128件中 21 - 30件表示
  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見たQRコード

    遅れや運休が出た場合、公式サイト内のトップページで随時運行情報を速報している。2008年12月22日からは、携帯電話表示対応QRコードが掲載されている。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た冬休み

    学校の長期学休期間(夏休み・冬休み・春休み)に中学生のみ適用されるきっぷ。利用する場合は、有人駅の窓口で「生徒手帳」などの中学校に在学している証明書の提示が必要。また、花輪線・東北本線などのJR線から利用する場合は好摩駅・盛岡駅で一旦下車してIGR窓口で本きっぷを購入することになる。JR線との連絡きっぷは発売していない。なお、青い森鉄道が発売している同種のきっぷ「夏休み中学生割り」「中学生ホリデーフリーきっぷ」などと同様に、いわて銀河鉄道線と青い森鉄道線に跨るものは発売していない。ただし後述の「IGR・青い森鉄道フリーきっぷ」は、中学生でも有人駅窓口で「生徒手帳」を提示した場合のみ、小児(小学生)の発売額と同額で購入できた。また、青い森鉄道では2015年夏休み期間から高校生まで対象を拡大した「中学生・高校生専用 学トクホリデーフリーきっぷ」が発売されたが、IGRでは、現時点では高校生までを対象としたきっぷの発売予定はない。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た乗車券

    乗車券は、社員配置駅と青山・巣子・一戸駅では窓口及び自動券売機で発売、それ以外の委託駅では窓口(小繋駅は駅前の里やま市場で発売)で硬券を発売している。斗米・目時以外の各駅では硬券の入場券が購入できる。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た夏休み

    学校の長期学休期間(夏休み・冬休み・春休み)に中学生のみ適用されるきっぷ。利用する場合は、有人駅の窓口で「生徒手帳」などの中学校に在学している証明書の提示が必要。また、花輪線・東北本線などのJR線から利用する場合は好摩駅・盛岡駅で一旦下車してIGR窓口で本きっぷを購入することになる。JR線との連絡きっぷは発売していない。なお、青い森鉄道が発売している同種のきっぷ「夏休み中学生割り」「中学生ホリデーフリーきっぷ」などと同様に、いわて銀河鉄道線と青い森鉄道線に跨るものは発売していない。ただし後述の「IGR・青い森鉄道フリーきっぷ」は、中学生でも有人駅窓口で「生徒手帳」を提示した場合のみ、小児(小学生)の発売額と同額で購入できた。また、青い森鉄道では2015年夏休み期間から高校生まで対象を拡大した「中学生・高校生専用 学トクホリデーフリーきっぷ」が発売されたが、IGRでは、現時点では高校生までを対象としたきっぷの発売予定はない。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見たNanak

    IGR・バス乗継通勤定期券は盛岡 - 好摩間の各駅といわて沼宮内・一戸・二戸の各駅で、すごe-きっぷは盛岡 - 巣子間の各駅でそれぞれ発売しているが、Nanak1階にあるバス乗車券・定期券売り場では発売していない。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見たビコム

    2017年5月21日には、いわて銀河鉄道線及び青い森鉄道線 盛岡 - 八戸間の前面展望映像を収録したブルーレイとDVDがビコムより発売。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た岩手県北自動車

    青山 - 目時の各駅から盛岡駅まで列車を利用し、盛岡駅から開運橋 - 盛岡バスセンター間の各停留所および、浅岸線開運橋 - みずほ銀行・青春館前間の各停留所までを岩手県交通バスが利用できる通勤定期券。両社通しで利用の定期運賃が通常利用と比べて割引になる。ただし、急行バス・特急バス(急行盛岡大船渡線、特急千厩盛岡線)、盛岡都心循環バス「でんでんむし」は利用できない。2010年12月3日までは盛岡 - 青山間のみで設定されていた。以前は岩手県北バス利用タイプ(青山発のみ設定)も設定されていたが、現在は発売終了している。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見たJR

    このほか、全線乗り放題の一日乗車券として、コロプラが提供する携帯電話・スマホの位置情報ゲーム「コロニーな生活」と連動した自社線内用の一日乗車券「コロプラ1日フリーきっぷ」を発売している。また、JRで発売している一部の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)には、いわて銀河鉄道線内の全線または一部区間が乗り降り自由のものが発売されている。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た盛岡バスセンター

    青山 - 目時の各駅から盛岡駅まで列車を利用し、盛岡駅から開運橋 - 盛岡バスセンター間の各停留所および、浅岸線開運橋 - みずほ銀行・青春館前間の各停留所までを岩手県交通バスが利用できる通勤定期券。両社通しで利用の定期運賃が通常利用と比べて割引になる。ただし、急行バス・特急バス(急行盛岡大船渡線、特急千厩盛岡線)、盛岡都心循環バス「でんでんむし」は利用できない。2010年12月3日までは盛岡 - 青山間のみで設定されていた。以前は岩手県北バス利用タイプ(青山発のみ設定)も設定されていたが、現在は発売終了している。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た近畿日本ツーリストグループ

    IGRいわて銀河鉄道の旅行業部門で、近畿日本ツーリストグループ特約店。旅行業登録番号は岩手県知事第2-186号。開設から2006年11月25日までは滝沢駅構内に店舗が所在。その後厨川駅構内に移転し、2009年3月14日まで同駅業務の委託を受けていた。委託終了後は旅行業務のみに戻ったが、2010年3月にIGR本社内へ移転。2015年11月16日のIGR本社移転に伴い当部門も青山駅南口駅舎兼IGR本社新社屋1階へ再移転し、これに合わせて年末年始を除く土日・祝日も利用可能な常設窓口を新設。窓口営業時間も以前より拡大された。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

128件中 21 - 30件表示

「IGRいわて銀河鉄道」のニューストピックワード