144件中 81 - 90件表示
  • 1999年のスポーツ

    1999年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:中西学(初優勝)1999年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 白崎あゆみ

    白崎あゆみから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX2004アシスタント(テレビ朝日)白崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス中継

    プロレス中継から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    WPWは全国のネット局で放送枠がバラバラであったものの、ドーム大会になるとゴールデン枠で、真夏の祭典・G1 CLIMAX決勝戦は日曜夕方(高校野球優先のABCテレビだけは時差放送)で、それぞれ特番を放送していた。しかし他局が「K-1」や「PRIDE」など他の格闘技番組を次々と放送するようになったことや、いわゆるビッグマッチでのプロレス中継における度重なる乱闘劇やノーコンテスト判定、および昨今のバラエティ番組によく見られるテイストをゴールデンでの中継に導入したことから、次第にファンや俗に言う「一見さん」がプロレス中継から離れていくこととなり、テレビ朝日は2002年5月のドーム大会以降ゴールデン枠での特番から撤退。G1決勝戦特番も2003年を最後に全国ネットから外れてしまった。プロレス中継 フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ウインダム

    バリー・ウインダムから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1988年11月、テッド・ターナーがクロケット・プロを買収してWCWが発足すると、一時WCWを離脱し1989年にザ・ウィドウメイカー(The Widowmaker)を名乗ってWWFに短期間登場。1990年には全日本に参戦してジャンボ鶴田の三冠ヘビー級王座に挑戦し、その後WCWに復帰する。復帰後は再びホースメンに加わるも、1991年からはベビーフェイスに戻り、ダスティン・ローデスとの南部人タッグを結成した。同年3月、当時WCWと提携していた新日本プロレスに初参戦し、1992年8月のGIクライマックスにも出場。1993年2月にはノースカロライナ州アッシュビルでグレート・ムタを破り、復活版のNWA世界ヘビー級王座を奪取している。バリー・ウインダム フレッシュアイペディアより)

  • コイントス

    コイントスから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    新日本プロレスのG1 CLIMAXではブロックリーグで勝ち点及び直接対決で並んだ場合、コイントスにより順位を決定する。2009年大会のA組で史上初のコイントスが実施された。コイントス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:中邑真輔(初優勝)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • リック・ルード

    リック・ルードから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    日本へは1991年7月に全日本プロレスに初来日。田上明からフォール勝ちを収めた。1992年8月には新日本プロレスに参戦し、G1クライマックス決勝戦で蝶野正洋に敗れるも準優勝。1994年は馳浩らと激闘を繰り広げ活躍したが、1995年以降はセミリタイア状態となり、マネージャーに転向。リック・ルード フレッシュアイペディアより)

  • ブシロード

    ブシロードから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX - 2011年大会以降の冠スポンサー。ブシロード フレッシュアイペディアより)

  • シベルネティコ

    シベルネティコから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    ボディビルダー出身。後にレイ・メンドーサ等の元で修行し1992年3月ケレタロ州でデビュー。1995年12月WWA世界ヘビー級奪取。当初は覆面レスラーとして活動していたが2004年にコントラ・マッチでラ・パルカ・ジュニアに破れ素顔になる。AAAのG1 CLIMAX(AAA Campeon de Campeones Championship)で1997年と1998年、2001年に優勝。1999年にはキング・オブ・キングス(Rey de Reyes)で優勝。1997年6月ナショナルヘビー級王座奪取。2002年1月UWA世界ヘビー級王座奪取。2004年に「ラ・セクタ・シベルネティカ」(後に脱退)結成。2007年7月はケンゾー・スズキをコントラ・マッチで破りケンゾーを坊主にする。シベルネティコ フレッシュアイペディアより)

  • カール・アンダーソン (プロレスラー)

    カール・アンダーソン (プロレスラー)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、G1 CLIMAXの最終戦で棚橋弘至を下し、外国人選手としては第2回のリック・ルード以来となる決勝進出を果たした。決勝戦でオカダ・カズチカと対峙するも、準優勝に終わる。それから程なくしてIWGPヘビー級王座挑戦権利証を賭けた試合でオカダとのリターンマッチが組まれるも、ここでも敗北を喫する。カール・アンダーソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

144件中 81 - 90件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード