H2Bロケット ニュース&Wiki etc.

H-IIBロケット(エイチツービーロケット 、エイチにビーロケット、H2Bロケット)は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業が共同開発し、三菱重工が製造及び打ち上げを行う、日本で最大の能力を持つ人工衛星打ち上げ用クラスターロケット。H-IIAロケットの設備と技術を使い、H-IIA以上の能力を持つロケットとし… (出典:Wikipedia)

「H2Bロケット」最新ニュース

「H2Bロケット」Q&A

  • Q&A

    ロケットが高度Hから速さV0で、水平線から上向き53°の角度で打ち上げられる。(A)…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月30日 19:13

  • Q&A

    中国が開発中の長征9型超大型ロケットは直径が 10メートル以上有る凄まじい巨大ロケッ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月3日 14:00

  • Q&A

    H-IIAロケット第1段推進剤タンクドーム(両端の半球形状の部分)を、H-IIでの溶…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月18日 14:10

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「H-IIBロケット」のつながり調べ

  • EUSO計画

    EUSO計画から見たH-IIBロケット

    当初、EUSO計画は欧州宇宙機関(ESA)を中心に推進され、日本は焦点面検出器、米国は光学系、欧州は回路や電気系統及び打ち上げの責任を分担し、ISSの欧州モジュール(コロンバス・モジュール)に取り付けられる予定だった。しかし、欧州宇宙機関の予算の都合で、2005年に日本・米国主体のJEM-EUSO計画として再出発した。2010年現在日米欧などの12か国の共同研究により推進され、2015年頃に宇宙ステーション補給機(HTV)の補給キャリア非与圧部に搭載しH-IIBロケットで打ち上げられ、日本の「きぼうモジュール(略称:JEM)」の船外実験プラットフォームに搭載される予定である。(EUSO計画 フレッシュアイペディアより)

  • ロケット・ミサイル技術の年表

    ロケット・ミサイル技術の年表から見たH-IIBロケット

    2009年9月11日 - 、H-IIBロケット試験機1号機、HTV初号機打ち上げ成功。(ロケット・ミサイル技術の年表 フレッシュアイペディアより)

「H-IIBロケット」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「H2Bロケット」のニューストピックワード