43件中 21 - 30件表示
  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たマイクロプロセッサ

    2号機までは、H-IIAと同じく、RX616リアルタイムOSと32ビットMPUのV70を採用したNECが開発した誘導制御計算機を搭載していた。3号機からはJAXA情報・計算工学センターが開発した新型のTOPPERS/HRPリアルタイムOSと、NECが開発したV70より10倍高性能の64ビットMPUのHR5000を採用した新型誘導制御計算機と新型慣性センサユニットが搭載される。新型誘導制御計算機は高速・小型・軽量・モジュール化が図られており、新型MPUボードはイプシロンロケットも含んだ今後のJAXAロケットの共通基盤となる。この新しいアビオニクスはH-IIAの22号機以降にも適用される。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見た炭素繊維強化プラスチック

    H-IIAと同じく、材質は機体外壁と推進剤タンクとフェアリングがアルミニウム合金、SRB-AがCFRPであり、強度を確保したまま機体を軽量化するためにアルミ合金製の推進剤タンクの内面が格子状に抉られたアイソグリッド構造をしている。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たイプシロンロケット

    2号機までは、H-IIAと同じく、RX616リアルタイムOSと32ビットMPUのV70を採用したNECが開発した誘導制御計算機を搭載していた。3号機からはJAXA情報・計算工学センターが開発した新型のTOPPERS/HRPリアルタイムOSと、NECが開発したV70より10倍高性能の64ビットMPUのHR5000を採用した新型誘導制御計算機と新型慣性センサユニットが搭載される。新型誘導制御計算機は高速・小型・軽量・モジュール化が図られており、新型MPUボードはイプシロンロケットも含んだ今後のJAXAロケットの共通基盤となる。この新しいアビオニクスはH-IIAの22号機以降にも適用される。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たアイソグリッド構造

    H-IIAと同じく、材質は機体外壁と推進剤タンクとフェアリングがアルミニウム合金、SRB-AがCFRPであり、強度を確保したまま機体を軽量化するためにアルミ合金製の推進剤タンクの内面が格子状に抉られたアイソグリッド構造をしている。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見た固体ロケットブースタ

    固体ロケットブースタ(SRB-A)を4本装着する。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見た種子島宇宙センター

    全て種子島宇宙センター大崎射場吉信第2射点(LP-2)から打上げ。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たハニカム構造

    段間部はH-IIAロケットと同じ炭素繊維複合材ハニカム構造で、長さが短縮され(円錐台形状のアルミ合金製セミモノコック構造の段間部アダプタがあるため)補強も行われている。試験機では白色塗料の耐熱コーティングがされていたが、2号機以降は削除し黒色にすることで、軽量化による打ち上げ能力の向上を図っている。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見た名古屋市科学館

    H-IIBの展示モデルは、名古屋市科学館の屋外展示スペースに設置されている。この機体は、構造試験に使われた試験用の機体で、第1段エンジン部、第1段液体水素タンク、第1段中央部、段間アダプター、フェアリングが試験に使われた実機で、それ以外は展示用に製作したモデルとなっている。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たローンチ・ヴィークル

    H-IIBロケット(エイチツービーロケット 、エイチにビーロケット、H2Bロケット)は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業が共同開発し三菱重工が製造及び打ち上げを行う、日本で最大の能力を持つ宇宙ステーション補給機打ち上げ用液体燃料ロケットで使い捨て型のローンチ・ヴィークル。H-IIAロケットの設備と技術を使い、H-IIA以上の能力を持つロケットとして日本で初めて官民が対等な関係で開発したロケットで、第1段エンジンを2基束ねた日本初のクラスターロケットでもある。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たリアルタイムオペレーティングシステム

    2号機までは、H-IIAと同じく、RX616リアルタイムOSと32ビットMPUのV70を採用したNECが開発した誘導制御計算機を搭載していた。3号機からはJAXA情報・計算工学センターが開発した新型のTOPPERS/HRPリアルタイムOSと、NECが開発したV70より10倍高性能の64ビットMPUのHR5000を採用した新型誘導制御計算機と新型慣性センサユニットが搭載される。新型誘導制御計算機は高速・小型・軽量・モジュール化が図られており、新型MPUボードはイプシロンロケットも含んだ今後のJAXAロケットの共通基盤となる。この新しいアビオニクスはH-IIAの22号機以降にも適用される。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「H2Bロケット」のニューストピックワード