43件中 31 - 40件表示
  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たニュージャパン・カップ

    2005年から「ニュージャパン・カップ」が開催されるようになった為、トーナメント方式の大会はNJCのほうに受け継がれる。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た座布団

    1991年に蝶野が優勝した際、リング上に大量の座布団が投げられたため、以後座布団の使用が禁止されている。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た大阪府立体育会館

    発案者は当時の新日本プロレス社長坂口征二。1991年に第1回大会が開催され、以降、毎年8月上旬頃に開催されている。優勝賞金は1,000万円(開催当初は500万円だった)。試合会場は愛知県体育館、大阪府立体育会館など地方でも行われているが、優勝決定戦は必ず両国国技館で行われる。なお、1993年から1998年までは両国だけで行われた。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たチャンピオン・カーニバル (プロレス)

    優勝者がIWGPヘビー級王者ではない場合、自動的に王座への挑戦権を与えられる。王者として優勝したのは、武藤敬司と佐々木健介の2人だけで、武藤はグレート・ムタ(1997年)、健介はパワー・ウォリアー(1994年)として出場経験があり、また2人は全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルにも優勝している(武藤は2002年、2004年、2007年。健介は2005年)。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たGET SPORTS

    2012年に優勝決定戦の試合前に柴田勝頼、桜庭和志がリングに姿を現し新日本プロレスに参戦を示唆した。また、優勝決定戦を始めとする最終日の模様は当日深夜の「GET SPORTS」枠内にて放送された(90分間)。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たPRIDE.16

    2001年-日本人選手だけの参加となったので、9月に「G1 WORLD」と銘打って外国人選手参加で行われ、優勝者同士で真王者決定戦を行う予定だったが、フライが直後に出場したPRIDE\.16で負傷した為、延期となっていたが実現されていない。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たフリーランス

    新日本非所属選手の優勝 - 小島聡(2010年:フリーG1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たトーナメント戦

    G1 CLIMAX(ジーワン・クライマックス)は、新日本プロレスが主催するシングルマッチの総当たりリーグ戦、または勝ち抜きトーナメント戦。「真夏の祭典」として知られている。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たトーナメント方式

    トーナメント方式(1992年、1993年、1997年、1998年)G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見たキャデラック

    2004年に優勝した天山に副賞のGM社「キャデラック」が贈呈されて、同期の金本浩二が同乗して国技館周辺を優勝パレードした。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード