60件中 21 - 30件表示
  • I-Ball

    I-Ballから見たH-IIBH-IIBロケット

    i-Ballは2012年7月21日、H-IIBによって打ち上げられた宇宙ステーション補給機、こうのとり3号機(HTV-3)に搭載されて国際宇宙ステーション(ISS)に輸送された。I-Ball フレッシュアイペディアより)

  • F-1 (人工衛星)

    F-1 (人工衛星)から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    F-1は2012年7月21日、こうのとり3号機に積まれた状態で、H-IIBロケットによって打ち上げられた。こうのとり3号機にはF-1以外に、4機の小型衛星(RAIKO, WE WISH, FITSAT-1、)が搭載されていた。F-1 (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • ランデブー (宇宙開発)

    ランデブー (宇宙開発)から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    日本の宇宙ステーション補給機(HTV)も2009年9月11日、H-IIBロケットによって発射され、9月18日にISSとのドッキングを果たした。HTVは自動操縦ではなく、ISSに近寄った後、ロボット・アームに捕獲され船内からの操作によって結合される。ランデブー (宇宙開発) フレッシュアイペディアより)

  • LE-9

    LE-9から見たH-IIBH-IIBロケット

    現在の基幹ロケットH-IIA/Bの第1段用ロケットエンジンLE-7Aはエンジンサイクルに二段燃焼サイクルを採用している。二段燃焼サイクルは燃焼室で発生する燃焼圧を大きくすることが他のエンジンサイクルよりも容易であり比推力向上の点で優れているが、配管・タービン各所が高温高圧に晒されるため頑丈に製作する必要がありプリバーナー室等の追加の造作も必要であり、製造コストの増加の要因となる。LE-9 フレッシュアイペディアより)

  • 超伝導サブミリ波リム放射サウンダ

    超伝導サブミリ波リム放射サウンダから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    SMILESのサイズは、1.85m×1m×0.8m、475kgであり、日本時間2009年9月11日2時1分46秒にH-IIBロケットの一号機で打上げられた宇宙ステーション補給機(HTV1)に搭載されて打ち上げられた。きぼうの船外実験プラットフォームに設置された後、2009年11月6日に定常観測に移行し、サブミリ波局部発振器系の機能不全により、日本時間2010年4月21日18時頃待機モードに移行するまでデータが取得された。超伝導サブミリ波リム放射サウンダ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙開発事業団

    宇宙開発事業団から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    H-IIBロケット - JAXAにより運用中宇宙開発事業団 フレッシュアイペディアより)

  • 摩擦攪拌接合

    摩擦攪拌接合から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    日本における摩擦攪拌接合の実用例は、日本車輌製造や日立製作所(笠戸事業所)がアルミ製鉄道車両構体の接合に用いた例、三菱重工がアルミ製のH-IIBロケット推進剤タンク製造に用いた例、本田技研工業がフィットEVのアルミニウム製サブフレームやFCXクラリティのアルミニウム製燃料電池フレームに適用した例がある。また、国策でテクノスーパーライナー(TSL)として三井造船により建造され、小笠原航路への就航が予定されていた「スーパーライナーおがさわら」でも、上部構造体の接合に同技術が用いられていた。摩擦攪拌接合 フレッシュアイペディアより)

  • こうのとり6号機

    こうのとり6号機から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    こうのとり6号機(こうのとり6ごうき、HTV6)は、6番目の宇宙ステーション補給機。2016年12月9日にH-IIBロケット6号機で打ち上げられた。こうのとり6号機 フレッシュアイペディアより)

  • たかとりじゅん

    たかとりじゅんから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    JAXAライブ中継 - H-IIBロケット打ち上げ・宇宙ステーション補給機のISSバージングたかとりじゅん フレッシュアイペディアより)

  • FITSAT-1

    FITSAT-1から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    こうのとりに搭載され、2012年7月21日に種子島宇宙センターからH-IIBロケット3号機によって国際宇宙ステーションへと運ばれた。2012年10月5日0時44分に国際宇宙ステーションの日本実験棟きぼうから小型衛星放出技術実証ミッションの一環として、他の4個の衛星(RAIKO, WE WISH, TecEdSat, F-1)とともに宇宙空間へ放出された。にわか衛星は主ミッション(5.84GHz高速通信)と副ミッション(可視光通信)を当初予定の100日以内に成功させた。9ヶ月(270日)後の2013年7月4日、12時7分に新潟で受信されたビーコンが最後となり、同日落下したものと思われる。FITSAT-1 フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「H2Bロケット」のニューストピックワード