IPv6 ニュース&Wiki etc.

IPv6(アイピーブイ6、アイピーバージョン6、Internet Protocol Version 6)とはインターネットプロトコルの次世代版 (Version 6) となる通信プロトコルである。 (出典:Wikipedia)

「IPv6」Q&A

  • Q&A

    現在フレッツ光ネクストファミリースーパーハイスピードタイプ隼で契約しています。 Wi…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月9日 22:19

  • Q&A

    急ぎで質問です。 昨日まで使用できていたインターネットが使えなくなりました。Wind…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月6日 10:28

  • Q&A

    IPV6通信がローカルのままなのですが、解決策はありませんか? 無線LAN側、パソコ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月3日 05:35

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「IPv6」のつながり調べ

  • 岩崎通信機

    岩崎通信機から見たIPv6

    2003年 - ビジネスホン「ActetoII」に国内初のSIP方式VoIP機能を搭載。インターネットサービスプロバイダ事業を展開する(株)アイエフネットを(株)エフティコミュニケーションズと合弁で設立。SIPテレフォニー・サーバ・システム「NetSpeak」を発売。世界初のIPv6ベースIPセントレックスサービスに関し、フリービット(株)と協業。大阪証券取引所における上場廃止の申請。(岩崎通信機 フレッシュアイペディアより)

  • Time to live

    Time to liveから見たIPv6

    IPv4では、time to live (TTL) は、インターネットプロトコル (IP) ヘッダ内の8ビットフィールドである。それは、20オクテット中の9番目のオクテットである。Time to live の値は、IPデータグラムがインターネットシステムの中に存在することができる時間の上限として考えることができる。TTLフィールドはデータグラムの送り主が設定し、目的地までのルートの全てのホストによって減らされる。データグラムがその目的地に到着する前にTTLフィールドがゼロになったならば、データグラムは破棄され、ICMPエラーデータグラム (11 - Time Exceeded) が送り主に返される。TTLフィールドの目的は、配達不能のデータグラムがインターネットシステムを循環し続ける状況と最終的にはそのような不滅のデータグラムによるシステムの輻輳を回避することである。理論的には、time to live は秒で測られるが、データグラムが通過する全てのホストは少なくとも1単位だけTTLを減らさなければならない。実際には、TTLフィールドは、全てのホップごとに1だけ減らされる。このやり方を反映するために、IPv6では、このフィールドは hop limit と呼ばれている。(Time to live フレッシュアイペディアより)

「IPv6」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

通信ネットワーク
クリップランキング

「IPv6」のニューストピックワード