152件中 11 - 20件表示
  • オフロード (コンピュータ用語)

    オフロード (コンピュータ用語)から見たIPv6IPv6

    IPv6にはチェックサムフィールドは設けられていない(参考:IPv6)。これはエラーチェックを上位層に任せているためであり、エラー訂正機能を持つTCPでのチェックサム算出はIPv6でも必要である。すなわち、IPv6では大抵の場合、1つのパケットを送受信する際には、送信側と受信側でそれぞれ1回、チェックサムの算出が必要となる。オフロード (コンピュータ用語) フレッシュアイペディアより)

  • Classless Inter-Domain Routing

    Classless Inter-Domain Routingから見たIPv6IPv6

    IPv6では、IPv4 の CIDR 方式を踏襲しており、クラスの概念は存在しない。Classless Inter-Domain Routing フレッシュアイペディアより)

  • エニーキャスト

    エニーキャストから見たIPv6IPv6

    IPv4からIPv6への移行において、IPv6ホストにIPv4互換性を提供するためにエニーキャスト・アドレッシングを利用することがある。これは 6to4 と呼ばれる手法で、IPアドレス 192.88.99.1 のデフォルトゲートウェイを使う(RFC 3068)。これを使うと複数のプロバイダが 6to4 ゲートウェイを実装でき、個々のホストは特定のプロバイダのゲートウェイアドレスを知る必要がない。エニーキャスト フレッシュアイペディアより)

  • World IPv6 Launch

    World IPv6 Launchから見たIPv6IPv6

    World IPv6 Launch(ワールド アイピーバージョンシックス ランチ)とは2012年6月6日9:00(JST)に行われた、インターネットのIPv6移行イベントである。World IPv6 Launch フレッシュアイペディアより)

  • FFFTP

    FFFTPから見たIPv6IPv6

    開発が有志によるFFFTPプロジェクトへ移されてから短期間にUTF-8やIPv6通信、セキュアな通信としてFTPSへの対応など多くの変更が加えられた。しかし、SCPなどのSSHプロトコルを利用した高度な転送方式には対応未定となっている。FFFTP フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たIPv6IPv6

    Bフレッツと比較するとIPv6に標準で対応し、加入者網終端装置 (CTU) が回線終端装置やVDSLモデムなどとは別個に提供される。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • User Datagram Protocol

    User Datagram Protocolから見たIPv6IPv6

    IPv6のジャンボグラム機能では、65.535バイトを越えるサイズのUDPパケットを扱える。この場合、IPv6のオプションヘッダでサイズを指定し、最大4,294,967,295バイト(232 - 1)を指定できるので、ヘッダ部の8バイトを差し引くと最大4,294,967,287バイトのデータを扱える。User Datagram Protocol フレッシュアイペディアより)

  • プライベートネットワーク

    プライベートネットワークから見たIPv6IPv6

    プライベートネットワーク(英: private network)とは、インターネットとの対比において、RFC 1918 と RFC 4193 に準拠してプライベートなIPアドレス空間を使ったコンピュータネットワークを指す。家庭やオフィス内のLANによく見られ、グローバルにルーティング可能なアドレスが非現実的または不要と考えられる場所で使われている。プライベートネットワークは本来、IPv4規格によるIPアドレス枯渇問題対策として生まれたが、新世代の Internet Protocol であるIPv6でも同様の機能がある。プライベートネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • ECHONET Lite

    ECHONET Liteから見たIPv6IPv6

    ネットワーク層としてIPv4やIPv6を使ってもよいし使わなくてもよい。MAC層・物理層としてイーサネットやBluetooth、IEEE802.11b/g/n、IEEE802.15.4などを使ってもよい。ECHONET Lite フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 8

    Microsoft Windows 8から見たIPv6IPv6

    この仕様の目的は、LANでIPv6が有効であっても、IPv6によるインターネット接続ができないような環境において、IPv6-IPv4フォールバック問題によりIPv4での通信が機能低下することを改善することである。例えば、日本のNTTのフレッツ網におけるIPv6環境で、ISPとIPv6接続契約をしていない場合である。Microsoft Windows 8 フレッシュアイペディアより)

152件中 11 - 20件表示

「IPv6」のニューストピックワード