152件中 21 - 30件表示
  • Ipv6

    Ipv6から見たIPv6IPv6

    Ipv6 フレッシュアイペディアより)

  • 0:0:0:0:0:0:0:0

    0:0:0:0:0:0:0:0から見たIPv6IPv6

    0:0:0:0:0:0:0:0 フレッシュアイペディアより)

  • 0:0:0:0:0:0:0:1

    0:0:0:0:0:0:0:1から見たIPv6IPv6

    0:0:0:0:0:0:0:1 フレッシュアイペディアより)

  • JPNAP

    JPNAPから見たIPv6IPv6

    接続拠点は東京都内に4ヶ所(NTT大手町ビル・東京サンケイビル・NTT池袋ビル・信州名鉄品川ビル)、大阪に2ヶ所(NTTテレパーク堂島第1ビル、第3ビル)あり、うち東京のNTT池袋ビルの接続ポイントはJPNAP東京IIサービスとして、東京の他の3ヶ所はJPNAP東京Iサービス、大阪の2ヶ所はJPNAP大阪サービスとしてネットワーク的に独立している。IX接続インターフェースはファストイーサ、ギガビット・イーサネット、10ギガビット・イーサネットの3種類がある。また、全ての拠点にてIPv4/IPv6 デュアルスタックサービスを開始している。JPNAP フレッシュアイペディアより)

  • ラージスケールNAT

    ラージスケールNATから見たIPv6IPv6

    当初は次世代のプロトコルであるIPv6への移行を進めることでIPアドレス枯渇問題を根本的に解決するとの考えが技術者の間では有力であったが、諸般の事情でIPv4からIPv6への移行は思うように進んでいない。そこで、IPv4アドレスを節約するために、ISPなどの事業者が大規模なNATを用いる事が検討されている。ラージスケールNAT フレッシュアイペディアより)

  • SEIL

    SEILから見たIPv6IPv6

    OSにはNetBSDを採用しIPv4/IPv6デュアルスタック、IPv6-IPv4トランスレータに対応している。SEIL フレッシュアイペディアより)

  • .pr

    .prから見たIPv6IPv6

    組織のウェブサイトnic.prは、既にIPv6、エニーキャスト、DNSSECに対応している。.pr フレッシュアイペディアより)

  • ソケット (BSD)

    ソケット (BSD)から見たIPv6IPv6

    ソケットAPIのIPv6拡張は、RFC 3493 と RFC 3542 にある。ソケット (BSD) フレッシュアイペディアより)

  • Cisco IOS

    Cisco IOSから見たIPv6IPv6

    ほとんどのIOSを動作させるシスコの製品は1個以上の「機能セット」もしくは「パッケージ」を持っている。典型的にはシスコ製ルータのための8つのパッケージと、シスコ製スイッチングハブのための5つのパッケージが存在する。例えば、Catalystスイッチでの使用を意図しているCisco IOSのリリースは、「標準」バージョン(基本的なIPルーティングのみのサポート)、「強化」バージョン(完全なIPv4ルーティングのサポート)、および「高度なIPサービス」バージョン(強化された機能とIPv6のサポート)が利用可能である。Cisco IOS フレッシュアイペディアより)

  • DNSルートゾーン

    DNSルートゾーンから見たIPv6IPv6

    ルートDNSサーバは、インターネットに必須の機能であり、World Wide Webや電子メールといったインターネットサービスにドメイン名を基礎にしている。DNSサーバはインターネット全体を停止させてしまう可能性のあるものである。このため、複数のルートサーバが世界中に存在している。ルートサーバの数はDNSの応答のために13に制限されている。DNSでは512バイトのパケットに限定しているのである。プロトコル拡張(EDNS)はこの制限をなくそうと設計された。このサイズのパケットに、「ラベル圧縮」を使うことによって、より多くのエントリをおさめることができるが、13という数字は信頼できる限度として選定された。次世代のIPアドレス構造であるIPv6の導入によって、これまでの習慣は変更され、IPv6ネームサーバによって新しく生じた空間は埋められることとなる。DNSルートゾーン フレッシュアイペディアより)

152件中 21 - 30件表示

「IPv6」のニューストピックワード