92件中 11 - 20件表示
  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た銀河

    アイジーアールいわて銀河鉄道株式会社(アイジーアールいわてぎんがてつどう)は、岩手県盛岡市に本社を置く、第三セクター方式の鉄道事業者である。東日本旅客鉄道(JR東日本)から引き継いだいわて銀河鉄道線を運営するほか、旅行業や不動産事業も営んでいる。なお、IGRのGは、「銀河」の英訳であるGalaxyであって、Gingaではない。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見たQRコード

    遅れや運休が出た場合、公式サイト内のトップページで随時運行情報を速報している。2008年12月22日からは、携帯電話表示対応QRコードが掲載されている。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た夏休み

    学校の長期学休期間(夏休み・冬休み・春休み)に中学生のみ適用されるきっぷ。利用する場合は、有人駅の窓口で「生徒手帳」などの中学校に在学している証明書の提示が必要。また、花輪線・東北本線などのJR線から利用する場合は好摩駅・盛岡駅で一旦下車してIGR窓口で本きっぷを購入することになる。なお、青い森鉄道も同種のきっぷを発売しているが、いわて銀河鉄道線と青い森鉄道線に跨る乗車券の発売は行っていない。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た冬休み

    学校の長期学休期間(夏休み・冬休み・春休み)に中学生のみ適用されるきっぷ。利用する場合は、有人駅の窓口で「生徒手帳」などの中学校に在学している証明書の提示が必要。また、花輪線・東北本線などのJR線から利用する場合は好摩駅・盛岡駅で一旦下車してIGR窓口で本きっぷを購入することになる。なお、青い森鉄道も同種のきっぷを発売しているが、いわて銀河鉄道線と青い森鉄道線に跨る乗車券の発売は行っていない。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た春休み

    学校の長期学休期間(夏休み・冬休み・春休み)に中学生のみ適用されるきっぷ。利用する場合は、有人駅の窓口で「生徒手帳」などの中学校に在学している証明書の提示が必要。また、花輪線・東北本線などのJR線から利用する場合は好摩駅・盛岡駅で一旦下車してIGR窓口で本きっぷを購入することになる。なお、青い森鉄道も同種のきっぷを発売しているが、いわて銀河鉄道線と青い森鉄道線に跨る乗車券の発売は行っていない。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た東日本大震災

    2009年度決算ははいわて銀河鉄道線を経由する寝台特急列車の運賃・料金収入減少などにより、当初は再び赤字に転落するものと見込まれていたが、コスト削減策や増客策が奏功し、2005年度(2006年3月期)から5年連続で単年度黒字を計上した。2010年度決算は、東日本大震災の影響もあり赤字に転落した。しかし、2013年度より、赤字から黒字への回復が見込まれるとの発表が同社からあったため、定期券の大幅な値下げがされる。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た旅行業

    IGRいわて銀河鉄道の旅行業部門で、近畿日本ツーリスト特約店。旅行業登録番号は岩手県知事第2-186号。2006年11月25日までは滝沢駅内に店舗があったが、厨川駅に移転後、2009年3月14日まで同駅の業務も兼用した。業務終了後は旅行業務のみに戻ったが、2010年3月、IGR本社内に再移転した。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た乗車券

    乗車券は、社員配置駅と青山・巣子・一戸駅では窓口及び自動券売機で発売、それ以外の委託駅では窓口(小繋駅は駅前の里やま市場で発売)で硬券を発売している。斗米・目時以外の各駅では硬券の入場券が購入できる。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た青い森鉄道

    運転指令も受託して一体的な運用がされていたが、2010年7月3日にJR東日本盛岡指令青森分室に移管され、2010年12月4日から青い森鉄道の指令所として運用されている。運転指令の分離に伴い、2010年12月11日に新指令システムへの移行を行い、JR盛岡総合指令室内からIGR運輸管理所内に移転した。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た盛岡バスセンター

    青山 - 金田一温泉の各駅から盛岡駅まで列車を利用し、盛岡駅から開運橋 - 盛岡バスセンター間の各停留所及び、浅岸線開運橋 - みずほ銀行・青春館前間の各停留所までを岩手県交通バスが利用できる通勤定期券。両社通しで利用の定期運賃が通常利用と比べて割引になる。ただし、急行バス・特急バス(急行盛岡大船渡線、特急釜石盛岡線、特急千厩盛岡線)、盛岡都心循環バス「でんでんむし」は利用できない。2010年12月3日までは盛岡 - 青山間のみで設定されていた。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示