152件中 91 - 100件表示
  • Universal Mobile Telecommunications System

    Universal Mobile Telecommunications Systemから見たIPv6IPv6

    IPv6、UTRANにおけるIP転送Universal Mobile Telecommunications System フレッシュアイペディアより)

  • DNS Security Extensions

    DNS Security Extensionsから見たIPv6IPv6

    DNSでは、ドメイン登録情報はリソースレコード(Resource Records; RR)の集合として構成される。リソースレコードにはいくつかの型が定義されており、ホスト名に対応するIPv4アドレスの定義にはA、IPv6アドレスにはAAAA、メールの送付先はMXというように使い分けている。DNSSECはリソースレコードの型を追加し、認証に必要な情報を追加のリソースレコードとして扱う。DNSSECに対応していないクライアントは、追加のリソースレコードを無視すれば従来どおり照会できる。DNS Security Extensions フレッシュアイペディアより)

  • 情報処理推進機構

    情報処理推進機構から見たIPv6IPv6

    IPv6に関する基本技術開発情報処理推進機構 フレッシュアイペディアより)

  • z/OS

    z/OSから見たIPv6IPv6

    2002年9月 z/OS V1R4 (トランザクショナルVSAM、IPv6、自律機能の強化)z/OS フレッシュアイペディアより)

  • IP放送

    IP放送から見たIPv6IPv6

    技術としては、IPマルチキャストやIPv6を活用しているものである。IP放送 フレッシュアイペディアより)

  • Internet Control Message Protocol for IPv6

    Internet Control Message Protocol for IPv6から見たIPv6IPv6

    Internet Control Message Protocol for IPv6(ICMPv6)はIPv6で用いられるICMPプロトコルである。Internet Control Message Protocol for IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • 最大セグメントサイズ

    最大セグメントサイズから見たIPv6IPv6

    MSSの値はMTUと関連している。MTUはIP層における、ヘッダを含めた最大長である。MSSにTCPヘッダとIPヘッダを加えた長さがMTUに収まっていれば、分断化せずに転送できる。標準的な長さは、TCPヘッダが20バイト、IPv4ヘッダが20バイトである。このためMSSはMTUから40バイトを引いた値とすることが多い。ただしIPv6ヘッダは40バイトとなるほか、TCPでもIPでもオプションがつくとヘッダ長が増加する可能性がある。最大セグメントサイズ フレッシュアイペディアより)

  • .int

    .intから見たIPv6IPv6

    そのうえ、.intは歴史的にインターネットのインフラ用データベースとしても用いられてきた。.arpaにある内容は、.intに移し変える予定であったが、2000年にIABが.arpaを引き続き使用し、.intに新しいインターネットのインフラ用データベースを入れないように提言したため実現しなかった1。このような役割を最後まで行っていたIPv6の逆引きをするためのドメイン.ip6.intは、2006年6月1日に廃止され、.ip6.arpaに移行した2。.int フレッシュアイペディアより)

  • 朝日ネット

    朝日ネットから見たIPv6IPv6

    2010年(平成22年)9月1日 - 日本ネットワークイネイブラー株式会社(6社共同でIPv6事業を推進する新会社)を設立。朝日ネット フレッシュアイペディアより)

  • cURL

    cURLから見たIPv6IPv6

    libcurlはフリーであり、スレッドセーフであり、IPv6 コンパチブルである。機能は多く動作は速い。ソフトウェアプログラマはlibcurlを彼らのプログラムに組み込むことができる。40以上のプログラミング言語でlibcurlのためのバインディングが提供されている。cURL フレッシュアイペディアより)

152件中 91 - 100件表示

「IPv6」のニューストピックワード