177件中 61 - 70件表示
  • キング・ハク

    キング・ハクから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1990年4月には日米レスリングサミットへの参戦で久々に日本に登場。ジャンボ鶴田と組んでカート・ヘニング&リック・マーテルから勝利を収めた。同年下期にアンドレが戦列を離れると、大相撲時代の盟友ザ・バーバリアンを新パートナーにミッドカード戦線で活動。1992年は当時WWFと提携していた日本のSWSを主戦場に、谷津嘉章とナチュラル・パワーズなるチームを結成、天龍源一郎&阿修羅・原の龍原砲とタッグ王座を争う。同年秋にWWFを退団し、1993年6月にはWAR経由で新日本プロレスのリングに初登場。8月のG1クライマックスにも来日した。キング・ハク フレッシュアイペディアより)

  • ジュニア8冠王座

    ジュニア8冠王座から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1996年6月17日、ジュニアヘビー級王座のタイトルマッチのみの興行「THE SKY DIVING-J」で全試合終了後の記念撮影の際に獣神サンダー・ライガーが8つの王座統一を提案して、これに賛同した各プロレス団体、各プロレスラーが集い、8つの王座統一を賭けた試合が8月2日から5日の4日間のトーナメント戦で行われた(試合会場は両国国技館で開催されていた「G1 CLIMAX」と併催)。このジュニア8冠王座統一トーナメントは「J-CROWN」とも呼ばれる。トーナメント戦はザ・グレート・サスケが優勝して初代ジュニア8冠王者になった。トーナメント方式ではあったが対戦は全てお互いの王座の防衛と奪取をかけてのタイトルマッチとなる。参加選手は、このトーナメント戦で統一された王座は以下の通りである。なおNWA世界ウェルター級王座は体重制限が82kg以下であるが何故か8つチャンピオンベルトの王座統一がされていた期間は他の王座同様100kg未満の規定でタイトルマッチが行われていた。ジュニア8冠王座 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 蝶野正洋(5回目)2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:佐々木健介(2回目)2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • テリー・テイラー

    テリー・テイラーから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    WWF離脱後の1990年7月、全日本プロレスに初来日。同年下期よりWCWに参戦し、ヒールとして女性マネージャーのアレキサンドラ・ヨーク率いるヨーク・ファウンデーションに加入する。1992年2月17日にはグレッグ・バレンタインと組んでロン・シモンズ&ビッグ・ジョッシュからWCW USタッグ王座を奪取した。同年8月には新日本プロレスの『G1クライマックス』に来日、NWA世界ヘビー級王座決定トーナメントに出場した。テリー・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック

    ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロックから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    蝶野正洋はいくつもの派生技を生み、相手の顔面ではなく腕を取る腕極め式STFや上半身を羽根折り固め(バタフライロック)のような状態で固める羽根折り式STF、さらには相手の足を交差させロープエスケープを困難にさせたクロス式STFなどが開発された。一方で他者も派生技を考案しており、1993年8月6日に新日本プロレスで開催された「G1 CLIMAX」準決勝で馳浩が繰り出した通常のSTFを裏返しにしたような形で相手の首を絞める裏STFに蝶野が敗れている。ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック フレッシュアイペディアより)

  • STARDOM 5★STAR GP

    STARDOM 5★STAR GPから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    5月30日に「スターダム版G1」と銘打って開催を発表。8月19日新木場大会で公式戦が開幕し、9月30日新木場大会夜の部で優勝決定戦となる。STARDOM 5★STAR GP フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球完全中継 ライオンズ

    プロ野球完全中継 ライオンズから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    なお、西武主催試合とテレビ朝日、BS朝日、広島ホームテレビ制作の「広島対巨人」戦が重なる場合、西武戦を優先し広島対巨人戦はテレ朝チャンネル1で放送する。また、テレ朝チャンネル2の他のスポーツ生中継と重なる場合も西武戦(および広島対巨人戦)を優先し、他のスポーツ中継をテレ朝チャンネル1に振り替える場合がある(実際に2013年の8月に広島対巨人戦と新日本プロレスのG1 CLIMAX生中継が重なり、G1 CLIMAX中継がテレ朝チャンネル1に振り替えになっている。また2014年7月3日も、「広島対巨人」(マツダスタジアム)と「西武対日本ハム」(埼玉県営大宮公園野球場)が重複したため、前者をテレ朝ch1で生放送するとしていたが、雨天中止となった)。プロ野球完全中継 ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス) 優勝:小島聡(初優勝)※新日本プロレス所属以外での初優勝2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のスポーツ

    2002年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:蝶野正洋(4回目)2002年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

177件中 61 - 70件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード