43件中 11 - 20件表示
  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た永田裕志

    1999年?最終日にリーグ戦が終了した時点でAブロックの武藤敬司と永田裕志が同点だったため、決勝進出決定戦で勝利した武藤が1位として優勝決定戦に進出。最終日に1日に3試合を行った。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た金本浩二

    2004年に優勝した天山に副賞のGM社「キャデラック」が贈呈されて、同期の金本浩二が同乗して国技館周辺を優勝パレードした。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た佐々木健介佐々木 健介

    優勝者がIWGPヘビー級王者ではない場合、自動的に王座への挑戦権を与えられる。王者として優勝したのは、武藤敬司と佐々木健介の2人だけで、武藤はグレート・ムタ(1997年)、健介はパワー・ウォリアー(1994年)として出場経験があり、また2人は全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルにも優勝している(武藤は2002年、2004年、2007年。健介は2005年)。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た中邑真輔

    2004年?各ブロックの3位までが決勝トーナメントに進出する方式だったが、Aブロックの最高得点者が6人いたため、6人の直接対決と進出者決定戦により、柴田勝頼が1位、天龍源一郎が2位、中邑真輔が3位で進出した。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た田中将斗

    2009年?Aブロックの田中将斗、真壁刀義、棚橋弘至3人が勝ち点7で並んだが、田中は両選手に負け棚橋と真壁は引き分けだったため棚橋と真壁が同率1位となり、コイントスで1位2位が決められた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た長州力

    全勝優勝 - 長州力(1996年:リーグ戦+優勝決定戦。不戦勝含む)、天山広吉(2006年:リーグ戦+決勝トーナメント)G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たゼネラルモーターズ

    2004年に優勝した天山に副賞のGM社「キャデラック」が贈呈されて、同期の金本浩二が同乗して国技館周辺を優勝パレードした。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た真壁刀義

    2009年?Aブロックの田中将斗、真壁刀義、棚橋弘至3人が勝ち点7で並んだが、田中は両選手に負け棚橋と真壁は引き分けだったため棚橋と真壁が同率1位となり、コイントスで1位2位が決められた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た高岩竜一

    基本的にはヘビー級、ジュニアヘビー級を問わず、新日本プロレス最強の選手を決定する大会だが、外国人選手や他団体の選手が参加することもある。1996年には、J-CROWN(8冠統一決定トーナメント戦)も同時に開催されて、ザ・グレート・サスケが優勝した。また、1998年にはこのとき新設されたIWGPジュニアタッグ王座の初代王者を決めるための総当たりリーグ戦が同時に開催され、参加した4チームのうちの上位2チームが同年8月8日の大阪ドーム大会で王座決定戦を行い大谷晋二郎、高岩竜一組が初代王者となった。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た全日本プロレス

    優勝者がIWGPヘビー級王者ではない場合、自動的に王座への挑戦権を与えられる。王者として優勝したのは、武藤敬司と佐々木健介の2人だけで、武藤はグレート・ムタ(1997年)、健介はパワー・ウォリアー(1994年)として出場経験があり、また2人は全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルにも優勝している(武藤は2002年、2004年、2007年。健介は2005年)。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード