144件中 71 - 80件表示
  • シェルトン・ベンジャミン

    シェルトン・ベンジャミンから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2012年8月1日から開催されたG1 CLIMAX 22に初出場。4勝4敗で惜しくも決勝進出とはならなかったが、そのポテンシャルを十分にみせつけた。特に天才の異名を持つ丸藤正道から勝利を上げ、その丸藤から「なんじゃありゃ?!」というコメントを引き出した。同年12月にROHとの契約を破棄し退団。WWEから復帰のオファーが届いていることから今後が注目される。シェルトン・ベンジャミン フレッシュアイペディアより)

  • 高橋裕二郎

    高橋裕二郎から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、3年連続G1 CLIMAX出場。初開催となる新潟市体育館で棚橋弘至と対戦。地元出身ということもあり「裕二郎」コールを湧き上がらせる健闘を見せた。結果的に敗北を喫し3勝5敗と予選落ちとなるも、今大会でいくつもの好勝負を繰り広げ、その才能を開花させた。高橋裕二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:佐々木健介(2回目)2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • U-FILE CAMP

    U-FILE CAMPから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    トーナメント戦として「E-1クライマックス」(新日本のG1 CLIMAXの捩り)を開催。2004年と2005年に2度開いた後、2010年に5年ぶりの開催が決まった。U-FILE CAMP フレッシュアイペディアより)

  • 高橋広夢

    高橋広夢から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    レスラーになるキッカケは、中学生の時に見た「G1 CLIMAX 2002」決勝戦・蝶野正洋 vs 高山善廣戦。高橋広夢 フレッシュアイペディアより)

  • ラ・ソンブラ

    ラ・ソンブラから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    祖父がエル・モロ、父がブリランテ。2003年10月3日ドゥランゴ州ゴメスパラシオでブリアンテ・ジュニアの名でデビュー。2006年にはレイ・アステカ(二代目)、12月には一度だけゲレーロ・アステカ、2007年からCMLLと契約しラ・ソンブラのリングネームを名乗る。2007年8月13日エル・サグラド、ボラドール・ジュニアと組んでダミアン666、ハロウィン、ミステル・アギラ組を破りメキシコナショナルトリオ王座を奪取。同年11月27日大原はじめを破りNWA世界ウェルター級王座を奪取。2009年1月16日ボラドール・ジュニアと組んでアベルノ、メフィストと組を破りCMLL世界タッグチーム王座を奪取。2010年5月21日ラ・マスカラ、マスカラ・ドラダと組んで棚橋弘至、タイチ、OKUMURA組を破りCMLL世界トリオ王座を奪取。同年6月に新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにて初来日。2011年1月4日新日本プロレス東京ドーム大会「レッスルキングダム」に来日。同年3月13日メフィストを破りNWA世界ウェルター級王座を奪還。同年8月に新日本プロレスG1 CLIMAXに初出場。ラ・ソンブラ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ワット

    ビル・ワットから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    その後はマーケティング関連の仕事に就いていたが、1992年5月、WCWの副社長となってプロレス界に復帰。当時のWCWは前任社長ジム・ハードとの確執でリック・フレアーがWWFに移籍するなど苦境に陥っており、運営を立て直すべく親会社TBSからの要請を受けての就任だった。同年8月には新日本プロレスのG1クライマックスにて行われたNWA世界ヘビー級王座決定トーナメントに立会人として来日、久々の日本マット登場も果たした。ビル・ワット フレッシュアイペディアより)

  • ジュニア8冠王座

    ジュニア8冠王座から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    これに賛同した団体、レスラーが集い、8つの王座の統一を賭けた試合が同年8月2日から5日の4日間のトーナメントで行われた(試合会場は両国国技館で「G1 CLIMAX」と併催)。このジュニア8冠統一トーナメントは、J-CROWNとも呼ばれる。トーナメントはIWGPジュニア・ヘビー級王者のザ・グレート・サスケが優勝し、初代8冠王座となった。トーナメント方式ではあったが、対戦は全てお互いの王座の防衛と奪取をかけてのタイトルマッチとなる。参加選手、このトーナメントで統一された王座は以下の通りである。ジュニア8冠王座 フレッシュアイペディアより)

  • 闘魂三銃士

    闘魂三銃士から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1991年に、蝶野がG1 CLIMAXの準決勝で橋本を、決勝で武藤を破り初優勝を成し遂げた際に、3人がリングに上がって「1・2・3、ダァーッ!」で締めてから、三銃士時代の到来となり、以後、G1やIWGPヘビー級王座などのビッグマッチの試合で各々がシングルマッチで対戦。人気、実力共に1990年代の新日本プロレスの看板レスラーとして不動の地位を確立した。闘魂三銃士 フレッシュアイペディアより)

  • 青義軍

    青義軍から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    一方、井上は同年8月のG1 CLIMAXをきっかけに鈴木みのるとの抗争を展開する。青義軍 フレッシュアイペディアより)

144件中 71 - 80件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード