177件中 71 - 80件表示
  • 山崎一夫 (プロレスラー)

    山崎一夫 (プロレスラー)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    この後新日本本体の興行にも参戦し、フリー的立場を貫いていたが、所属選手となり新日本本隊と合流。1998年のG1 CLIMAXでは、藤波辰爾、佐々木健介、蝶野正洋と過去のG1タイトルホルダーを破り決勝進出。橋本真也との優勝戦では大激闘の末破れるも、その厳しくもけれんみの無いファイトに多くのファンが惜しみない拍手を贈った。これがレスラー人生最大の晴れ舞台だったと言ってよい(実際に山崎も後年、自身のベストバウトに橋本戦を上げている)。山崎一夫 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 天山広吉(2回目)2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のスポーツ

    1998年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:橋本真也(初優勝)1998年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ホール

    スコット・ホールから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2001年3月、新日本プロレスに参戦。TEAM 2000のメンバーとしてG-EGGS、7月にはBATTと抗争を展開するも大きな活躍は残せなかった。9月にはG1 CLIMAXの外国人レスラー版といえるG1 WORLDにエントリーするも勝ち点4で予選落ちという結果に終わる。このリーグ戦では初戦でドン・フライとのカードが組まれ、好カードと期待されたものの、フライのパンチ1発でKO負けを喫している。23日、武藤敬司が保持する三冠ヘビー級王座に挑戦するもベルトを奪取するに至らなかった。スコット・ホール フレッシュアイペディアより)

  • 井上亘

    井上亘から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月にG1 CLIMAXへの初出場を果たし中西学、ジャイアント・バーナードのスーパーヘビー級相手に金星をあげ2勝4敗の結果に終わる。12月にはG・B・H所属の石井智宏と抗争劇を繰り広げた。以降、数回のシングルマッチが組まれ、2009年5月にフォールズカウント・エニウェアマッチで激突。場外に敷き詰められた椅子の山にオラシオンフレイムを叩きつける荒技を敢行。これにピンフォール勝ちを収め、抗争にピリオドを打つ。井上亘 フレッシュアイペディアより)

  • ドリュー・ハンキンソン

    ドリュー・ハンキンソンから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2014年8月に開催されたG1 CLIMAXから使用。シリーズ終了後は使用されていない。ドリュー・ハンキンソン フレッシュアイペディアより)

  • 年間王者

    年間王者から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    このようなリーグ戦は新日本プロレスのG1 CLIMAX、全日本プロレスのチャンピオン・カーニバル、世界最強タッグ決定リーグ戦などが該当する。年間王者 フレッシュアイペディアより)

  • 大森隆男

    大森隆男から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2009年3月15日、新日本プロレス後楽園ホール大会のセミファイナル6人タッグ戦終了後に突如出現し、休業以来続いていた沈黙を破る。かつての盟友のリング上の中西に握手を求め、再び共闘することをアピールした。8月にはG1 CLIMAXに出場。IWGP王者の棚橋弘至に勝利する活躍を見せた。大森隆男 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷晋二郎

    大谷晋二郎から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2008年、ZERO1-MAXの運営会社であるファースト・オン・ステージの社長に就任。蝶野正洋の主催するイベントPREMIUMのワンナイトタッグトーナメントでは天山と組み優勝。リング上のマイクで新日本所属時代から常に希望していたG1 CLIMAXへの出陣を表明。大谷晋二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 棚橋弘至(初優勝)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

177件中 71 - 80件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード