43件中 21 - 30件表示
  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た新日本プロレス

    G1 CLIMAX(ジーワン・クライマックス)は、新日本プロレスが主催するシングルマッチの総当たりリーグ戦、または勝ち抜きトーナメント戦。「真夏の祭典」として知られている。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たリーグ戦

    G1 CLIMAX(ジーワン・クライマックス)は、新日本プロレスが主催するシングルマッチの総当たりリーグ戦、または勝ち抜きトーナメント戦。「真夏の祭典」として知られている。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た両国国技館

    発案者は当時の新日本プロレス社長坂口征二。1991年に第1回大会が開催され、以降、毎年8月上旬頃に開催されている。優勝賞金は1,000万円(開催当初は500万円だった)。試合会場は愛知県体育館、大阪府立体育会館など地方でも行われているが、優勝決定戦は必ず両国国技館で行われる。なお、1993年から1998年までは両国だけで行われた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たペイ・パー・ビュー

    1999年、2001年 - 2003年は、ワールドプロレスリングのスペシャル特番として夕方から地上波で生放送していたが、2006年からは、スカイパーフェクTV!のペイ・パー・ビューで生放送されている。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た座布団の舞

    1991年に蝶野が優勝した際、リング上に大量の座布団が投げられたため、以後座布団の使用が禁止されている。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たワールドプロレスリング

    1999年、2001年 - 2003年は、ワールドプロレスリングのスペシャル特番として夕方から地上波で生放送していたが、2006年からは、スカイパーフェクTV!のペイ・パー・ビューで生放送されている。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た愛知県体育館

    発案者は当時の新日本プロレス社長坂口征二。1991年に第1回大会が開催され、以降、毎年8月上旬頃に開催されている。優勝賞金は1,000万円(開催当初は500万円だった)。試合会場は愛知県体育館、大阪府立体育会館など地方でも行われているが、優勝決定戦は必ず両国国技館で行われる。なお、1993年から1998年までは両国だけで行われた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たオカダ・カズチカ

    最年少優勝 - 24歳9ヶ月 : オカダ・カズチカ(2012年)G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たIWGPヘビー級王座

    優勝者がIWGPヘビー級王者ではない場合、自動的に王座への挑戦権を与えられる。王者として優勝したのは、武藤敬司と佐々木健介の2人だけで、武藤はグレート・ムタ(1997年)、健介はパワー・ウォリアー(1994年)として出場経験があり、また2人は全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルにも優勝している(武藤は2002年、2004年、2007年。健介は2005年)。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た大阪ドーム

    基本的にはヘビー級、ジュニアヘビー級を問わず、新日本プロレス最強の選手を決定する大会だが、外国人選手や他団体の選手が参加することもある。1996年には、J-CROWN(8冠統一決定トーナメント戦)も同時に開催されて、ザ・グレート・サスケが優勝した。また、1998年にはこのとき新設されたIWGPジュニアタッグ王座の初代王者を決めるための総当たりリーグ戦が同時に開催され、参加した4チームのうちの上位2チームが同年8月8日の大阪ドーム大会で王座決定戦を行い大谷晋二郎、高岩竜一組が初代王者となった。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード