144件中 41 - 50件表示
  • レジェンド (新日本プロレス)

    レジェンド (新日本プロレス)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2007年8月11日のG1 CLIMAXの公式戦式戦終了後、蝶野正洋がマイクを持ち「この指に止まるヤツが5人いる」と言い、長州力、獣神サンダー・ライガー、スーパー・ストロング・マシン、越中詩郎をリング上に呼び込んだ(5人とマイクしたが、自分も含めていたのか集まったのは4人)。そして「新日本の歴史はこの5人に作られたんだ。このリング、新日本の大黒柱は俺ら5人が作る。ここは俺ら5人の独壇場だ!」とアピールし、新軍団結成の運びとなった。ユニットの名称の発表は無かったがメンバー全員が蝶野の言葉通り新日本で一時代を築いたレスラーであるためマスコミは「レジェンド」と呼び、それがそのままユニット名となった。レジェンド (新日本プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 相模原市立総合体育館

    相模原市立総合体育館から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2004年8月の新日本プロレスG1 CLIMAXでは開会式などが開催された。相模原市立総合体育館 フレッシュアイペディアより)

  • STARDOM 5★STAR GP

    STARDOM 5★STAR GPから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    5月30日に「スターダム版G1」と銘打って開催を発表。STARDOM 5★STAR GP フレッシュアイペディアより)

  • ランス・ホイット

    ランス・ホイットから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月には鈴木軍としてG1 CLIMAXに初出場。10月には鈴木とタッグを組んでG1 TAG LEAGUEに出場。初戦こそBAD INTENTIONS(ジャイアント・バーナード、カール・アンダーソン組)に黒星を喫するが、以降勝利を積み重ね決勝トーナメントに進出。決勝戦で同タッグチームと対戦し、アンダーソンをダークデイズでピンフォールを奪い、優勝を果たした。11月12日に決勝戦のリターンマッチとしてIWGPタッグ王座に初挑戦。BAD INTENTIONSの合体技ランス・ホイット フレッシュアイペディアより)

  • ビッグ・タイトン

    ビッグ・タイトンから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1998年1月、新日本プロレス参戦。nWoジャパン内ユニット、アリストトリストの目玉外国人としてG1クライマックスに出場するなどした。だが技術、試合の構築力に乏しく、リーダーの武藤敬司から完全に見放されてしまう一幕があった。ビッグ・タイトン フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ナイドハート

    ジム・ナイドハートから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    しかし、翌1991年3月24日のレッスルマニアVIIでナスティ・ボーイズ(ジェリー・サッグス&ブライアン・ノッブス)に敗れ王座から陥落。その後チームを解散し、ブレットはシングルプレイヤーに転向。ナイドハートはブレットの実弟オーエン・ハートと新チーム "ニュー・ファウンデーション" を結成するがブレイクには至らず、1992年にWCWへ転出する。WCW在籍中の1992年8月には新日本プロレスに久々に来日し、G1クライマックスのNWA世界ヘビー級王座決定トーナメントに出場した(1回戦で佐々木健介に敗退)。同年10月のSGタッグ・リーグ戦にもトム・ジンクとのコンビで参加している。ジム・ナイドハート フレッシュアイペディアより)

  • キング・ハク

    キング・ハクから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1990年4月には日米レスリングサミットへの参戦で久々に日本に登場。ジャンボ鶴田と組んでカート・ヘニング&リック・マーテルを撃破した。同年下期にアンドレが戦列を離れると、大相撲時代の盟友ザ・バーバリアンを新パートナーにミッドカード戦線で活動。1992年は当時WWFと提携していた日本のSWSを主戦場に、谷津嘉章とナチュラル・パワーズなるチームを結成、天龍源一郎&阿修羅・原の龍原砲とタッグ王座を争う。同年秋にWWFを退団し、1993年6月にはWAR経由で新日本プロレスのリングに初登場。8月のG1クライマックスにも来日した。キング・ハク フレッシュアイペディアより)

  • 年間王者

    年間王者から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    このようなリーグ戦は新日本プロレスのG1 CLIMAX、全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルなどが該当する。年間王者 フレッシュアイペディアより)

  • 田中ケロ

    田中ケロから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    そのことは、新日本プロレス・プロレス界にとって画期的なマッチメイクである「蝶野正洋対三沢光晴戦」が行われる際、この試合はスポーツ界に対して大きな影響力をもたらすものであるとの信念から、この試合前の前口上において、「K-1! PRIDE! プロ野球! Jリーグ! いいか、よく見ていろ! これがプロレスのパワーだ! プロレスは、絶対に負けない!」と叫んだ。また、「蝶野正洋対小橋建太戦」の際においては「プロレスの誇りと、自信と、夢。プロレスファンよ胸を張れ! そして、しかと見届けよ!」とファンの前で叫んだことからも、近年のプロレス界の凋落ぶりを感じているプロレスファンに対して、改めてプロレスの素晴らしさを訴えようとしていること、プロレスに対しての誇りと自信を強く持ち合わせていることがわかる。同様の田中リングアナならではの前口上は2005年のG1 CLIMAXの開催時にもみられた。田中ケロ フレッシュアイペディアより)

  • テリー・テイラー

    テリー・テイラーから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    WWF離脱後の1990年7月、全日本プロレスに初来日。同年下期よりWCWに参戦し、ヒールとして女性マネージャーのアレキサンドラ・ヨーク率いるヨーク・ファウンデーションに加入する。1992年2月17日にはグレッグ・バレンタインとのコンビでロン・シモンズ&ビッグ・ジョッシュからWCW USタッグ王座を奪取した。同年8月には新日本プロレスの『G1クライマックス』に来日し、NWA世界ヘビー級王座決定トーナメントに出場している。テリー・テイラー フレッシュアイペディアより)

144件中 41 - 50件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード