144件中 61 - 70件表示
  • 1997年のスポーツ

    1997年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:佐々木健介(初優勝)1997年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年のスポーツ

    1996年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:長州力(初優勝)1996年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のスポーツ

    1995年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:武藤敬司(初優勝)1995年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のスポーツ

    1994年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:蝶野正洋(3回目)1994年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1993年のスポーツ

    1993年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:藤波辰爾(初優勝)1993年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のスポーツ

    1992年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:蝶野正洋(2連覇)1992年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のスポーツ

    1991年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:蝶野正洋(初優勝)1991年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ストーン・コールド・スティーブ・オースチン

    ストーン・コールド・スティーブ・オースチンから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    その後の活躍が認められ1991年にダスティ・ローデスにスカウトされてWCWと契約。1993年3月にはブライアン・ピルマンとのタッグ「ハリウッド・ブロンズ」としてWCW世界タッグ王座を獲得した。1992年に新日本プロレスにも来日し、G1 CLIMAXに参戦。2回戦で武藤敬司に敗れる。この時、解説席にいたマサ斎藤がオースチンの技術を高く評価しており、「彼はプロレスが上手い。絶対にトップに立てますよ」と絶賛していた。同年9月にも来日し、蝶野正洋の持つNWA世界ヘビー級王座にも挑戦した。なお、この試合で蝶野の首を破壊しているがその方法は怪我の危険性が非常に高い変形のパイルドライバーだったため日本人レスラーや関係者の顰蹙を買った。ストーン・コールド・スティーブ・オースチン フレッシュアイペディアより)

  • MSGシリーズ

    MSGシリーズから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX - 現在の新日本プロレスの看板大会MSGシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大森隆男

    大森隆男から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2009年3月15日、新日本プロレス後楽園ホール大会のセミファイナル6人タッグ戦終了後に突如出現し、休業以来続いていた沈黙を破る。かつての盟友のリング上の中西に握手を求め、再び共闘することをアピールした。8月にはG1クライマックスに出場。IWGP王者の棚橋弘至に勝利する活躍を見せた。大森隆男 フレッシュアイペディアより)

144件中 61 - 70件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード