177件中 51 - 60件表示
  • レジェンド (新日本プロレス)

    レジェンド (新日本プロレス)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2007年8月11日のG1 CLIMAXの公式戦式戦終了後、蝶野正洋がマイクを持ち「この指に止まるヤツが5人いる」と言い、長州力、獣神サンダー・ライガー、スーパー・ストロング・マシン、越中詩郎をリング上に呼び込んだ(5人とマイクしたが、自分も含めていたのか集まったのは4人)。そして「新日本の歴史はこの5人に作られたんだ。このリング、新日本の大黒柱は俺ら5人が作る。ここは俺ら5人の独壇場だ!」とアピールし、新軍団結成の運びとなった。ユニットの名称の発表は無かったがメンバー全員が蝶野の言葉通り新日本で一時代を築いたレスラーであるためマスコミは「レジェンド」と呼び、それがそのままユニット名となった。レジェンド (新日本プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 1993年のスポーツ

    1993年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:藤波辰爾(初優勝)1993年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ゴング

    週刊ゴングから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2007年9月5日に大都社より『Gリング』が創刊されることが、8月10日から12日にかけて新日本プロレス「G1 CLIMAX」の試合会場で配布されたビラにより、告知された。こちらは先に創刊された『Lady'sリング』同様にLGCが編集・制作を手掛け、週刊ゴング4代目編集長の金沢が統括プロデューサーを担当し、ライターとして週刊ゴング5代目編集長の吉川、元『週刊プロレス』編集長のターザン山本、元『週刊ファイト』編集長の井上譲二、元東京スポーツ編集局長の桜井康雄、菊池孝、門馬忠雄などが名前を連ね、最高顧問にはゴング初代編集長の竹内が就任した。こちらにも『Gスピリッツ』同様、「三者三様」が掲載された。また、イメージガールとして大のプロレスファンでもあるAV女優(当時)の夏目ナナを起用している。なお8月15日の段階では、大都社のウェブサイト上での誌名は『メンズ・リング』とされていた。『Gリング』は不定期刊から2008年1月号より月刊に昇格したが、8月号を最後に休刊となった。週刊ゴング フレッシュアイペディアより)

  • 白崎あゆみ

    白崎あゆみから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX2004アシスタント(テレビ朝日)白崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ウインダム

    バリー・ウインダムから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1988年11月、テッド・ターナーがクロケット・プロを買収してWCWが発足すると、一時WCWを離脱し1989年にザ・ウィドウメイカー(The Widowmaker)を名乗ってWWFに短期間登場。1990年には全日本プロレスへの3度目の来日を果たし、3月6日に日本武道館にてジャンボ鶴田の三冠ヘビー級王座に挑戦、その後WCWに復帰する。復帰後は再びホースメンに加わるも、1991年からはベビーフェイスに戻り、ダスティン・ローデスとの南部人タッグを結成した。同年3月、当時WCWと提携していた新日本プロレスに初参戦し、1992年8月のGIクライマックスにも出場。1993年2月21日にはノースカロライナ州アッシュビルでグレート・ムタを破り、復活版のNWA世界ヘビー級王座を奪取している。バリー・ウインダム フレッシュアイペディアより)

  • デブラ・ミセリー

    デブラ・ミセリーから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1991年、ポール・E・デンジャラスリー率いるヒール軍団、デンジャラス・アライアンスの一員としてWCWに登場。リック・ルード、アーン・アンダーソン、ラリー・ズビスコ、ボビー・イートン、"スタニング" スティーブ・オースチンらと共闘した。1992年8月にはリック・ルードのマネージャーとして新日本プロレスのG1 CLIMAXに来日している。デブラ・ミセリー フレッシュアイペディアより)

  • 真夏のプロレス祭り

    真夏のプロレス祭りから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    なお、1週間前には新日本プロレスの「G1 CLIMAX 23」も同じ両国で2Days開催された(G1 CLIMAXの両国2Daysは3年ぶりだった)。この大会には飯伏も参戦しており、2週間で4日両国のマットに立ったことになる。真夏のプロレス祭り フレッシュアイペディアより)

  • 真夜中のハーリー&レイス

    真夜中のハーリー&レイスから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    番組が開始されると格闘技ニュースが3本流れ、清野茂樹がコメントを流した後にタイトルコール。ゲストは毎回、放送スタジオの隣のスタジオをドレッシングルームとして使い、パフォーマンスを披露し清野が実況をつける。ゲストの選曲した入場曲をバックにスタジオに登場し、清野とトークを繰り広げる。終了時刻間際になると、ゴングのSEが入り、真夜中のハーリー&レイスが「時間切れドロー」と言う形で防衛となり、坂本龍一の「カクトウギのテーマ」(全日本プロレス中継次回予告、後に引き分け時に流れるテーマ)が流れ、ゲストの告知。次回ゲストとエンディングとなる。それとは別に毎年G1 CLIMAX開催が近づくと、G1特集が組まれている。たまに、外国人レスラーの電話出演もある。真夜中のハーリー&レイス フレッシュアイペディアより)

  • レッドシューズ海野

    レッドシューズ海野から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    内藤哲也のヒール転向後は内藤から試合中や試合後に度々暴行を受けるようになり、2015年のG1 CLIMAXではこの光景がよく見受けられた。レフェリーでありながら試合中に内藤へ背後からストンピングを攻撃を行った事もある。レッドシューズ海野 フレッシュアイペディアより)

  • 海野翔太

    海野翔太から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    学生時代は野球を10年間経験。2014年に内藤哲也のG1前公開練習『野球特訓』にノッカーとして参加している。海野翔太 フレッシュアイペディアより)

177件中 51 - 60件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード