前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示
  • IPマルチキャスト

    IPマルチキャストから見たIPv6IPv6

    IPマルチキャストは、Internet Protocol (IP) のデータグラムを特定の複数受信者に対して1回で送信するための方法である。IPマルチキャストはインターネットやLANにおいて、ストリーミング・アプリケーションによって利用されることがある。IPマルチキャストは、マルチキャストネットワーキングという一般的な概念の、IPに特化したバージョンと言える。マルチキャストはIPv4及びIPv6で特に予約されたマルチキャストアドレスブロックを用いる。IPv6では、IPv4で実装されていたブロードキャストアドレッシングをIPマルチキャストアドレッシングが置き換える。IPマルチキャスト フレッシュアイペディアより)

  • APIPA

    APIPAから見たIPv6IPv6

    リンクローカルアドレスは管理者が人手で割り当てるか、オペレーティングシステムの手続きによって割り当てる。ほとんどの場合、「ステートレスアドレス自動設定」を使って割り当てる。IPv4では、外部に Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) などのアドレス割り当て機構が存在しない場合や、そういった割り当て機構が失敗した場合にのみリンクローカルアドレスを割り当てる。IPv6では、リンクローカルアドレスは必須であり、各種プロトコル部品の内部の動作で必要とされる。APIPA フレッシュアイペディアより)

  • 稚内北星学園大学

    稚内北星学園大学から見たIPv6IPv6

    各教室、図書館、食堂など、構内全域に2000以上の情報コンセントが設置されている。その全ては常時開放されていて、自由に使用することができる。2005年には、全学のネットワークが IPv6 化された。稚内北星学園大学 フレッシュアイペディアより)

  • ペンタセキュリティシステムズ

    ペンタセキュリティシステムズから見たIPv6IPv6

    2010年、WAPPLESがIPv6 Readyシルバーのロゴ(IPv6)を取得。ペンタセキュリティシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • GNU Wget

    GNU Wgetから見たIPv6IPv6

    適切なインタフェースが含まれているシステムにおいてはIPv6が利用できる。GNU Wget フレッシュアイペディアより)

  • IPアドレス

    IPアドレスから見たIPv6IPv6

    IPアドレスは、IPでネットワーク上の機器を識別するために指定するネットワーク層における識別用の番号である。データリンク層のMACアドレスを物理アドレスというのに対応して、論理アドレスとも呼ばれる。IPには、IPv4とIPv6とがあり、使用するプロトコルの違いにより、IPv4のIPアドレスとIPv6のIPアドレスとがある。狭義では、当初RFC 791でIPを定義した際に、IPが現在のIPv4に当たるもののみであったことから、単にIPアドレスと呼称した場合にはIPv4のIPアドレスを意味することがある。IPアドレス フレッシュアイペディアより)

  • Internet Protocol

    Internet Protocolから見たIPv6IPv6

    最初の主要バージョンが Internet Protocol Version 4 (IPv4) で、インターネットでも支配的に使われている。後継の Internet Protocol Version 6 (IPv6) も利用が拡大しつつある。Internet Protocol フレッシュアイペディアより)

  • Mobile IP

    Mobile IPから見たIPv6IPv6

    対向機器(correspondent node) :移動ノードと通信しているノードを便宜上こう呼ぶ。特にMobile IPv6では経路最適化を行う場合には、対向ノードでも標準のIPv6には入っていないMobileIPv6用の拡張ヘッダに対応している必要がある。Mobile IP フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見たIPv6IPv6

    2月3日、IANAの管理するIPv4アドレスで新規に配布する予備が枯渇。4月15日、他の地域(RIR)に先駆けて、日本のJPNICを含むAPNICの新規に配布する在庫も事実上枯渇した。これまでのIPv4アドレスの再配置やIPv4アドレスの有効利用、IPv6の段階的な利用以外で新規グローバルIPアドレスは取得できなくなった。IPv4アドレスの有効利用については、インターネットプロバイダ経由においてはローカルアドレスを有効利用する方法も考えられる。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • IS-IS

    IS-ISから見たIPv6IPv6

    OSI は TCP/IP に取って代わることはできずに撤退したため、OSIで策定されたほとんどのプロトコルは使われなくなったにもかかわらず IS-IS はこの Integrated IS-IS として現在も一部のシステムで使用されている。IPv6に対する対応もIETFにより策定され、2008年10月に正式に公開された。IS-IS フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示

「IPv6」のニューストピックワード