前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た天龍源一郎

    2004年?各ブロックの3位までが決勝トーナメントに進出する方式だったが、Aブロックの最高得点者が6人いたため、6人の直接対決と進出者決定戦により、柴田勝頼が1位、天龍源一郎が2位、中邑真輔が3位で進出した。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た武藤敬司武藤 敬司

    1999年?最終日にリーグ戦が終了した時点でAブロックの武藤敬司と永田裕志が同点だったため、決勝進出決定戦で勝利した武藤が1位として優勝決定戦に進出。最終日に1日に3試合を行った。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た柴田勝頼

    2004年?各ブロックの3位までが決勝トーナメントに進出する方式だったが、Aブロックの最高得点者が6人いたため、6人の直接対決と進出者決定戦により、柴田勝頼が1位、天龍源一郎が2位、中邑真輔が3位で進出した。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た小島聡

    新日本非所属選手の優勝 - 小島聡(2010年:フリー)G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たザ・グレート・サスケザ・グレート・サスケ

    基本的にはヘビー級、ジュニアヘビー級を問わず、新日本プロレス最強の選手を決定する大会だが、外国人選手や他団体の選手が参加することもある。1996年には、J-CROWN(8冠統一決定トーナメント戦)も同時に開催されて、ザ・グレート・サスケが優勝した。また、1998年にはこのとき新設されたIWGPジュニアタッグ王座の初代王者を決めるための総当たりリーグ戦が同時に開催され、参加した4チームのうちの上位2チームが同年8月8日の大阪ドーム大会で王座決定戦を行い大谷晋二郎、高岩竜一組が初代王者となった。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た天山広吉

    最多出場 - 17回 : 天山広吉(1995年?2009年、2011年、2012年)G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た坂口征二

    発案者は当時の新日本プロレス社長坂口征二。1991年に第1回大会が開催され、以降、毎年8月上旬頃に開催されている。優勝賞金は1,000万円(開催当初は500万円だった)。試合会場は愛知県体育館、大阪府立体育会館など地方でも行われているが、優勝決定戦は必ず両国国技館で行われる。なお、1993年から1998年までは両国だけで行われた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た桜庭和志

    2012年に優勝決定戦の試合前に柴田勝頼、桜庭和志がリングに姿を現し新日本プロレスに参戦を示唆した。また、優勝決定戦を始めとする最終日の模様は当日深夜の「GET SPORTS」枠内にて放送された(90分間)。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た大谷晋二郎

    基本的にはヘビー級、ジュニアヘビー級を問わず、新日本プロレス最強の選手を決定する大会だが、外国人選手や他団体の選手が参加することもある。1996年には、J-CROWN(8冠統一決定トーナメント戦)も同時に開催されて、ザ・グレート・サスケが優勝した。また、1998年にはこのとき新設されたIWGPジュニアタッグ王座の初代王者を決めるための総当たりリーグ戦が同時に開催され、参加した4チームのうちの上位2チームが同年8月8日の大阪ドーム大会で王座決定戦を行い大谷晋二郎、高岩竜一組が初代王者となった。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2009年?Aブロックの田中将斗、真壁刀義、棚橋弘至3人が勝ち点7で並んだが、田中は両選手に負け棚橋と真壁は引き分けだったため棚橋と真壁が同率1位となり、コイントスで1位2位が決められた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード