144件中 51 - 60件表示
  • ルーシュ

    ルーシュから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2012年1月21日に開催された「CMLL FANTASTICAMANIA」において新日本プロレスに初来日。マスカラ・ドラダとのタッグで後藤洋央紀、KUSHIDA組と対戦し日本マットデビューを果たす。翌22日には後藤とシングルマッチ激突。昇天・改でピンフォール負けを喫するも、身体能力の高さを如何なく発揮し、8月に開催されるG1 CLIMAXに初エントリー。初戦で後藤を破り見事リベンジを果たした。ルーシュ フレッシュアイペディアより)

  • デブラ・ミセリー

    デブラ・ミセリーから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1991年、ポール・E・デンジャラスリー率いるヒール軍団、デンジャラス・アライアンスの一員としてWCWに登場。1992年8月にはリック・ルードのマネージャーとして新日本プロレスのG1 CLIMAXに来日している。デブラ・ミセリー フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ワコーズ

    ケビン・ワコーズから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    その後、1993年にWCWに登場。WWF時代と同じ囚人ギミックのザ・プリズナー(The Prisoner)を名乗り、同年5月のPPV "Slamboree" ではスティングと対戦した。しかし、ここでも長続きすることなく短期間で離脱。翌1994年8月、ネイルズ名義で新日本プロレスのG1クライマックスに来日。10月のSGタッグリーグ戦にもロン・シモンズと組んで出場した。ケビン・ワコーズ フレッシュアイペディアより)

  • 平澤光秀

    平澤光秀から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、G1 CLIMAXに初出場。矢野通戦では試合開始後にリングの真ん中に寝転がる。その矢野との場外戦では、ハンマーで矢野がヒデオの頭を攻撃したとき、ヒデオがゴングで防ぎ「カーン」と鳴って観客の失笑を誘い、内藤哲也戦ではスーパー・ストロング・マシンのコスチュームとマスクで現れ、高山善廣戦では虫取り少年のようなコスチューム(麦わら帽子・ランニングシャツ・短パン・虫取り網・虫篭)で登場。虫とり網を高山の頭に被せるなど、奇行に拍車が掛かる。同ブロックの殆どの選手に負け「楽な試合」「リーグ戦の中休み」など言われたが、最終日の永田裕志戦は、入場直前の控え室で永田を襲撃し、腕固めを切り返してのカリビアン・デス・グリップで大会中唯一の勝利を収めると共に永田の決勝戦進出を阻んだ。平澤光秀 フレッシュアイペディアより)

  • マッスルオーケストラ

    マッスルオーケストラから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX2010」にて中西学VSストロングマン戦が行われた後、「俺の本当のベストパートナーになる男」とストロングマンが中西とのタッグを熱望、G1 TAG LEAGUE2010で正式に「日墨マッスルオーケストラ」を結成し、結果は3位となったが今後もチームを持続していく事となり、2011年1月4日と2月20日にBAD INTENTIONS(ジャイアントバーナード・カール・アンダーソン組)の保持しているIWGPタッグ王座に挑戦。2010年度のプロレス大賞最優秀タッグチーム賞を受賞した。マッスルオーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 天山広吉(3回目)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス S.X.W

    新日本プロレス S.X.Wから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    また、G1 CLIMAXは、これとは別に2大会生中継を実施している。新日本プロレス S.X.W フレッシュアイペディアより)

  • 真夜中のハーリー&レイス

    真夜中のハーリー&レイスから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    番組が開始されると格闘技ニュースが3本流れ、茂野がコメントを流した後にタイトルコール。ゲストは毎回、放送スタジオの隣のスタジオをドレッシングルームとして使い、パフォーマンスを披露し茂野が実況をつける。ゲストの選曲した入場曲をバックにスタジオに登場し、茂野とトークを繰り広げる。終了時刻間際になると、ゴングのSEが入り、真夜中のハーリー&レイスが「時間切れドロー」と言う形で防衛となり、坂本龍一の「カクトウギのテーマ」(全日本プロレス中継次回予告、後に引き分け時に流れるテーマ)が流れ、ゲストの告知。次回ゲストとエンディングとなる。それとは別に毎年G1 CLIMAX開催が近づくと、G1特集が組まれている。たまに、外国人レスラーの電話出演もある。真夜中のハーリー&レイス フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のスポーツ

    2001年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:永田裕志(初優勝)2001年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のスポーツ

    1998年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:橋本真也(初優勝)1998年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

144件中 51 - 60件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード