177件中 111 - 120件表示
  • インターネットソサエティ

    インターネットソサエティから見たIPv6IPv6

    2012年に開催された World IPv6 Launch というイベントを企画・運営した。このイベントはIPv6への移行促進が緊急課題であることを広く一般に知らせることを目的に、Facebook、Google、Yahoo!、アカマイ・テクノロジーズ、主なISPといった企業が賛同して実施したものである。インターネットソサエティ フレッシュアイペディアより)

  • RedHawk Linux

    RedHawk Linuxから見たIPv6IPv6

    RedHawk 6.0では、IPv6およびLVMをサポートし、USB起動が出来るようになった。シールド時のリアルタイム応答性は15μ秒を保証している。RedHawk Linux フレッシュアイペディアより)

  • MD5

    MD5から見たIPv6IPv6

    MD5(エムディーファイブ、Message Digest Algorithm 5)とは、与えられた入力に対して128ビットのハッシュ値を出力するハッシュ関数である。MD5のハッシュキーの長さは、2128(約 3.403×1038 = 340澗(かん) = 340京の1京倍)通りのハッシュ値をとり、IPv6のアドレス空間と同じである。MD5 フレッシュアイペディアより)

  • Dovecot

    Dovecotから見たIPv6IPv6

    POP3/IMAP4rev1に完全に対応する。また、IPv6の通信やSTARTTLSを含むSSL暗号化にも対応する。Dovecot フレッシュアイペディアより)

  • 澗

    から見たIPv6IPv6

    インターネットで用いられる次世代の規格のIPv6では、IPアドレスの数は約340澗(2128 = 約 3.403 × 1038 = 340澗 = 34000京の1京倍の1万倍)個ある。 フレッシュアイペディアより)

  • KAMEプロジェクト

    KAMEプロジェクトから見たIPv6IPv6

    KAMEプロジェクト(かめぷろじぇくと)は、IIJ、NEC、東芝、日立、富士通、横河電機(五十音順)各社による共同研究プロジェクト。BSD系OS(FreeBSD, OpenBSD, NetBSD)上にIPv6を中心としたインターネット技術の標準コードを実装することを目的として、1998年に始まった。KAMEプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • OpenBSD

    OpenBSDから見たIPv6IPv6

    その2つとは、2002年に発見された OpenSSH の桁あふれ問題 1と、2007年に発見された IPv6 スタックのバッファオーバーフロー2である。OpenBSD フレッシュアイペディアより)

  • 通信プロトコル

    通信プロトコルから見たIPv6IPv6

    IPv6 Internet Protocol version 6、現在広がりつつある通信プロトコル フレッシュアイペディアより)

  • Tera Term

    Tera Termから見たIPv6IPv6

    ソースコードが公開されているため、その後にIPv6対応版・ローカライズ版・プロキシ対応版・半透明化に対応した版などの派生版が登場した。Tera Term フレッシュアイペディアより)

  • ヴィントン・サーフ

    ヴィントン・サーフから見たIPv6IPv6

    Vinton Cerf on IPv6, video keynote for the German IPv6 summit 2008ヴィントン・サーフ フレッシュアイペディアより)

177件中 111 - 120件表示

「IPv6」のニューストピックワード