37件中 21 - 30件表示
  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見た三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所

    H-IIAからタンク直径を4 mから5.2 mに拡大、全長を1 m伸長することにより推進薬量を増大させている。MHI名古屋航空宇宙システム製作所によりロケットタンクの溶接では世界で初めて円周方向にもFSW(摩擦攪拌接合)が導入された。タンクドームにはMHI広島製作所にて開発された大型スピニング成型ドームが採用され国産化されている。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見た静止衛星

    H-IIBはHTVだけでなく、静止衛星の打ち上げも想定している。静止トランスファ軌道(GTO)への投入能力は8 tで、商業打ち上げで大きなシェアを持つアリアン5に近い能力である。アリアン5ECA型の静止トランスファ軌道へのペイロードは10 tで、2機の静止衛星を同時に搭載して打ち上げることが多い。H-IIBも、4/4D-LC型フェアリングを使用して、静止衛星を2機搭載することが想定されている。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見た回転対称

    諸外国でも数例しかない非対称な(回転対称にならない)ロケットとなり、その制御に若干の困難が予想される。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たイプシロンロケット

    2号機までは、H-IIAと同じく、RX616リアルタイムOSと32ビットMPUのV70を採用したNECが開発した誘導制御計算機を搭載していた。3号機からはJAXA情報・計算工学センターが開発した新型のTOPPERS/HRPリアルタイムOSと、NECが開発したV70より10倍高性能の64ビットMPUのHR5000を採用した新型誘導制御計算機と新型慣性センサユニットが搭載される。新型誘導制御計算機は高速・小型・軽量・モジュール化が図られており、新型MPUボードはイプシロンロケットも含んだ今後のJAXAロケットの共通基盤となる。この新しいアビオニクスはH-IIAの22号機以降にも適用される。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たブースタ

    IHIエアロスペースが製造する固体ロケットブースタでH-IIAロケットと共通。SRB-A3を4本装着する。H2A204と同じく長秒時型モータを使用し最大動圧を低減する推力パターンをもつ。2号機の打上げにおいて、片方のストラットが抜けにくくなり分離のタイミングに差が見られた。このためストラットのホルダ部分の設計変更を行った。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たスペースクラフト・セメタリー

    制御落下は、主ミッション終了したのちに第2段機体をより安全に処置することを目的とし、地球1周回後にLE-5Bエンジンのアイドルモード燃焼で第2回燃焼を行い、機体を南太平洋へ落下させる。2,3号機で技術開発のための落下実験が行われ、その後のHTVミッションの打上げでは、第2段制御落下を定常的に実施する計画である。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たMPU

    2号機までは、H-IIAと同じく、RX616リアルタイムOSと32ビットMPUのV70を採用したNECが開発した誘導制御計算機を搭載していた。3号機からはJAXA情報・計算工学センターが開発した新型のTOPPERS/HRPリアルタイムOSと、NECが開発したV70より10倍高性能の64ビットMPUのHR5000を採用した新型誘導制御計算機と新型慣性センサユニットが搭載される。新型誘導制御計算機は高速・小型・軽量・モジュール化が図られており、新型MPUボードはイプシロンロケットも含んだ今後のJAXAロケットの共通基盤となる。この新しいアビオニクスはH-IIAの22号機以降にも適用される。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たクラスターロケット

    H-IIBロケット(エイチツービーロケット 、エイチにビーロケット、H2Bロケット)は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業が共同開発し、三菱重工が製造及び打ち上げを行う、日本で最大の能力を持つ人工衛星打ち上げ用クラスターロケット。H-IIAロケットの設備と技術を使い、H-IIA以上の能力を持つロケットとして、日本で初めて官民が対等な関係で開発したロケットである。2009年(平成21年)9月11日に試験機1号機が打ち上げられた。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見た固体ロケットブースタ

    固体ロケットブースタ(SRB-A)を4本装着する。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

  • H-IIBロケット

    H-IIBロケットから見たアリアン5

    H-IIBはHTVだけでなく、静止衛星の打ち上げも想定している。静止トランスファ軌道(GTO)への投入能力は8 tで、商業打ち上げで大きなシェアを持つアリアン5に近い能力である。アリアン5ECA型の静止トランスファ軌道へのペイロードは10 tで、2機の静止衛星を同時に搭載して打ち上げることが多い。H-IIBも、4/4D-LC型フェアリングを使用して、静止衛星を2機搭載することが想定されている。H-IIBロケット フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「H2Bロケット」のニューストピックワード