44件中 11 - 20件表示
  • H-IIAロケット

    H-IIAロケットから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    初期の構想では、さらに打ち上げ能力を増強するため、上記のSRB-Aを2基を使用した標準型に、LRBを1基、あるいは2基を装着する増強型の構想があった。この構想はH-IIBロケットの開発に置き換えられた。(詳細は下記のラインナップの変遷を参照のこと)LRBは第1段機体を基本とし、LE-7A 型ロケットエンジンを2基クラスタ化して搭載し、ブースタとして使用するもので、燃料タンクや搭載機器、エンジンなど多くを第1段と共通化する予定であった。技術試験衛星VIII型(きく8号)や宇宙ステーション補給機(HTV、こうのとり)、HOPE(ホープ)はLRBを使用して打ち上げる予定であった。H-IIAロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIB

    H-IIBから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    H-IIB フレッシュアイペディアより)

  • H2Bロケット

    H2Bロケットから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    H2Bロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-2Bロケット

    H-2Bロケットから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    H-2Bロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-2B

    H-2Bから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    H-2B フレッシュアイペディアより)

  • H2B

    H2Bから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    H2B フレッシュアイペディアより)

  • EUSO計画

    EUSO計画から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    当初、EUSO計画は欧州宇宙機関(ESA)を中心に推進され、日本は焦点面検出器、米国は光学系、欧州は回路や電気系統及び打ち上げの責任を分担し、ISSの欧州モジュール(コロンバス・モジュール)に取り付けられる予定だった。しかし、欧州宇宙機関の予算の都合で、2005年に日本・米国主体のJEM-EUSO計画として再出発した。2010年現在日米欧などの12か国の共同研究により推進され、2015年頃に宇宙ステーション補給機(HTV)の補給キャリア非与圧部に搭載しH-IIBロケットで打ち上げられ、日本の「きぼうモジュール(略称:JEM)」の船外実験プラットフォームに搭載される予定である。EUSO計画 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所

    三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    宇宙機器の製作及び航空機の部分組み立てを行う工場であり、H-IIAロケットや国際宇宙ステーションの日本実験モジュールきぼうの組み立てが行われた。また、H-IIBロケットの開発も行われている。三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱スペース・ソフトウエア

    三菱スペース・ソフトウエアから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    H-I、H-IIシリーズ、H-II A、H-II Bシリーズ三菱スペース・ソフトウエア フレッシュアイペディアより)

  • LE-X

    LE-Xから見たH-IIBH-IIBロケット

    現在の基幹ロケットH-IIA/Bの1段目ロケットエンジンLE-7Aはエンジンサイクルに二段燃焼サイクルを採用している。二段燃焼サイクルは、燃焼室で発生する燃焼圧を大きくすることが他のエンジンサイクルよりも容易であり、比推力向上の点で優れている。しかし配管・タービン各所が高温高圧に晒されるため頑丈に製作する必要があり、加えてプリバーナー室等の追加の造作が必要であり、製造コストの増加の要因となる。LE-X フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「H2Bロケット」のニューストピックワード