前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • 土居美咲

    土居美咲から見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    プロ転向後最初の年となった2009年は国内サーキット大会を中心に転戦し、シングルスで2優勝2準優勝、ダブルスで1準優勝の好成績を残す。10月にはHPジャパン女子オープンテニスシングルス予選に挑戦しツアー予選初出場。ここでは予選2回戦でアビゲイル・スピアーズ(アメリカ)に敗れた。第6シードで出場した11月の全日本テニス選手権女子シングルスでは準々決勝でこの大会を引退する森上亜希子と対戦し 1-6, 2-6 のストレートで敗れた。これらの活躍により、年初に613位だったシングルスランクを年末には199位にまで急上昇させ、プロ1年目で国内トップ10選手の一人となった。2010年からは本格的に日本国外の大会に打って出るようになり全豪オープンシングルス予選に出場し、グランドスラム大会予選初挑戦。その後はサーキット大会を転戦し、シングルスでは3月のメキシコサーキットで準優勝すると、ダブルスでは4月の韓国サーキット3連戦で3週連続準優勝の好成績を収め、5月の福岡国際では優勝を果たす。この好調の中臨んだ全仏オープンシングルス予選では1回戦でマンディ・ミネラ(ルクセンブルク)を 6-2, 6-4 のストレートで、2回戦で予選第8シードのミシェル・ラルシェル・デ・ブリート(ポルトガル)を 4-6, 6-4, 6-4 の逆転で、予選決勝ではビタリア・ディアチェンコを 7-6, 6-0 のストレートでそれぞれ下し、自身初のグランドスラム本戦、並びにツアー大会本戦初出場を決めた。本戦では1回戦でポロナ・ヘルツォグに 3-6, 0-6 で完敗した。全日本テニス選手権女子シングルスでは初優勝を果たす。土居美咲 フレッシュアイペディアより)

  • クルム伊達公子

    クルム伊達公子から見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    主催者推薦で出場した9月の東レ パン・パシフィック・オープンでは、1回戦で前年優勝のマリア・シャラポワを 7-5, 3-6, 6-3 で破った。10月のHPオープンでは準々決勝でサマンサ・ストーサーを 5-7, 6-3, 7-6 で破り復帰後初のトップ10プレーヤーからの勝利を挙げた。40歳を超えたプレイヤーが、トップ10の選手を破ったのはWTA史上初の快挙であった。決勝ではタマリネ・タナスガーンに 5-7, 7-6, 1-6 で敗れ最年長ツアー優勝はならなかった。11月の広州アジア大会にも出場し、シングルス準決勝で彭帥に 6-7, 6-3, 2-6 で敗れ銅メダルを獲得している。クルム伊達公子 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパン・オープン・テニス選手権

    ジャパン・オープン・テニス選手権から見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    2008年3月、WTAが求めた2009年度以降のツアースケジュールに日本協会側が反発し、2009年度より女子部門がツアー下部のサーキット大会に格下げされた。AIGは2008年限りでスポンサーを撤退する。ジャパンオープンとして同時開催であった男子(ATP)と女子(WTA)が分割開催されることになり、大阪、靱テニスセンターにてHP JAPAN WOMEN'S OPEN TENNIS」として新しく開催されることになった。歴代優勝者といったジャパンオープン女子の部の歴史はHP JAPAN WOMEN'S OPEN TENNISに引き継がれ、日本における世界大会(東レPPO、ジャパンオープン男子、ジャパン女子オープンテニス)は再スタートする。また、2009年からジャパンオープン(男子)と同時開催される格下大会である女子のITFサーキットシリーズは、ジャパン女子オープンテニスの前哨戦として位置づけされ、優秀選手にはジャパン女子オープンテニスのワイルドカードが付与される。同年、楽天がスポンサーとなり「楽天オープン」とも呼ぶ。ジャパン・オープン・テニス選手権 フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・バルトリ

    マリオン・バルトリから見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    2011年全仏オープンでバルトリは全仏では初めてのベスト4に進出した。準決勝で前年優勝のフランチェスカ・スキアボーネに 3-6, 3-6 で敗れ決勝進出を逃した。続くイーストボーン大会では決勝でペトラ・クビトバを 6?1, 4?6, 7?5 で破りシングルス6勝目を挙げた。ウィンブルドンでは、4回戦で2連覇中のセリーナ・ウィリアムズを 6?3, 7?6 で破り準優勝した2007年以来のベスト8進出を果たした。準々決勝ではザビーネ・リシキに 4?6, 7?6(5), 1?6 で敗れた。10月のHPオープンでは決勝でサマンサ・ストーサーに 6?3, 6?1 で勝利しシングルス7勝目を挙げた。マリオン・バルトリ フレッシュアイペディアより)

  • 日本ヒューレット・パッカード

    日本ヒューレット・パッカードから見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    ジャパン女子オープンテニス(2009年新設の女子プロテニス大会。冠大会「HPオープン」として開催)日本ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • 靱テニスセンター

    靱テニスセンターから見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    現在では世界スーパージュニアテニス選手権大会など主要大会の多くも開かれており、2009年からはジャパン女子オープンテニスも開催される。靱テニスセンター フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・ロブソン

    ローラ・ロブソンから見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    10月にはジャパン女子オープンテニスシングルス予選を勝ち上がり本戦に進出し、本戦では第6シードのクルム伊達公子と対戦したが3-6,3-6のストレートで敗退。これらの活躍によりこの年のWTAシングルス年度末ランキングはイギリス人女子5番手となる206位で終了した。ローラ・ロブソン フレッシュアイペディアより)

  • ヘザー・ワトソン

    ヘザー・ワトソンから見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    10月のHPオープンでは単複で決勝に進出した。シングルスでは張凱貞に 7?5, 5?7, 7?6(4) で勝利しシングルスツアー初優勝を果たした。イギリス女子選手のシングルス優勝は1988年の以来で24年ぶりの優勝であった。クルム伊達公子と組んだダブルスではラケル・コップス=ジョーンズ&アビゲイル・スピアーズ組に 1?6, 4?6 で敗れ準優勝となった。ヘザー・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • アンゲリク・ケルバー

    アンゲリク・ケルバーから見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    2011年全米オープンではランキング92位のノーシードから、2回戦で第12シードのアグニエシュカ・ラドワンスカに 6-3, 4-6, 6-3 、準々決勝では第28シードのフラビア・ペンネッタを 6-4, 4-6, 6-3 で破るなどして勝ち上がりベスト4に進出する。全米オープンでのドイツ女子選手のベスト4進出は1996年大会で優勝したシュテフィ・グラフ以来15年ぶりの快挙であった。準決勝では優勝した第9シードのサマンサ・ストーサーに 3-6, 6-2, 2-6 で敗れ、決勝進出はならなかった。10月のHP・オープンでもベスト4に進出し、世界ランキング29位となりトップ30入りを果たした。アンゲリク・ケルバー フレッシュアイペディアより)

  • 謝淑薇

    謝淑薇から見たジャパン女子オープンテニスジャパン女子オープンテニス

    また「鬼のドロップショット」、「ゴースト・カットボール」とも評される、両手持ちの状態からラケットの面を巧みに切り替える質の高いドロップショットやスライスショットをサーフェスを問わず多用する等他に例を見ないトリッキーで戦術性の高いプレースタイルを持ち味としており、2012年ウィンブルドン選手権女子シングルス3回戦で対戦したマリア・シャラポワは「私はジュニアの頃から彼女を知っているが、(サーフェスを問わず)クレーコートの試合の如くドロップやスライスを多用する彼女のスタイルは私にとって悪夢のようなもの」、「一体彼女は何処でこのようなテニスを学んだのか」と述べた上で、「ドロップショットやスライスショットを多用する彼女のスタイルは相手を狂気に追い込む」と謝のプレースタイルの予測不可能性を賞賛し、2012年の広州国際女子オープンで対戦したローラ・ロブソンは「彼女とは去年の大阪で一度対戦して負けているが、その時も次に彼女がどんなショットを打ってくるのか、全く予想できなかった。」と述べ、「彼女は他の選手とは全く違う戦い方をしてくる選手」と評した。謝淑薇 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示

「HPジャパン女子オープンテニス」のニューストピックワード