44件中 31 - 40件表示
  • 日本の宇宙開発

    日本の宇宙開発から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    宇宙開発事業団(NASDA)は、H-IIロケットの打ち上げ失敗を反省してロケットの再設計と簡素化を行い、2001年にH-IIAロケットの初打ち上げを成功させた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)設立直後のH-IIAロケット6号機の打ち上げは失敗したものの、2013年1月までに22機中21機の打ち上げを成功させており、2012年のH-IIA21号機によるアリラン3号の打ち上げは初の商業受注となった。さらに2009年には、より搭載能力の高いH-IIBロケットによる宇宙ステーション補給機(HTV)の打ち上げも成功させ、国際宇宙ステーション(ISS)への物資の補給を初めて成功させた。また同年にはISSで最大の実験棟となるきぼうの運用も開始された。これらにより80年代から始まったISS関連の日本の有人宇宙開発事業は大きな成果を得た。2013年夏に、M-Vロケットの後継の固体燃料ロケットのイプシロンロケットの初号機が打ち上げられる予定である。日本の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たH-IIBH-IIBロケット

    日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)では宇宙ステーション補給機(HTV)と呼ぶ補給貨物船をISSへの貨物運搬に運用している。2009年9月10日に1号機をH-IIBロケットにより打ち上げ、2012年8月現在、3号機まで打ち上げられている。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • ハーモニー (ISS)

    ハーモニー (ISS)から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    H-IIBロケットで打ち上げられカナダアーム2で把持した後、結合する。ハーモニー (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • SRB-A

    SRB-Aから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    SRB-A(エスアールビーエー)は宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)が開発し、IHIエアロスペースが製造する固体ロケットブースター (Solid Rocket Booster, SRB) である。H-IIAロケットやH-IIBロケット、及びイプシロンロケットの第1段に用いられる。SRB-A フレッシュアイペディアより)

  • きぼう

    きぼうから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    日本は1997年(平成9年)から、米国のスペースシャトルやロシアのソユーズなどに頼らず、地球からISSへ物資を輸送する独自の宇宙輸送システムを開発することを決定した。これは宇宙ステーション補給機(英:H-II Transfer Vehicle、略:HTV)と呼ばれる機体で、全長10メートル弱、直径4メートルの円筒形で、推進モジュール・電気モジュール・キャリアの三区画からなる。2009年9月11日、HTVを打ち上げる事を主たる目的として開発されたH-IIBロケットによってHTV技術実証機(HTV-1)が打ち上げられ、午前2時16分に無事に軌道に投入、9月18日午前10時49分にISSとの結合に成功した。2010年度以降は毎年1機ずつHTVを打ち上げISSへ物資を輸送する予定である。きぼう フレッシュアイペディアより)

  • 9月11日

    9月11日から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    2009年 - H-IIBロケット試験機第1号機により宇宙ステーション補給機(HTV)初号機が国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げ。9月11日 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙開発事業団

    宇宙開発事業団から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    H-IIBロケット - JAXAにより運用中宇宙開発事業団 フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    旧ソ連のR-7(現在も直系の子孫であるソユーズロケットが使われている)が代表的なもので、一段目は5基のエンジン(ノズルは20個)を持つ。他のクラスターロケットには同じく旧ソ連製のプロトン(一段目に6基)やエネルギア、アメリカのサターンIおよびIB(1段目に8基)、ファルコン9(1段目に9基)日本のH-IIBロケット(1段目に2基)などがある。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット・ミサイル技術の年表

    ロケット・ミサイル技術の年表から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    2009年9月11日 - 、H-IIBロケット試験機1号機、HTV初号機打ち上げ成功。ロケット・ミサイル技術の年表 フレッシュアイペディアより)

  • LE-7

    LE-7から見たH-IIBロケットH-IIBロケット

    現在は、LE-7の設計を元にコストダウンと信頼性向上を図ったLE-7AエンジンがH-IIAロケットおよびH-IIBロケットの一段目に使用されている。LE-7 フレッシュアイペディアより)

44件中 31 - 40件表示

「H2Bロケット」のニューストピックワード