81件中 61 - 70件表示
  • 第一勧銀グループ

    第一勧銀グループから見たHOYAHOYA

    ペンタックス(HOYAとの合併に伴い三金会を退会)第一勧銀グループ フレッシュアイペディアより)

  • 木村多江

    木村多江から見たHOYAHOYA

    HOYA「HOYALUX」(2015年12月 - )木村多江 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬 アリス

    広瀬アリスから見たHOYAHOYA

    HOYA「アイシティ」(2014年)広瀬アリス フレッシュアイペディアより)

  • FACOM 9450

    FACOM 9450から見たHOYAHOYA

    1980年3月、富士通が保谷硝子(現・HOYA)の店舗端末に用いる特注パソコンを開発したことを発表。同年9月、パナファコムがこれをベースに企業向けの16ビットパソコン「C-180」を開発・発表した。この製品は全てが富士通と松下にOEMで供給された。これには、富士通と松下はそれぞれの販売網を築いていたことと、それまでミニコン専業メーカーであったパナファコムは販売力が不足していた背景があった。1982年にはパナファコムでも自社ブランドで「C-180ファミリ」として発売された。FACOM 9450 フレッシュアイペディアより)

  • サンフレッチェ広島F.C

    サンフレッチェ広島F.Cから見たHOYAHOYA

    1994年6月11日、磐田スタジアムで行われたジュビロ磐田戦で、広島は2-1で勝利し、サントリーシリーズ優勝を決めた。選手は喜びのあまり授与された高級クリスタル製のチェアマン杯(HOYAクリスタル特製)を、頭に被ったり振り回したりしてはしゃいでいた。サンフレッチェ広島F.C フレッシュアイペディアより)

  • 大杉 漣

    大杉漣から見たHOYAHOYA

    HOYA「HOYALUX」(2007年6月 - )大杉漣 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸切子

    江戸切子から見たHOYAHOYA

    戦後、主な生産地であった江東一体の下町は灰燼に帰し戦中の制限もあって業界は壊滅的打撃を受けていた。その荒廃の中から各メーカーや問屋に加え、新たに旧軍向け光学レンズからガラス食器に参入・技術転用し後に世界的なクリスタルガラスブランドへと発展した保谷硝子(現・HOYAクリスタル)などのカットグラス生産に切子職人たちが関わり復興していく。江戸切子 フレッシュアイペディアより)

  • 大腸内視鏡

    大腸内視鏡から見たHOYAHOYA

    CCDを先端にとりつけた内視鏡。これらが日本で現在発売されているもの。日本ではオリンパス、富士フイルム、ペンタックス(現在はHOYAの一部門)の三社から販売されている。大腸内視鏡 フレッシュアイペディアより)

  • プレンティ

    プレンティから見たHOYAHOYA

    アイシティ(コンタクトレンズ)プレンティ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県

    熊本県から見たHOYAHOYA

    HOYA (菊池郡大津町)熊本県 フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示

「HOYA」のニューストピックワード