177件中 81 - 90件表示
  • 田中ケロ

    田中ケロから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    そのことは、新日本プロレス・プロレス界にとって画期的なマッチメイクである「蝶野正洋対三沢光晴戦」が行われる際、この試合はスポーツ界に対して大きな影響力をもたらすものであるとの信念から、この試合前の前口上において、「K-1! PRIDE! プロ野球! Jリーグ! いいか、よく見ていろ! これがプロレスのパワーだ! プロレスは、絶対に負けない!」と叫んだ。また、「蝶野正洋対小橋建太戦」の際においては「プロレスの誇りと、自信と、夢。プロレスファンよ胸を張れ! そして、しかと見届けよ!」とファンの前で叫んだことからも、近年のプロレス界の凋落ぶりを感じているプロレスファンに対して、改めてプロレスの素晴らしさを訴えようとしていること、プロレスに対しての誇りと自信を強く持ち合わせていることがわかる。同様の田中リングアナならではの前口上は2005年のG1 CLIMAXの開催時にもみられた。田中ケロ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 後藤洋央紀(初優勝)2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス優勝 天山広吉(3回目)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ディストラクション (プロレス興行)

    ディストラクション (プロレス興行)から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1 CLIMAX終了後、新日本プロレスが最初に開催する9月恒例のビッグマッチ。ディストラクション (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • ルーシュ

    ルーシュから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2012年1月21日に開催された「CMLL FANTASTICAMANIA」において新日本プロレスに初来日。マスカラ・ドラダとのタッグで後藤洋央紀、KUSHIDA組と対戦し日本マットデビューを果たす。翌22日には後藤とシングルマッチ激突。昇天・改でピンフォール負けを喫するも、身体能力の高さを遺憾なく発揮し、8月に開催されるG1 CLIMAXに初エントリー。初戦で後藤を破り、見事リベンジを果たした。ルーシュ フレッシュアイペディアより)

  • ピート・フィフィタ

    ピート・フィフィタから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2016年1月4日、レッスルキングダム10の舞台でファレ、高橋裕二郎とタッグを組み、新設されたNEVER無差別級6人タッグ王座を巡り、CHAOSの矢野通 & ブリスコ・ブラザーズ(ジェイ・ブリスコ & マーク・ブリスコ)と対戦した。ブリスコ・ブラザーズの連携技、ドゥームズデイ・デバイスを決められ敗戦した。その後のシリーズではファレ、高橋と共に矢野との抗争を繰り広げ、2月11日、THE NEW BEGINNING in OSAKAにて、再び矢野 & ブリスコ・ブラザーズと対戦。矢野のお株を奪う急所攻撃からヴェレノを炸裂させ、勝利。第2代NEVER無差別級6人タッグ王者に輝き、新日本参戦以降初の王座戴冠となったが、14日のTHE NEW BEGINNING in NIIGATAで行われた初防衛戦で、高橋がピンフォール負けを喫してしまい、僅か3日で王座を手放した。同日、セミファイナルで行われたIWGPタッグ選手権試合にて、防衛に成功したG・B・H(真壁刀義 & 本間朋晃)の前に姿を現し、新たなBCメンバーを引き連れての挑戦を表明した。3月3日、NEW JAPAN CUPに出場。一回戦で真壁と対戦し、ガン・スタンからヴェレノを決めて勝利を収め、番狂わせを起こした。翌4日、二回戦で後藤洋央紀と対戦したが敗戦した。12日のNJC最終戦にて、ファレ、高橋とのタッグで、棚橋弘至 & 真壁 & 本間と対戦。本間にヴェレノを決めて勝利を収めると、試合後に改めてIWGPタッグ王座挑戦をアピール。そして、BC新メンバーで共に挑戦するタッグパートナーの正体が自身の弟、テヴィタことタンガ・ロアであることを発表した。同月28日、NJPW vs BULLET CLUBシングル5番勝負と銘打たれた試合で真壁と対戦。終盤にはBCの盟友であったアンダーソンの得意技であるガンスタンを炸裂し、ヴェレノでとどめを刺そうとするがブレーンバスターで切り返されるとスパイダージャーマンから キングコングニードロップを放とうとコーナートップに立った真壁を突如乱入してきたロアが突き落とし反則負けとなった。4月10日、INVASION ATTACK 2016にてIWGPタッグ王座を保持するG・B・Hに挑戦。終盤にこけしを連発する本間に苦戦したもののエルボー合戦に敗れて本間のこけしロケットを喰らい、本間がこけし落としの体勢に入ったところにロアがカットに入り形勢を逆転、本間にパワーボムとリバースDDTの合体技からゲリラ・ウォーフェアを決めて勝利。初のIWGP王座を手にした。G1 CLIMAXに初出場し棚橋を破るなど健闘を見せたが、結局は4勝で終わった。ピート・フィフィタ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ジャレット

    ジェフ・ジャレットから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    。8月10日には新日本プロレスの「G1 CLIMAX 24」にGFW代表として来日、新日本プロレスとの提携の挨拶を行ったが、棚橋弘至対AJスタイルズのシングルマッチにおいて、棚橋が勝利を収めた後にスコット・ダモールと乱入。棚橋にギターショットを放ち、BULLET CLUB入りを表明。なお、ギターには "BULLET CLUB" のロゴがデザインされていた。2015年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会をアメリカ向けに中継した。ジェフ・ジャレット フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のスポーツ

    1994年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:蝶野正洋(3回目)1994年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ナイドハート

    ジム・ナイドハートから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    しかし、翌1991年3月24日のレッスルマニアVIIでナスティ・ボーイズ(ジェリー・サッグス&ブライアン・ノッブス)に敗れ王座から陥落。その後チームを解散し、ブレットはシングルプレイヤーに転向。ナイドハートはブレットの実弟オーエン・ハートと新チーム "ニュー・ファウンデーション" を結成するがブレイクには至らず、1992年にWCWへ転出する。WCW在籍中の1992年8月には新日本プロレスに久々に来日し、G1クライマックスのNWA世界ヘビー級王座決定トーナメントに出場した(1回戦で佐々木健介に敗退)。同年10月のSGタッグ・リーグ戦にもトム・ジンクと組んで参加している。ジム・ナイドハート フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス S.X.W

    新日本プロレス S.X.Wから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    また、G1 CLIMAXは、これとは別に2大会生中継を実施している。新日本プロレス S.X.W フレッシュアイペディアより)

177件中 81 - 90件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード