125件中 51 - 60件表示
  • 境界駅

    境界駅から見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    目時駅(青い森鉄道とIGRいわて銀河鉄道境界駅 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県立一戸高等学校

    岩手県立一戸高等学校から見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道・いわて銀河鉄道線一戸駅より徒歩22分岩手県立一戸高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E491系電車

    JR東日本E491系電車から見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    またJR東日本の各電化路線以外に、青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・北越急行・しなの鉄道・東京臨海高速鉄道でも検測を行うことがある。JR東日本E491系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 一戸郵便局

    一戸郵便局から見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道線 一戸駅より徒歩約13分一戸郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 金田一郵便局

    金田一郵便局から見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道線 金田一温泉駅より徒歩約11分金田一郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 浄法寺郵便局

    浄法寺郵便局から見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    JRバス東北 浄法寺駅(JR東北新幹線/IGRいわて銀河鉄道線 二戸駅東口より浄法寺行きバスで約35分)下車、徒歩約3分浄法寺郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 奥中山郵便局

    奥中山郵便局から見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道線 奥中山高原駅より徒歩約9分奥中山郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 二戸郵便局

    二戸郵便局から見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    JR東北新幹線、IGRいわて銀河鉄道線 二戸駅(東口)から徒歩約23分二戸郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 青森車両センター

    青森車両センターから見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    当センター配置の485系・E751系は全般検査・要部検査を郡山総合車両センターで施行するが、入出場時には、奥羽本線 - 羽越本線 - 上越線(高崎線) - 武蔵野線 - 常磐線(田端信号場駅経由) - 東北本線と、新潟地区や首都圏を迂回する経路で回送される。これは東北新幹線の延伸で東北本線盛岡駅 - 青森駅間がIGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道(青森県)に移管されたために同区間で配給列車が運転できなくなり、この区間を回送しようとすると、甲種車両輸送(貨物列車)として、日本貨物鉄道(JR貨物)に託送する必要が生じるためである。青森車両センター フレッシュアイペディアより)

  • 線路使用料

    線路使用料から見たIGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道

    日本貨物鉄道(JR貨物)は、JR旅客鉄道各社(JR東日本・JR西日本等)、IGRいわて銀河鉄道、青森県(青い森鉄道線の保有事業者)、肥薩おれんじ鉄道等の第一種・第三種鉄道事業者の線路を使用して自社貨物列車を運行(第二種鉄道事業)しており、大半の区間において線路使用料が発生している。JR貨物が線路を借りて貨物列車を走らせる際には、アボイダブルコスト方式で線路使用料を計算している。これは、仮に貨物列車が運行しなかったとした場合に旅客会社が線路の保守作業に必要だった経費を計算し、それに比べて貨物列車が走行したことによってどれだけ保守経費が増加したかを求めて、この増加費用分だけをJR貨物が支払うという方式である。国鉄分割民営化の際に、JR貨物の経営基盤が脆弱であることが予想されたため、その経営を支援するために線路使用料が低く抑えられるように定められた方式である。線路使用料 フレッシュアイペディアより)

125件中 51 - 60件表示