45件中 31 - 40件表示
  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た座布団

    1991年に蝶野が優勝した際、リング上に大量の座布団が投げられたため、以後座布団の使用が禁止されている。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た大阪府立体育会館

    1991年に第1回大会が開催され、毎年8月上旬頃に開催されている(2014年以降は7月中旬から開催)。当初こそ数日間の開催であったが近年では大会期間が約4週間程と大変長くなっており、業界の現状から「プロレス界で最も長く過酷なリーグ戦」との呼び声も高い。試合会場は愛知県体育館、大阪府立体育会館や仙台サンプラザホールなど、普段ビッグマッチでも使用する大中規模会場が選ばれ、優勝決定戦には両国国技館を使用するのが恒例となっている。ただし、2014年に限り西武ドームでの優勝決定戦となった。また2018年は国技館が改修工事のため日本武道館で開催。なお、1993年から1998年までは国技館だけで行われた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たチャンピオン・カーニバル (プロレス)

    優勝者には表彰状、優勝旗、トロフィー、そして優勝賞金1,000万円(1995年まで500万円だった)が授与される。さらに副賞としてIWGPヘビー級王者ではない場合、自動的に王座への挑戦権を与えられる(2012年以降は後述する「挑戦権利書」という形で渡される)。王者として優勝したのは、武藤敬司と佐々木健介の2人だけで、武藤はグレート・ムタ(1997年)、健介はパワー・ウォリアー(1994年)として出場経験があり、また2人は全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルにも優勝している(武藤は2002年、2004年、2007年。健介は2005年)。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た優勝旗

    優勝者には表彰状、優勝旗、トロフィー、そして優勝賞金1,000万円(1995年まで500万円だった)が授与される。さらに副賞としてIWGPヘビー級王者ではない場合、自動的に王座への挑戦権を与えられる(2012年以降は後述する「挑戦権利書」という形で渡される)。王者として優勝したのは、武藤敬司と佐々木健介の2人だけで、武藤はグレート・ムタ(1997年)、健介はパワー・ウォリアー(1994年)として出場経験があり、また2人は全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルにも優勝している(武藤は2002年、2004年、2007年。健介は2005年)。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たリーグ戦

    リーグ戦+決勝戦方式(1991年、1994年、1996年、1999年、2008年、2010年?2014年)G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たGET SPORTS

    1999年、2001年?2003年は、ワールドプロレスリングのスペシャル特番として夕方から地上波で生放送していたが、2006年からは、スカパー!プレミアムサービス(当時スカイパーフェクTV!)のペイ・パー・ビューで生放送されており、さらに2012年から2016年までは当日深夜に地上波で放送している「GET SPORTS」枠内でも放送された。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たトロフィー

    優勝者には表彰状、優勝旗、トロフィー、そして優勝賞金1,000万円(1995年まで500万円だった)が授与される。さらに副賞としてIWGPヘビー級王者ではない場合、自動的に王座への挑戦権を与えられる(2012年以降は後述する「挑戦権利書」という形で渡される)。王者として優勝したのは、武藤敬司と佐々木健介の2人だけで、武藤はグレート・ムタ(1997年)、健介はパワー・ウォリアー(1994年)として出場経験があり、また2人は全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルにも優勝している(武藤は2002年、2004年、2007年。健介は2005年)。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たPRIDE.16

    2001年-日本人選手だけの参加となったので、9月に「G1 WORLD」と銘打って外国人選手参加で行われ、優勝者同士で真王者決定戦を行う予定だったが、フライが直後に出場したPRIDE\.16で負傷した為、延期となっていたが実現されていない。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た西武ドーム

    1991年に第1回大会が開催され、毎年8月上旬頃に開催されている(2014年以降は7月中旬から開催)。当初こそ数日間の開催であったが近年では大会期間が約4週間程と大変長くなっており、業界の現状から「プロレス界で最も長く過酷なリーグ戦」との呼び声も高い。試合会場は愛知県体育館、大阪府立体育会館や仙台サンプラザホールなど、普段ビッグマッチでも使用する大中規模会場が選ばれ、優勝決定戦には両国国技館を使用するのが恒例となっている。ただし、2014年に限り西武ドームでの優勝決定戦となった。また2018年は国技館が改修工事のため日本武道館で開催。なお、1993年から1998年までは国技館だけで行われた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たフリーランス

    新日本プロレス非所属選手の優勝 - 小島聡(2010年:当時フリーG1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード