMAX」決勝戦で武藤敬司を破り、「G1」初優勝。同年10月8日には秋山準(当時プロレスリング・ノア所属)とタッグを組み武藤&馳組に勝利した。また、永田はこの試合をきっかけに新日本内でのスターダムを駆け上がっていくことになる。この年の12月31日、総合格闘技初参戦となったINOKI BOM-BA-YE 2001でミルコ・クロコップと対戦したが1R21秒左ハイキックを受け、レフェリーストップによるTKO負けを喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 藤波 辰爾

    藤波辰爾から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1993年8月7日、両国国技館で馳浩を破りG1 CLIMAX優勝。藤波辰爾 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグ・タイトン

    ビッグ・タイトンから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1998年1月、新日本プロレスにビッグ・タイトンとして参戦。nWoジャパン内のユニットであるアリストトリストの大物外国人として紹介され、nWoスティングや マイケル・ウォールストリートと外国人レスラー同士で組んで活動。6月にはウォールストリートと組んでIWGPタッグ王座争奪トーナメント、8月にはG1クライマックスに出場するがいずれも一回戦で敗退。技術、試合の構築力に乏しかった為に新たなリーダーとなった武藤敬司により実力を疑問視され、10月10日の橋本真也 & 中西学との対戦で中西により攻撃されているところを見殺しにされてしまう一幕があり、nWoジャパンの間に亀裂を生む一因を作るきっかけとなった。ビッグ・タイトン フレッシュアイペディアより)

  • タイガー服部

    タイガー服部から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    「ケンカ最強」がまことしやかにささやかれた人物(一説にはレスラーをしのぐ、とも)。その面では腕に覚えあるマサ斎藤も一目置いており、G1クライマックスの優勝者予想を聞かれた斎藤が「服部さん、六本木で喧嘩したらしいよ。強かったらしいよ」と答えたことがある。タイガー服部 フレッシュアイペディアより)

  • マッスルオーケストラ

    マッスルオーケストラから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX2010」にて中西学VSストロングマン戦が行われた後、「俺の本当のベストパートナーになる男」とストロングマンが中西とのタッグを熱望、G1 TAG LEAGUE2010で正式に「マッスルオーケストラ」を結成し、結果は3位となったが今後もチームを持続していく事となり、2011年1月4日と2月20日にBAD INTENTIONS(ジャイアントバーナード・カール・アンダーソン組)の保持しているIWGPタッグ王座に挑戦。2010年度のプロレス大賞最優秀タッグチーム賞を受賞した。マッスルオーケストラ フレッシュアイペディアより)

177件中 31 - 40件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード