78件中 31 - 40件表示
  • HOYA

    HOYAから見た株式公開買付

    4月10日 ペンタックスに対し株式公開買付(TOB)による友好的買収・子会社化を提案したと発表。HOYA フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見たフォトマスク

    マスクブランクス・半導体製造用フォトマスクなどの半導体部門、HDDプラッタなどのディスク部門、メガネやコンタクトレンズなどのアイケア部門、眼科医療用の眼内レンズ、内視鏡などのメディカル部門、光学レンズなどの光学部門、情報システム・ASP・カスタマーソリューションなどのサービス部門、等の事業部門を持つ。眼鏡部門は国内トップクラスであるが、海外のシェアは高くはない。半導体製造用のマスクブランクス、HDD用のガラス基板事業における世界シェアはいずれも70%を超えている。HOYA フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見た西東京市

    一般にはメガネレンズメーカーとして知られており、社名は発祥の地である東京都保谷市(ほうやし、現在の西東京市)に由来する。現在はその地に社屋は無く、本社は新宿区中落合に移転している。HOYA フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見た眼鏡

    ドッジライン・オイルショック等の課題を経て、眼鏡レンズ、さらに半導体マスク、コンタクトレンズ、HDDなどの生産へと進出。HOYA フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見た保谷市

    一般にはメガネレンズメーカーとして知られており、社名は発祥の地である東京都保谷市(ほうやし、現在の西東京市)に由来する。現在はその地に社屋は無く、本社は新宿区中落合に移転している。HOYA フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見た八王子市

    1983年1月 - 八王子工場(東京都八王子市)を新設し、ICフォトマスク製造開始。HOYA フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見たクリスタルガラス

    先の大戦中に創業した軍需向けレンズ等の光学ガラス生産が終戦で行き詰まり、戦後は江戸切子職人他の人材を集め高級硝子食器の生産へ参入。GHQ向けの受注を機に、海外向けを含むクリスタルガラス食器・シャンデリア生産へ拡大。その基礎を確立する。HOYA フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見た不当景品類及び不当表示防止法

    1996年(平成8年)5月頃?2002年(平成14年)11月頃まで販売していた、眼鏡レンズの耐衝撃性強化加工「シプラスコート」(加工料、レンズ1枚につき2,000円)について、この加工を全く行わず計36,000枚(7200万円相当)を出荷していた。これが不当景品類及び不当表示防止法に違反する(優良誤認)として、公正取引委員会より排除命令を受けている。問題発覚後、マスコミの取材に対して「加工済みかどうかはレンズを割らないと判断できないため、交換・返金は極めて難しい」とコメントした。積極的な交換・返金に応じていないとの批判を受けている。2009年(平成21年)4月現在、同社のウェブサイトでシプラスコートに関する記述は、2003年4月7日付のニュースリリースと2003年6月13日付のニュースリリースを除いて見つけることができない。HOYA フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見たFNNニュースレポート23:00

    FNNニュースレポート23:00・FNNニュースレポート23:30(フジテレビ系)「HOYAメガネ」表記HOYA フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見た第一勧銀グループ

    2007年10月29日、HOYA・ペンタックス両社は当初の計画通り合併による事業の統合・効率化がベストと判断し、2008年(平成20年)3月31日を効力発生日とする合併契約を締結した。2008年(平成20年)3月31日、HOYAを存続会社とする吸収合併方式にペンタックスと合併。ペンタックスは解散した。合併後の社名は「HOYA株式会社」だが、「PENTAX」ブランドは維持される。また一部HOYAと旧ペンタックスとで重複する製造部門・部署があるが、経営統合後も事業統合は行わなかった。合併前のHOYAは三和グループに属していたが、第一勧銀グループに属していたペンタックスとの合併によりHOYAは三和色と第一勧銀色を併せ持つ企業となった。HOYA フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「HOYA」のニューストピックワード