92件中 21 - 30件表示
  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た目時駅

    東北新幹線盛岡 - 八戸間開業に伴い、並行在来線としてJR東日本から経営分離されることとなった東北本線盛岡 - 八戸間のうち、目時駅構内南方の県境上にある会社分界点より岩手県側を運営している。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た好摩駅

    設備管理所:〒028-4125 岩手県盛岡市玉山区好摩字上山3番地3(好摩駅北側、旧・JR東日本盛岡第一保線区好摩管理室)IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た青山駅 (岩手県)

    盛岡駅グループ(盛岡駅と青山駅 - 御堂駅の駅管理)IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た一戸町

    社名は会社設立前の発起人会が公募して決定し、2001年3月22日に盛岡グランドホテルにおいて発表した。同日、優秀作品賞の表彰式が行われ、一戸町の当時24歳の主婦が受賞した。応募作品総数は2,642点で、最も多かったのが「みちのく鉄道」の172点で、「(いわて・岩手)銀河鉄道」「南部鉄道」もあったものの、一番多かったものが社名になった訳ではない。郷土の偉人である宮沢賢治の著書「銀河鉄道の夜」が由来である。ところがいざ法人登記しようという段になって商号調査したところ、盛岡市内に「いわて銀河鉄道」という会社が既に法人登記されていることが判明したため、苦肉の策として「IGR」を頭に付けた。当時はアルファベットの商号登記ができなかったため、登記上及び鉄道事業許可上の社名は「アイジーアールいわて銀河鉄道株式会社」である。以後、特に差し支えがなければ社名の先頭の「アイジーアール」は「IGR」と略して記述する。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た仙北町駅

    青山 - 滝沢間の各駅とJR岩手飯岡・仙北町・大更の各駅間で発売する連絡回数券。ただし、大更発着の場合は滝沢 - 大更間のみの発売となる。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た奥中山高原駅

    二戸駅グループ(二戸駅と奥中山高原駅 - 金田一温泉駅の駅管理)IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た二戸駅

    二戸駅グループ(二戸駅と奥中山高原駅 - 金田一温泉駅の駅管理)IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た東北新幹線

    東北新幹線盛岡 - 八戸間開業に伴い、並行在来線としてJR東日本から経営分離されることとなった東北本線盛岡 - 八戸間のうち、目時駅構内南方の県境上にある会社分界点より岩手県側を運営している。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た滝沢駅

    IGRいわて銀河鉄道の旅行業部門で、近畿日本ツーリスト特約店。旅行業登録番号は岩手県知事第2-186号。2006年11月25日までは滝沢駅内に店舗があったが、厨川駅に移転後、2009年3月14日まで同駅の業務も兼用した。業務終了後は旅行業務のみに戻ったが、2010年3月、IGR本社内に再移転した。IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • IGRいわて銀河鉄道

    IGRいわて銀河鉄道から見た定期乗車券

    IGR・バス乗継通勤定期券IGRいわて銀河鉄道 フレッシュアイペディアより)

92件中 21 - 30件表示